989 views

うたのおねえさん・はいだしょうこの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → はいだしょうこ

記事公開日:2019年11月21日
最終更新日:2020年11月04日

はいだしょうこ
→ 画像検索はこちら

はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。

宝塚歌劇団に所属。歌劇団在団時の愛称は、ショーコ。
『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさん。

このページでは、はいだしょうこの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

はいだしょうこの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1979年3月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin111(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 赤い蛇 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin150
絶対反対kin kin241

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin111の誕生日占いは、なにごとにもオールマイティーなタイプです。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

はいだしょうこの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。父は前国立音楽大学准教授、母は声楽家。
薬剤師の姉がいます。

宝塚音楽学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.3.25~ 16 231 10 青い猿 白い風
1996.3.25~ 17 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1997.3.25~ 18 181 12 赤い竜 白い犬
9歳から中田喜直に師事。童謡歌手としてコンサート活動を行います。
中2の時から宝塚歌劇団を目指します。
高校は国立音楽大学附属高等学校声楽科に進学。
高2の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格。高校を中退し宝塚音楽学校に転入。

ウェブスペルの色が白色の後半に宝塚音楽学校に合格。

宝塚歌劇団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.3.25~ 19 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1999.3.25~ 20 131 1 青い猿 青い猿
2000.3.25~ 21 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1998年に宝塚音楽学校を卒業し、『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。
宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏み、その後星組に配属。主に娘役として活躍。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。

うたのおねえさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.25~ 23 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2003.3.25~ 24 31 5 青い猿 青い手
2004.3.25~ 25 136 6 黄色い戦士 青い猿
2002年秋に宝塚歌劇団を退団。
2003年4月より『おかあさんといっしょ』 うたのおねえさん(19代目)として活躍。
宝塚歌劇団出身の「うたのおねえさん」は歴代2人目。芸名を「はいだしょうこ」へ変更。

ウェブスペルの色が青色の前半に宝塚歌劇団を退団。
青色の半ばより『おかあさんといっしょ』 で「うたのおねえさん(19代目)」として活躍。

うたのおねえさんを卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.3.25~ 29 36 10 黄色い戦士 青い手
2009.3.25~ 30 141 11 赤い竜 青い猿
2010.3.25~ 31 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2008年3月に「うたのおねえさん」を卒業。在籍5年でした。
2009年より「笑っていいとも!」で火曜レギュラーとして活躍。
2010年10月よりキッズステーションの子供向け音楽番組の『うたばこ』で初めてのMCを務めます。

ウェブスペルの色が青色の後半に「うたのおねえさん」を卒業。その後、民放でも活躍します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.3.25~ 34 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2014.3.25~ 35 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2016.3.25~ 37 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2013年に2才年上の一般男性と結婚。同年、所属事務所をホリプロへ移籍。
2016年に大河ドラマ『真田丸』で浅井三姉妹の次女・初役で出演。大河ドラマ初出演。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに一般男性と結婚。
黄色の半ばに大河ドラマ『真田丸』に出演。大河ドラマ初出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.25~ 40 151 8 青い猿 黄色の種
2020.3.25~ 41 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2021.3.25~ 42 101 10 赤い竜 黄色い人
はいだしょうこの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
41才の時はKin256。タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動する年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

はいだしょうこのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の後半に宝塚音楽学校に合格。
白色の最後の年に『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。
青色の前半に宝塚歌劇団を退団。
青色の半ばより『おかあさんといっしょ』 で「うたのおねえさん(19代目)」として活躍。
青色の後半に「うたのおねえさん」を卒業。その後、民放でも活躍します。
黄色の始めころに一般男性と結婚。
黄色の半ばに大河ドラマ『真田丸』に出演。大河ドラマ初出演。

うたのおねえさんを務めていた当時、佐藤弘道からは「子供を黙らせる絵を描かせたら日本一」と評されます。
はいだの絵に注目が集まり、イラスト関連の仕事もこなすようになります。

参考文献

はいだしょうこ(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴木梨央
鈴木梨央(すずき りお)は、日本の女優、声優。芦田愛菜に憧れ同じ事務所に入り5歳の時から芸能活動を開始。大河ドラマ『八重の桜』や朝ドラ『あさが来た』ではヒロインの幼少期を演じます。

続きを読む


石原伸晃
石原伸晃(いしはら のぶてる)は、日本の政治家。父は石原慎太郎。叔父は俳優の石原裕次郎。弟はタレントの石原良純。

続きを読む


アンリ・デュナン
アンリ・デュナンは、スイスの実業家。赤十字社を創設。第1回ノーベル平和賞の受賞者。その功績から『赤十字の父』と呼ばれる人物です。

続きを読む


オダギリジョー
オダギリジョーは、日本の俳優、映画監督。代表作に『時効警察』シリーズや『八重の桜』など。2019年には『ある船頭の話』で脚本・監督を担当し長編映画監督デビュー。

続きを読む


麻生久美子
麻生久美子(あそう くみこ)は、日本の女優。『全国女子高生制服コレクション』でグランプリを受賞し芸能界入り。映画『カンゾー先生』で数々の映画賞を受賞し女優としての地位を確立。ドラマ『時効警察』に出演し女優としての新境地を開きます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin111)

安田善次郎
安田善次郎(やすだ ぜんじろう)は、富山県富山市出身の実業家。安田財閥の祖です。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


濱田岳
濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。

続きを読む


関連記事 (女優)

岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


中森明菜
中森明菜(なかもり あきな)は、日本の歌手、俳優。1980年代を代表する女性アイドル。スター誕生で合格し歌手としてデビュー。1980年代半ばまでヒットを飛ばし続けます。

続きを読む


大島優子
大島優子(おおしま ゆうこ)は、日本の女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。AKB48時代にシングル「ヘビーローテーション」で初のセンターポジション。子役時代を含めると20年以上の芸歴。

続きを読む


関連記事 (歌手)

GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


松田聖子
松田聖子(まつだ せいこ)は、日本の歌手、女優、タレント。1980年代を代表するアイドル。ヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。

続きを読む


来生たかお
来生たかお(きすぎ たかお)、日本のシンガーソングライター、作曲家。歌手活動と同時に、姉・来生えつことのコンビを主軸に作曲家としても活動。「セーラー服と機関銃」「セカンド・ラブ」などが代表曲。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ