4,256 views

からくり儀右衛門・田中久重の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 田中久重

記事公開日:2017年12月30日
最終更新日:2019年02月17日

田中久重
出典:wikipedia.org

田中久重(たなか ひさしげ)は、江戸時代後期の発明家。

「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれた人物で芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者です。

このページでは田中久重の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

田中久重の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1799年10月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin136です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 青い猿 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin125
絶対反対kin kin6

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin136の誕生日占いは、自分の意見をはっきり言うタイプです。何事にも疑問を持ち、問いを発する人です。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

田中久重の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

現在の福岡県久留米市に、べっこう職人の家の長男として生まれます。幼少の名は儀右衛門。

からくり儀右衛門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1820.10.16~ 21 1 1 赤い竜 赤い竜
1821.10.16~ 22 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1822.10.16~ 23 211 3 青い猿 赤い月
流行していた「からくり人形」の仕掛けを次々に考案し才能を発揮し「からくり儀右衛門」と呼ばれます。
20代になると九州各地や大阪・京都・江戸でも興行を行い、各地にその名を知られるようになります。

からくり人形の最高傑作といわれる「弓曳童子」と「文字書き人形」は田中久重の作です。

ウェブスペルの色が赤色に変わったことから大きな街で興行を行い「からくり儀右衛門」は名を知られるようになります。

無尽灯

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1833.10.16~ 34 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1834.10.16~ 35 171 2 青い猿 白い犬
1836.10.16~ 37 121 4 赤い竜 白い鏡
1837.10.16~ 38 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1834年に上方に移り住み、機械や器具の製作を行います。
1837年に圧縮空気により灯油を補給する灯明「無尽灯」を考案します。

ウェブスペルの色が白色に変わったタイミングで上方に移り住み機械や器具の製作を行います。

万年自鳴鐘

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1846.10.16~ 47 131 1 青い猿 青い猿
1847.10.16~ 48 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1850.10.16~ 51 31 5 青い猿 青い手
1851.10.16~ 52 136 6 黄色い戦士 青い猿
1847年に天文学を学ぶために土御門家(つちみかどけ)に入門。江戸時代、天文の研究は陰陽寮(おんようりょう)の管轄で土御門家が行っていました。
1850年に蘭学を学び様々な西洋技術を学びます。
1851年に様々な仕掛けを施した1000点を超える部品を使った「万年自鳴鐘」を完成させます。(重要文化財,機械遺産)

ウェブスペルの色が青色に変わったタイミングで天文、蘭学を学び、青色の半ばに「万年自鳴鐘」を完成させます。

幕末

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1852.10.16~ 53 241 7 赤い竜 青い鷲
1853.10.16~ 54 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1863.10.16~ 64 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1864.10.16~ 65 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1853年に蘭学狂いといわれた佐賀藩主・鍋島直正の治める佐賀藩に招かれます。
佐賀藩では蒸気機関や反射炉、大砲製造に大きく貢献します。

1864年に地元の久留米に戻り、軍艦購入や銃砲の鋳造に携わり、殖産興業等にも貢献します。

ウェブスペルの色が青色の半ばに佐賀藩に移り、蒸気機関や反射炉、大砲製造に大きく貢献します。
黄色の半ばに地元の久留米に戻り、軍艦購入や銃砲の鋳造に携わり、殖産興業等にも貢献します。

田中製造所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1872.10.16~ 73 1 1 赤い竜 赤い竜
1873.10.16~ 74 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1874.10.16~ 75 211 3 青い猿 赤い月
1881.10.16~ 82 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1873年に東京に移ります。
1875年に電信機関係の製作所・田中製造所を銀座に設立。
1881年11月7日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色に変わったタイミングで東京に移り、田中製造所を設立します。
赤色の後半に亡くなりました。

田中久重のまとめ

ウェブスペルの色が変わるたびに新しいことを行っていましたね。

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色に変わったことから大きな街で興行を行い「からくり儀右衛門」は名を知られるようになります。
白色に変わったタイミングで上方に移り住み機械や器具の製作を行います。
青色に変わったタイミングで天文、蘭学を学び、青色の半ばに「万年自鳴鐘」を完成させます。
青色の半ばに佐賀藩に移り、蒸気機関や反射炉、大砲製造に大きく貢献します。
黄色の半ばに地元の久留米に戻り、軍艦購入や銃砲の鋳造に携わり、殖産興業等にも貢献します。
2度目の赤色に変わったタイミングで東京に移り、田中製造所を設立します。
2度目の赤色の後半に亡くなりました。

田中製造所は養子の田中大吉が引き継ぎ、芝浦に移転し芝浦製作所に名称変更。
その後、東京電気と合併し東京芝浦電気株式会社となり、東芝の基礎となります。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

内田裕也
内田裕也(うちだ ゆうや)は、日本のミュージシャン、俳優。1991年の東京都知事選に出馬。政見放送で視聴者に強烈な印象を残します。口癖は「ロケンロール」。妻は俳優の樹木希林。本木雅弘は娘婿。

続きを読む


徳川家茂
徳川家茂(とくがわ いえもち)は、江戸幕府第14代将軍。妻は孝明天皇の妹・皇女和宮。3歳で紀州藩主、13才の時に大老・井伊直弼らの支持を受け第14代将軍となった人物です。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


辰巳琢郎
辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。

続きを読む


沢村一樹
沢村一樹(さわむら いっき)は、日本の俳優、タレント、司会者、歌手。モデルとしてデビュー。その後に俳優に転身。40才を目の前に下ネタを披露。「エロ男爵」の異名をとることとなった。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin136)

遠藤憲一
遠藤憲一(えんどう けんいち)は日本の俳優、声優、ナレーター、脚本家。眼光鋭く、強面な風貌から悪役を演じることが多い。近年は主役・準主役級からコミカルな役どころまで多く活躍しています。

続きを読む


鈴木大地
鈴木大地(すずき だいち)は元水泳選手、体育学者、スポーツ庁初代長官。1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト。バサロ泳法で有名な選手である。

続きを読む


鄭周永
鄭周永(チョン・ジュヨン)は、韓国の実業家。韓国の現代(ヒュンダイ)財閥の創業者です。裸一貫から一代にして韓国最大の財閥オーナーになった人物。また大規模な福祉事業も行ったことで知られています。

続きを読む


関連記事 (歴史の人)

徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


夏目漱石さんは日本の小説家。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学ぶ。大学卒業後に教師、留学、そのあと朝日新聞社で職業作家として新聞で連載作品を執筆しました。

続きを読む


Wrightflyer
ライト兄弟は世界で初めて有人動力飛行に成功した人物。ライト兄弟とはウィルバー・ライトとオーヴィル・ライトのことです。自転車屋をしながら2人で飛行機の研究し1903年12月に成功。

続きを読む


大村益次郎
大村益次郎(おおむら ますじろう)は長州藩の医師、西洋学者、兵学者。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮した勝利の立役者です。司馬遼太郎氏著『花神(上中下3巻)』の主人公です。

続きを読む


ガンジー
マハトマ・ガンディーは、インドの弁護士、宗教家、政治指導者。インド独立の父として知られています。日本語では「ガンジー」とも表記されます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事