214 views

「チャラーン」落語家・林家こん平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 林家こん平

林家こん平
→ 画像検索はこちら

林家こん平(はやしや こんぺい)は、落語家。

演芸番組『笑点』で放送開始当初から長らく大喜利メンバー。登場時に「チャラーン」と挨拶。
初代林家三平が亡くなった後は一門を統率。

このページでは、林家こん平(はやしや こんぺい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

林家こん平の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1943年3月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin218(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い月 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin43
絶対反対kin kin88

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin218の誕生日占いは、ライバルが多いタイプです。刺激しあい良い結果を生みます。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

林家こん平の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

新潟県長岡市出身。本名は笠井光男(かさい みつお)。

初代林家三平を師事

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.3.12~ 15 233 12 赤い空歩く人 白い風
1959.3.12~ 16 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1960.3.12~ 17 183 1 青い夜 青い夜
中学を卒業し初代林家三平に弟子入りを懇願。
当時初代三平は二ツ目で弟子はとれなかったが米を一俵担いできた熱意に負けたとされます。
1958年に弟子入り。痩せていて狐ににていることから「こん平」と名付けられます。
1962年に二ツ目昇進。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に初代林家三平に弟子入り。林家こん平と名付けられます。

笑点

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.3.12~ 21 83 5 青い夜 青い嵐
1965.3.12~ 22 188 6 黄色い星 青い夜
1966.3.12~ 23 33 7 赤い空歩く人 青い手
1964年に『金曜夜席』に出演。
1965年に『笑点』の第1回放送から出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばより『笑点』に出演。

真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.3.12~ 26 88 10 黄色い星 青い嵐
1970.3.12~ 27 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1972.3.12~ 29 143 13 青い夜 青い猿
1969年に『笑点』初代司会者の7代目立川談志と対立し他のメンバーと共に『笑点』から降板。
『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』で42名の放送作家の中の一人。
1972年に『笑点』に復帰。同年、真打に昇進。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に真打に昇進。

初代三平一門を統率

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.3.12~ 37 203 8 青い夜 黄色い戦士
1981.3.12~ 38 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1982.3.12~ 39 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1980年に初代三平が54歳の若さで他界。
こん平は「落語界の孤児」とでもいうべき状態だった初代三平の弟子たちを統率し一派をまとめ上げます。

ウェブスペルの色が黄色の後半に師の初代三平が他界し初代三平一派を統率。

らくご卓球クラブ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.3.12~ 43 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1987.3.12~ 44 158 2 白い鏡 赤い地球
1988.3.12~ 45 3 3 青い夜 赤い竜
1986年に「らくご卓球クラブ」を創設。『笑点』で共演する三遊亭小遊三がコーチになります。
徐々にメンバーを増やしていき部員数は総勢100人を突破。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に「らくご卓球クラブ」を創設。

闘病生活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.3.12~ 61 123 6 青い夜 白い鏡
2005.3.12~ 62 228 7 黄色い星 白い風
2006.3.12~ 63 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
実際の性格は繊細で、ストレスから酒の量が増えていきます。
2004年に声帯を患い入院。『笑点』は弟子のたい平が代役で出演。
2005年に難病の多発性硬化症を患っているのを公表。
2006年に『笑点』40周年を機に降板。大喜利メンバーは林家たい平が引き継いだ。

ウェブスペルの色が白色の後半に笑点から降板。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.3.12~ 67 233 12 赤い空歩く人 白い風
2013.3.12~ 70 28 2 黄色い星 青い手
2020.3.12~ 77 243 9 青い夜 青い鷲
2010年に6年近い闘病・リハビリの日々を中心に半生をつづった著書「チャランポラン闘病記」を発刊。
2013年に患っていた糖尿病が悪化し呼吸困難に陥り心肺停止。一命は取り止めたものの半年間入院。
2020年12月17日に誤嚥性肺炎で亡くなります。

ウェブスペルの色が青色の後半に亡くなりました。

林家こん平(はやしや こんぺい)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に初代林家三平に弟子入り。林家こん平と名付けられます。
青色の半ばより『笑点』に出演。
青色の最後の年に真打に昇進。
黄色の後半に師の初代三平が他界し初代三平一派を統率。
赤色の始めの年に「らくご卓球クラブ」を創設。
2度目の白色の後半に『笑点』から降板。
2度目の青色の後半に亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

村雨辰剛
村雨辰剛(むらさめ たつまさ)は日本の男性庭師、タレント。スウェーデン出身。日本に興味を持ち移住。造園業の世界に飛び込み庭師の徒弟となった。その後、日本に帰化、庭師の仕事と併行しタレントとして活動。『みんなで筋肉体操』や『カムカムエヴリバディ』に出演。

続きを読む


酒井一圭
酒井一圭(さかい かずよし)は、日本の俳優、元子役。純烈のプロデューサー、リーダー。5代目あばれはっちゃくで主演し子役デビュー。高校を卒業し芸能活動を再開。プロレスラーとしてもで活動。その後、純烈を結成しグループを牽引。2018年に紅白歌合戦初出場。

続きを読む


LiLiCo
LiLiCo(リリコ)は、日本のタレント。夫は俳優の小田井涼平。スウェーデン出身。来日してから下済み生活を続けます。『王様のブランチ』にレギュラー出演して以降マルチタレントとして幅広く活躍。DDTプロレスリングでプロレスラーとして活動したこともあります。

続きを読む


松木安太郎
松木安太郎(まつき やすたろう)は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。読売サッカークラブで活躍。主将になりチームを牽引。日本代表としても活躍。現役引退後は監督を度々つとめます。その後、サッカー解説者を務める傍らテレビのコメンテーターとしても活躍。

続きを読む


大村秀章
大村秀章(おおむら ひであき)は、日本の政治家。東京大学卒業後に農林水産省へ入庁。公職選挙法改正で愛知14区が設置され出馬。衆議院議員を5期務めたあと、愛知県知事に転身。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin218)

杉良太郎
杉良太郎(すぎ りょうたろう)は、日本の俳優、歌手。テレビドラマ「遠山の金さん」などに主演した時代劇のスター。舞台での活動を続け中年女性を魅了。100万枚を超えるヒット曲「すきま風」の歌手でもあります。

続きを読む


中井貴一
中井貴一(なかい きいち)は、俳優、歌手。大学時代に映画・テレビでデビュー。『ふぞろいの林檎たち』で知名度が急上昇します。大河ドラマ『武田信玄』が大ヒット。その後さまざまな役に挑戦します。

続きを読む


高島礼子
高島礼子(たかしま れいこ)は、日本の女優。恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチ。幅広い役をこなし、女優として順調に成長。『極道の妻たち』シリーズの4代目「極妻」を務めます。

続きを読む


関連記事 (落語家)

初代林家三平
初代 林家三平(はやしや さんぺい)は、落語家。テレビが生んだ最初のお笑いブーム「(第一次)演芸ブーム」の火付け役かつ中心的存在。

続きを読む


六代桂文枝
六代 桂文枝(ろくだい かつら ぶんし)は日本の落語家、タレント、司会者です。2012年に桂文枝を襲名するまで「桂三枝」(かつら さんし)で活動。「新婚さんいらっしゃい!」でギネス記録。

続きを読む


立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む


桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


笑福亭仁鶴
3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)は、日本の上方落語を演じる落語家。「バラエティー生活笑百科」で相談室長をつとめ、「四角い仁鶴がまぁるく収めまっせ~」という台詞でもお馴染み。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ