202 views

『高校3年生』でデビュー・舟木一夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 舟木一夫

舟木一夫
→ 画像検索はこちら

舟木一夫(ふなき かずお)は、日本の歌手、タレント。

『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。
歌手としては、橋幸夫、西郷輝彦と共に「御三家」と呼ばれ人気を博します。
1970年代に入り人気が低迷。しかしデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。

このページでは、舟木一夫(ふなき かずお)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

舟木一夫(ふなき かずお)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1944年12月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin78です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い世界の橋渡し 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin183
絶対反対kin kin208

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin78の誕生日占いは、精神的なつながりの強いところで能力を発揮できるタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

舟木一夫(ふなき かずお)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛知県一宮市出身。本名は上田成幸。
中学時代に歌手になるのを志し、父に頼み名古屋で歌のレッスンを受けます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.12.12~ 17 43 4 青い夜 黄色い太陽
1962.12.12~ 18 148 5 黄色い星 黄色の種
1963.12.12~ 19 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1962年に地元のテレビ局の歌番組でチャンピオンとなった。
同年、名古屋のジャズ喫茶で「松島アキラショー」で一緒に歌い、そこに取材に来ていた「週刊明星」の記者が上田少年に目につけます。
東京に帰りホリプロの会長に話すと興味を持ち、とんとん拍子に話が進みます。1963年に上京。作曲家遠藤実のレッスンを受けます。
同年、『高校3年生』でデビュー。発売1年で100万枚を売る大ヒット。同名の映画もヒット。学園三部作と言われた「修学旅行」「学園広場」もヒット。瞬く間にスターとなった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。

スター歌手

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.12~ 21 203 8 青い夜 黄色い戦士
1966.12.12~ 22 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1967.12.12~ 23 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1970年代前後は青春ソング以外にも時代モノ、民謡調などの歌にも独特の持ち味で数々のヒット。
1966年のテレビ時代劇『銭形平次』のテーマソング「銭形平次」はロングランヒット。
同じ時期にデビューした西郷輝彦橋幸夫とともに「御三家」として人気を博します。

ウェブスペルの色が黄色の後半に「銭形平次」がロングランヒット。

低迷

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.12~ 27 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1972.12.12~ 28 158 2 白い鏡 赤い地球
1973.12.12~ 29 3 3 青い夜 赤い竜
名実ともに高い人気を保っていたが1970年に入り低迷。表立った仕事は激減し舞台と地方公演が主な活動の場となった。
1963年から連続出場していた紅白歌合戦は1971年に9回連続で途絶えます。
1971年,1972年,1973年と自殺未遂。1973年に心身不調のため10カ月療養。
このあと10数年に渡り不遇の時代が続きます。

ウェブスペルの色が赤色に入り人気が低迷。不遇の時代が続きます。

復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.12.12~ 47 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1992.12.12~ 48 178 9 白い鏡 白い犬
1993.12.12~ 49 23 10 青い夜 白い魔法使い
デビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。
1992年に紅白歌合戦に21年ぶりに出場。

ウェブスペルの色が白色の後半にデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.12.12~ 53 183 1 青い夜 青い夜
1998.12.12~ 54 28 2 黄色い星 青い手
1999.12.12~ 55 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1997年に念願の新橋演舞場での初座長公演。
1999年に中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ!’99」を歌いオリコン40位にランクイン。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に念願の新橋演舞場での初座長公演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.12~ 77 103 12 青い夜 黄色い人
2022.12.12~ 78 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2023.12.12~ 79 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
舟木一夫の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
77才の時はKin103。想像力豊かで鉄の意志、信念の強さを持っている年です

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

過度な欲望を持つな。苦労性。

舟木一夫(ふなき かずお)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。
黄色の後半に『銭形平次』がロングランヒット。
赤色に入り人気が低迷。不遇の時代が続きます。
白色の後半にデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。
青色の始めの年に念願の新橋演舞場での初座長公演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

村雨辰剛
村雨辰剛(むらさめ たつまさ)は日本の男性庭師、タレント。スウェーデン出身。日本に興味を持ち移住。造園業の世界に飛び込み庭師の徒弟となった。その後、日本に帰化、庭師の仕事と併行しタレントとして活動。『みんなで筋肉体操』や『カムカムエヴリバディ』に出演。

続きを読む


酒井一圭
酒井一圭(さかい かずよし)は、日本の俳優、元子役。純烈のプロデューサー、リーダー。5代目あばれはっちゃくで主演し子役デビュー。高校を卒業し芸能活動を再開。プロレスラーとしてもで活動。その後、純烈を結成しグループを牽引。2018年に紅白歌合戦初出場。

続きを読む


LiLiCo
LiLiCo(リリコ)は、日本のタレント。夫は俳優の小田井涼平。スウェーデン出身。来日してから下済み生活を続けます。『王様のブランチ』にレギュラー出演して以降マルチタレントとして幅広く活躍。DDTプロレスリングでプロレスラーとして活動したこともあります。

続きを読む


松木安太郎
松木安太郎(まつき やすたろう)は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。読売サッカークラブで活躍。主将になりチームを牽引。日本代表としても活躍。現役引退後は監督を度々つとめます。その後、サッカー解説者を務める傍らテレビのコメンテーターとしても活躍。

続きを読む


大村秀章
大村秀章(おおむら ひであき)は、日本の政治家。東京大学卒業後に農林水産省へ入庁。公職選挙法改正で愛知14区が設置され出馬。衆議院議員を5期務めたあと、愛知県知事に転身。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin078)

やくみつる
やくみつるは、日本の漫画家。相撲好きとしても知られる人物。プロ野球4コマ漫画家として活動し知られる存在となった。時事ネタを扱うようになってからはテレビ番組のコメンテーターなどのタレント活動を行う。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


渡部建
渡部建(わたべ けん)は、日本のお笑いタレント、司会者。妻は女優の佐々木希。お笑いコンビ・アンジャッシュのツッコミ担当。ソロでMCやグルメリポーターとしても活躍。不祥事で芸能活動を自粛していたが2022年2月に再開。

続きを読む


楠本イネ
楠本イネは、日本の医師。シーボルトの娘。日本人女性で初めて産科医として西洋医学を学んだことで知られています。司馬遼太郎「花神」の主人公大村益次郎に恋するヒロインとして描かれています。

続きを読む


関連記事 (歌手)

大貫妙子
大貫妙子(おおぬき たえこ)は、日本のミュージシャン。愛称はター坊。山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。解散後にソロで活動。「メトロポリタン美術館」「We miss you 愛のテーマ」などが有名。

続きを読む


きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅは歌手、ファッションモデル。YouTubeの公式アカウントを起点として世界的な人気を獲得。世界中から原宿文化のエバンジェリストとしての支持を集めます。

続きを読む


大杉久美子
大杉久美子(おおすぎ くみこ)は、日本の歌手。『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。1970年代後半には「アニソン四天王」と呼ばれるまで活躍。

続きを読む


中条きよし
中条きよし(なかじょう きよし)は、日本の歌手、俳優。演歌「うそ」が150万枚を超える大ヒット。『必殺仕事人』シリーズに三味線屋の勇次役でレギュラー出演。俳優としても名を上げます。

続きを読む


板野友美
板野友美(いたの ともみ)は、日本の歌手、タレント、元AKB48のメンバー。AKB48のオープニングメンバー。AKB48選抜総選挙で神セブン入り。2012年には篠田麻里子と並びタレントCM起用社数でトップとなった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ