738 views

お祭り男・宮川大輔の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宮川大輔

記事公開日:2019年01月07日
最終更新日:2019年09月29日

宮川大輔
→ 画像検索はこちら

宮川大輔(みやがわ だいすけ)は、日本のお笑いタレント。

NSC卒業後にチュパチャップス結成。「吉本印天然素材」に参加します。
チュパチャップスの解散を経て、宮本亜門演出の舞台のオーディションで合格し役者としてデビュー。
その後、『世界の果てまでイッテQ!』の「お祭り男」として人気を博します。

このページでは宮川大輔の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宮川大輔の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年9月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin71です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 白い世界の橋渡し 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin190
絶対反対kin kin201

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin71の誕生日占いは、誰に対しても気軽に公平に接することのできるタイプです。笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

広告

宮川大輔の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府で生まれ滋賀県大津市で育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.9.16~ 17 36 10 黄色い戦士 青い手
1990.9.16~ 18 141 11 赤い竜 青い猿
1991.9.16~ 19 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
高校3年の時にNSC大阪校(吉本興業直営のタレント養成所)に入学。役者志望だったが学校は芸人志望ばかりで結局、お笑いをやることになります。
1991年に同期の星田英利(ほっしゃん。)とチュパチャップスを結成。ナインティナインなどと共にお笑いユニット「吉本印天然素材」に参加します。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にチュパチャップスを結成。「吉本印天然素材」に参加します。

コンビ解消

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.9.16~ 25 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1998.9.16~ 26 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1999.9.16~ 27 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1997年、25才の時に結婚。
1999年に「吉本印天然素材」は解散となり、チュパチャップスの仕事が無くなり、コンビ仲も悪くなりコンビ解散。
コンビを解消してから活動の中心を役者とし舞台公演に移します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに結婚。その後、チュパチャップスを解散し活動の場を舞台公演に移します。

役者デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.9.16~ 28 151 8 青い猿 黄色の種
2001.9.16~ 29 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2000年に宮本亜門演出の舞台『BOYS TIME』のオーディションに1万人の中から合格し役者デビューを果たします。
2001年に新宿にルミネtheよしもとがオープン。吉本新喜劇に出演し芸人の仕事に復帰します。

ウェブスペルの色が黄色の後半に役者デビュー。翌年、芸人の仕事に復帰します。

人志松本のすべらない話

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.9.16~ 32 51 12 青い猿 黄色い太陽
2005.9.16~ 33 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2006.9.16~ 34 1 1 赤い竜 赤い竜
2004年より「人志松本のすべらない話」シリーズに毎回出演。チュパチャップスの相方だった星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)も多くこの番組に出演しています。
これ以降、バラエティ番組への出演が増えます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近より「人志松本のすべらない話」シリーズに毎回出演。

お祭り男

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.9.16~ 35 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2009.9.16~ 37 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2010.9.16~ 38 161 5 赤い竜 赤い地球
2007年より『世界の果てまでイッテQ!』で宮川が「お祭り男」として世界各地のお祭りに参加する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が全国的に人気を博し、老若男女問わず幅広い層の人気を獲得します。
2009年より『満天☆青空レストラン』の司会に抜擢。
2010年に長男に恵まれます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころから『世界の果てまでイッテQ!』で「お祭り男」として参加。全国的に人気を博します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.9.16~ 46 221 13 赤い竜 赤い月
2019.9.16~ 47 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2020.9.16~ 48 171 2 青い猿 白い犬
宮川大輔の現在は、ウェブスペルの色が白色の変わったタイミングに当たります。
47才の時はKin66。多くの人へチャンスを与えることでチャンスをもらえる年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

宮川大輔のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最期付近にチュパチャップスを結成。「吉本印天然素材」に参加します。
黄色の半ばに結婚。その後、チュパチャップスを解散し活動の場を舞台公演に移します。
黄色の後半に役者デビュー。翌年、芸人の仕事に復帰します。
黄色の最後付近より「人志松本のすべらない話」シリーズに毎回出演。
赤色の始めころから『世界の果てまでイッテQ!』で「お祭り男」として参加。全国的に人気を博します。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


草刈民代
草刈民代(くさかり たみよ)は、日本の女優。元バレリーナ。夫は映画監督の周防正行。映画『Shall we ダンス?』に役所広司とW主演。数々の賞を受賞。その後、バレリーナから引退し女優に転身。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


森英恵
森英恵(もり はなえ)は、日本の女性ファッションデザイナー。海外のコレクションに参加し国際的に活躍。バルセロナ五輪の日本チームのユニホームや雅子妃のローブデコルテのデザインなどを担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin071)

広末涼子
広末涼子(ひろすえ りょうこ)は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。NTTドコモポケベルのCMで一躍有名になり歌手として、女優として活躍します。

続きを読む


小澤征爾
小澤征爾(おざわ せいじ)は、日本の指揮者。ウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者です。2008年には世界の音楽界に多大な影響を与え文化勲章を受章します。

続きを読む


剛力彩芽
剛力彩芽(ごうりき あやめ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。2012年ころにCMやドラマの主演作が急増。『奇跡体験!アンビリバボー』の4代目MC。近年は実業家の前澤友作氏と交際を公表。

続きを読む


タモリ
タモリは、お笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。1982年から2014年まで31年半「森田一義アワー 笑っていいとも!」を行った国民的タレントです。

続きを読む


北条司
北条司(ほうじょう つかさ)は、日本の漫画家・実業家。代表作に『キャッツアイ』・『シティーハンター』などあります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

加藤浩次
お笑いコンビ「極楽とんぼ」のツッコミ担当です。「極楽とんぼ」で人気を得ます。その後、司会業に進出。しかし相方の不祥事でコンビとしての活動を停止。2016年よりコンビとしての活動を再開しました。

続きを読む


黒柳徹子
黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)は、日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍している人物です。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中です。

続きを読む


パパイヤ鈴木
パパイヤ鈴木(パパイヤ すずき)は、日本のダンサー、振付師、タレント。『パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ』を結成。人気を博します。その後『debuya』に出演し、デブタレントとして認知。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


長嶋一茂
長嶋一茂(ながしま かずしげ)は、日本のタレント、元プロ野球選手。父と同じ立教大学で活躍後にプロ野球選手になります。ヤクルト、巨人と入団しますが成績を残せずに現役引退し芸能人に転身。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事