666 views

うたのおねえさん・はいだしょうこの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → はいだしょうこ

記事公開日:2019年11月21日
最終更新日:2020年04月26日

はいだしょうこ
→ 画像検索はこちら

はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。

宝塚歌劇団に所属。歌劇団在団時の愛称は、ショーコ。
『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさん。

このページでは、はいだしょうこの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

はいだしょうこの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1979年3月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin111(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 赤い蛇 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin150
絶対反対kin kin241

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin111の誕生日占いは、なにごとにもオールマイティーなタイプです。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

はいだしょうこの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。父は前国立音楽大学准教授、母は声楽家。
薬剤師の姉がいます。

宝塚音楽学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.3.25~ 16 231 10 青い猿 白い風
1996.3.25~ 17 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1997.3.25~ 18 181 12 赤い竜 白い犬
9歳から中田喜直に師事。童謡歌手としてコンサート活動を行います。
中2の時から宝塚歌劇団を目指します。
高校は国立音楽大学附属高等学校声楽科に進学。
高2の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格。高校を中退し宝塚音楽学校に転入。

ウェブスペルの色が白色の後半に宝塚音楽学校に合格。

宝塚歌劇団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.3.25~ 19 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1999.3.25~ 20 131 1 青い猿 青い猿
2000.3.25~ 21 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1998年に宝塚音楽学校を卒業し、『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。
宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏み、その後星組に配属。主に娘役として活躍。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。

うたのおねえさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.25~ 23 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2003.3.25~ 24 31 5 青い猿 青い手
2004.3.25~ 25 136 6 黄色い戦士 青い猿
2002年秋に宝塚歌劇団を退団。
2003年4月より『おかあさんといっしょ』 うたのおねえさん(19代目)として活躍。
宝塚歌劇団出身の「うたのおねえさん」は歴代2人目。芸名を「はいだしょうこ」へ変更。

ウェブスペルの色が青色の前半に宝塚歌劇団を退団。
青色の半ばより『おかあさんといっしょ』 で「うたのおねえさん(19代目)」として活躍。

うたのおねえさんを卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.3.25~ 29 36 10 黄色い戦士 青い手
2009.3.25~ 30 141 11 赤い竜 青い猿
2010.3.25~ 31 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2008年3月に「うたのおねえさん」を卒業。在籍5年でした。
2009年より「笑っていいとも!」で火曜レギュラーとして活躍。
2010年10月よりキッズステーションの子供向け音楽番組の『うたばこ』で初めてのMCを務めます。

ウェブスペルの色が青色の後半に「うたのおねえさん」を卒業。その後、民放でも活躍します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.3.25~ 34 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2014.3.25~ 35 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2016.3.25~ 37 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2013年に2才年上の一般男性と結婚。同年、所属事務所をホリプロへ移籍。
2016年に大河ドラマ『真田丸』で浅井三姉妹の次女・初役で出演。大河ドラマ初出演。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに一般男性と結婚。
黄色の半ばに大河ドラマ『真田丸』に出演。大河ドラマ初出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.25~ 40 151 8 青い猿 黄色の種
2020.3.25~ 41 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2021.3.25~ 42 101 10 赤い竜 黄色い人
はいだしょうこの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
41才の時はKin256。タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動する年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

はいだしょうこのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の後半に宝塚音楽学校に合格。
白色の最後の年に『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団。
青色の前半に宝塚歌劇団を退団。
青色の半ばより『おかあさんといっしょ』 で「うたのおねえさん(19代目)」として活躍。
青色の後半に「うたのおねえさん」を卒業。その後、民放でも活躍します。
黄色の始めころに一般男性と結婚。
黄色の半ばに大河ドラマ『真田丸』に出演。大河ドラマ初出演。

うたのおねえさんを務めていた当時、佐藤弘道からは「子供を黙らせる絵を描かせたら日本一」と評されます。
はいだの絵に注目が集まり、イラスト関連の仕事もこなすようになります。

参考文献

はいだしょうこ(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

中村吉右衛門
二代目 中村吉右衛門(にだいめ なかむら きちえもん)は、日本の歌舞伎役者。テレビ時代劇『鬼平犯科帳』で主役の鬼平こと長谷川平蔵役でお茶の間でもお馴染みの顔となった。

続きを読む


黒木華
黒木華(くろき はる)は、日本の女優。映画『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


麻生太郎
麻生太郎(あそう たろう)は、日本の政治家、実業家。第92代内閣総理大臣。総理大臣を経験した後に安倍内閣に入閣。首相経験者の入閣は戦後4人目。モントリオールオリンピックにクレー射撃に日本代表で参加。

続きを読む


吉田拓郎
吉田拓郎(よしだ たくろう)は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。日本のシンガーソングライターの草分け的存在。日本ポップス界のメジャーに引き上げた最重要人物。

続きを読む


森永卓郎
森永卓郎(もりなが たくろう)は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント。経済評論家やテレビ等のコメンテーターとして活動している人物。独協大学教授。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin111)

安田善次郎
安田善次郎(やすだ ぜんじろう)は、富山県富山市出身の実業家。安田財閥の祖です。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


マツコ・デラックス
マツコ・デラックスは、女装タレント、司会者。2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、ほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

続きを読む


関連記事 (女優)

のん
のんは、日本の女優、ファッションモデル。旧芸名は能年玲奈(のうねん れな)。2013年に『あまちゃん』で一躍時の人となります。しかし事務所からの独立騒ぎで事実上の休業状態、その後「のん」に芸名を変えます。

続きを読む


剛力彩芽
剛力彩芽(ごうりき あやめ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。2012年ころにCMやドラマの主演作が急増。『奇跡体験!アンビリバボー』の4代目MC。近年は実業家の前澤友作氏と交際、破局。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む


関連記事 (歌手)

ホイットニー・ヒューストン
ホイットニー・ヒューストンは、アメリカの歌手、女優。世界で最も売れている歌手の1人。累計セールスはアルバムが1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上。

続きを読む


島倉千代子
島倉千代子(しまくら ちよこ)は、日本の演歌歌手。デビュー曲が200万枚を売る大ヒット。しかし私生活でのトラブルで多額の借金を背負います。その後『人生いろいろ』が大ヒット。モノマネをきっかけに再ブレイク。

続きを読む


山下達郎
山下達郎(やました たつろう)は、シンガーソングライター、ミュージシャン。妻はシンガーソングライターの竹内まりや。1980年代末のJ-POP出現の下地を作ったミュージシャン。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事