166 views

あっぱれさんま大先生・内山信二の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 内山信二

内山信二
→ 画像検索はこちら

内山信二(うちやま しんじ)は、日本の男性お笑いタレント。

子役時代に『あっぱれさんま大先生』に出演し人気を博します。
卒業後に仕事が激減。一時は引退を考えますが現状をしった明石家さんまから声をかけられ思いとどまります。
その後、ドラマ『ごくせん』シリーズに達川ミノル役で出演。

このページでは、内山信二(うちやま しんじ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

内山信二(うちやま しんじ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1981年9月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin245です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
赤い蛇青い鷲音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin赤い蛇
互いに学びあう 反対kin青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分kin16
絶対反対kinkin115

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin245の誕生日占いは、独自の勘を生かすことのできるタイプです。神経質な面もあります。賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

広告

内山信二(うちやま しんじ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。実家は魚屋。兄がいます。

あっぱれさんま大先生

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1987.9.25~6954青い鷲黄色い人
1988.9.25~72005黄色い太陽黄色い戦士
1989.9.25~8456赤い蛇黄色い太陽
父はあべ静江の大ファン。息子を子役にすれば会えるのではと考えます。
1987年に子役として活動開始。同期に東野幸治勝俣州和などいます。
1988年より『あっぱれさんま大先生』に生徒役で出演し人気を博します。

ウェブスペルの色が黄色の前半より『あっぱれさんま大先生』に出演し人気を博します。

あっぱれさんま大先生から卒業

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1994.9.25~135011白い犬黄色い太陽
1995.9.25~1415512青い鷲黄色の種
1996.9.25~1526013黄色い太陽黄色い星
『あっぱれさんま大先生』は7年4か月間レギュラー出演。この間、さんまからお笑いの基礎を伝授してもらいます。
14才の時に『あっぱれさんま大先生』を卒業。これまでの悪行が原因で仕事が激減。
16才の時に収入は無くなります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『あっぱれさんま大先生』を卒業。その後、仕事が激減。

芸能界から引退を考える

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1997.9.25~161051赤い蛇赤い蛇
1998.9.25~172102白い犬赤い月
1999.9.25~18553青い鷲赤い空歩く人
その後、引きこもりや非行に走るなど転落人生を歩み芸能界からの引退も考えます。
その現状を知った明石家さんまから「暇だろうから舞台出てくれ」と言われ引退を思い留まります。

ウェブスペルの色が赤色になり芸能界からの引退を考えますが明石家さんまから言われ留まります。

ごくせん

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2002.9.25~211106白い犬赤い蛇
2003.9.25~222157青い鷲赤い月
2004.9.25~23608黄色い太陽赤い空歩く人
2002年よりドラマ『ごくせん』に達川ミノル役で出演。主演は仲間由紀恵
シリーズ化され映画化もされます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばよりドラマ『ごくせん』シリーズに達川ミノル役で出演。

訪問介護サービス

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2006.9.25~251010白い犬赤い竜
2007.9.25~2611511青い鷲赤い蛇
2008.9.25~2722012黄色い太陽赤い月
タレントとして活動する傍ら実兄と2006年から訪問介護サービス「まごのて株式会社内山企画」を経営し社長を務めます。
しかし2009年に廃業。実家の魚屋は父が亡くなり廃業。

ウェブスペルの色が赤色の後半に兄と訪問介護サービスの会社を経営しますが赤色の最後付近に廃業。

結婚

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2019.9.25~387510青い鷲白い世界の橋渡し
2020.9.25~3918011黄色い太陽白い犬
2021.9.25~402512赤い蛇白い魔法使い
2019年に一般女性と結婚。妻は草野仁のヘアメイクを担当。
2022年1月に第一子女児に恵まれます。

ウェブスペルの色が白色の後半に一般女性と結婚。その後、第一子女児に恵まれます。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2021.9.25~402512赤い蛇白い魔法使い
2022.9.25~4113013白い犬白い鏡
2023.9.25~422351青い鷲青い鷲
内山信二の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
40才の時はKin25。自分を必要としている人に尽くし輝ける年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

全ての準備が整い、調和のとれた形で方向が定まる。

内山信二(うちやま しんじ)のまとめ

ウェブスペルの色を見てみると

黄色の前半より『あっぱれさんま大先生』に出演し人気を博します。
黄色の最後付近に『あっぱれさんま大先生』を卒業。その後、仕事が激減。
赤色になり芸能界からの引退を考えますが明石家さんまから言われ留まります。
赤色の半ばよりドラマ『ごくせん』シリーズに達川ミノル役で出演。
赤色の後半に兄と訪問介護サービスの会社を経営しますが赤色の最後付近に廃業。
白色の後半に一般女性と結婚。その後、第一子女児に恵まれます。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin245)

安藤仁子
安藤仁子(あんどう まさこ)は、日清食品の創業者の安藤百福の妻。2018年連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・今井福子(いまい ふくこ)のモデルとなった人物です。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


三浦環
三浦環(みうら たまき)は日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の蝶々夫人役が得意で、明治後期から昭和にかけて活躍した人物です。

続きを読む


池田美優
池田美優(いけだ みゆう)は、日本のファッションモデル、タレント。愛称は「みちょぱ」。雑誌『Popteen』の読者モデルとしてデビュー。その後、専属モデルになります。近年では多数の番組に出演。バラエティでの評価も高い人物です。

続きを読む


松田重次郎
松田重次郎(まつだ じゅうじろう)は日本のエンジニア、実業家。自動車メーカーのマツダの事実上の創業者です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

松野明美
松野明美(まつの あけみ)は、元陸上競技長距離走選手、タレント、政治家。ソウルオリンピックに10000mで出場。現役引退後、タレントなどマルチに活躍。マシンガントークを連発。その後、政界に進出。

続きを読む


前田武彦
前田武彦(まえだ たけひこ)は、日本のタレント、放送作家、司会者。愛称はマエタケ。『夜のヒットスタジオ』『笑点』『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』など司会を担当。「フリートークの天才」と呼ばれた人物。

続きを読む


柴田理恵
柴田理恵(しばた りえ)は、日本の女優、お笑いタレント。WAHAHA本舗の旗揚げに参加。『今夜は最高!』にレギュラー出演をきっかけにバラエティ番組にも進出。『笑っていいとも!』では10年以上に渡りレギュラー出演。

続きを読む


太川陽介
太川陽介(たがわ ようすけ)は、日本のタレント、司会者、俳優、元アイドル歌手。妻は女優の藤吉久美子。昭和50年代を代表するアイドル。その後、タレント、司会者、俳優業に転身。

続きを読む


片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ