669 views

おしん・田中裕子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 田中裕子

記事公開日:2019年05月31日
最終更新日:2019年09月01日

田中裕子
→ 画像検索はこちら

田中裕子(たなか ゆうこ)は、日本の女優。夫は歌手の沢田研二。

朝の連続テレビ小説『おしん』で主役を演じ、日本のみならずアジアやイスラム圏を中心に世界的に有名女優になります。
抑制のきいたセリフに情念を込める演技が特徴。

このページでは田中裕子(たなか ゆうこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

田中裕子の誕生日占い

生年月日:1955年4月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin226です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 白い風 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin35
絶対反対kin kin96

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin226の誕生日占いは、複雑な性格の持ち主と自身で思っているタイプです。困難を克服しなければ活力と達成感は得られない。

広告

田中裕子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府池田市で生まれます。
中学2年の時に北海道札幌市に移ります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.4.29~ 23 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1979.4.29~ 24 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1980.4.29~ 25 251 4 青い猿 黄色い星
札幌の藤女子短期大学を中退し上京。明治大学文学部に進学。
明治大学在学中の1978年に文学座に18期生として入団。女優としての活動をスタート。
1979年に朝の連続ドラマ『マー姉ちゃん』で主役の妹役でデビュー。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに文学座に入団し女優デビュー。

おしん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.4.29~ 26 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1982.4.29~ 27 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1983.4.29~ 28 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1981年の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。
1983年に朝の連続ドラマ『おしん』で主役おしんの成年期(第37回から第225回)を演じます。『おしん』の原作・脚本は橋田寿賀子
『おしん』は最高視聴率62.9%とテレビドラマの最高視聴率を記録。日本のみならず世界各国で人々の共感を呼び「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」となれます。
田中裕子は「心に残る朝ドラヒロイン」のアンケートで2位を記録。

同年、映画『天城越え』でモントリオール世界映画祭主演女優賞受賞。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『おしん』の主役を演じ誰もが知る存在になります。

文学座を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.4.29~ 30 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1986.4.29~ 31 101 10 赤い竜 黄色い人
1987.4.29~ 32 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1985年に文学座を退団。
1986年より1989年にかけて歌手としても活動。4枚のアルバムをリリースした。

ウェブスペルの色が黄色の後半に文学座を退団。翌年より歌手としても活動。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.4.29~ 34 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1990.4.29~ 35 1 1 赤い竜 赤い竜
1991.4.29~ 36 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1992.4.29~ 37 211 3 青い猿 赤い月
1989年に歌手の沢田研二と結婚。
沢田研二の前妻はザ・ピーナッツの伊藤エミ。
沢田研二と田中裕子は1982年に映画『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』で共演。その後、不倫関係になり、1987年に慰謝料18億1,800万円を支払い離婚。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に歌手の沢田研二と結婚。

もののけ姫

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.4.29~ 42 216 8 黄色い戦士 赤い月
1998.4.29~ 43 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1999.4.29~ 44 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1997年に宮崎駿監督作品『もののけ姫』でエボシ御前の声を担当。
主演のサンの声は石田ゆり子、モロの君の声は美輪明宏
映画のキャッチコピーは「生きろ。」は糸井重里が考案。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『もののけ姫』でエボシ御前の声を担当。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.4.29~ 50 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2010.4.29~ 55 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2013.4.29~ 58 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2005年に映画『いつか読書する日』『火火』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞。
2010年に紫綬褒章受章。
2013年に映画『共喰い』『はじまりのみち』でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞受賞。

ウェブスペルの色が白色の後半に紫綬褒章を受章

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.29~ 64 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2020.4.29~ 65 31 5 青い猿 青い手
2021.4.29~ 66 136 6 黄色い戦士 青い猿
田中裕子の現在は、ウェブスペルの色が青色の前半に当たります。
64才の時はKin186。他人には正確な判断ができても、自分を見つめるのは苦手な年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

田中裕子のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の始めころに文学座に入団し女優デビュー。
黄色の半ばに『おしん』の主役を演じ誰もが知る存在になります。
黄色の後半に文学座を退団。翌年より歌手としても活動。
黄色の最後の年に歌手の沢田研二と結婚。
赤色の後半に『もののけ姫』でエボシ御前の声を担当。
白色の後半に紫綬褒章を受章。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は東関脇(2020年1月場所)。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


島津亜矢
島津亜矢(しまづ あや)は、日本の演歌歌手。作詞家の星野哲郎に弟子入り。その後、デビュー。演歌歌手ながら他分野も歌える歌唱力の高さからツイッターなどで絶賛されます。

続きを読む


中野美奈子
中野美奈子(なかの みなこ)は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビのアナウンサー。『めざましテレビ』『情報プレゼンター とくダネ!』などに出演。「ナカミー」の愛称で親しまれた。

続きを読む


八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin226)

みのもんた
みのもんたは、テレビ番組の司会者や実業家など多方面で活躍している人物です。愛称は、みのさん、みのちゃんなど。本名は御法川法男(みのりかわ のりお)。

続きを読む


工藤静香
工藤静香(くどう しずか)は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。夫はSMAPの木村拓哉。1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。

続きを読む


きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅは歌手、ファッションモデル。YouTubeの公式アカウントを起点として世界的な人気を獲得。世界中から原宿文化のエバンジェリストとしての支持を集めます。

続きを読む


ジェームズ・ディーン
ジェームズ・ディーンは、アメリカの俳優。芸歴はたったの4年間、主演俳優になって半年足らずで自動車事故で若くして亡くなりました。

続きを読む


芦田愛菜
芦田愛菜(あしだ まな)は、日本の子役、タレント、歌手。3歳に芸能界入り。『Mother』『マルモのおきて』に出演し認知度を上げます。

続きを読む


関連記事 (女優)

草刈民代
草刈民代(くさかり たみよ)は、日本の女優。元バレリーナ。夫は映画監督の周防正行。映画『Shall we ダンス?』に役所広司とW主演。数々の賞を受賞。その後、バレリーナから引退し女優に転身。

続きを読む


柴咲コウ
柴咲コウ(しばさき コウ)は、日本の女優、歌手。2017年にNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公の井伊直虎を演じます。

続きを読む


オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む


永作博美
永作博美(ながさく ひろみ)は女優。父が美少女コンテストに応募したのが芸能界入りのきっかけ。オーディションに合格しアイドルグループribbonでデビュー。その後、女優として活動します。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事