2,240 views

こち亀・秋本治の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 秋本治

記事公開日:2017年07月31日
最終更新日:2020年06月16日

こち亀
出典:wikipedia.org 亀有駅前(北口)

秋本治(あきもと おさむ)は、日本の漫画家。

40年間にわたり週刊少年ジャンプで『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を連載。1度も休載することなく連載され続けた漫画家です。

このページでは秋本治の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

秋本治の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1952年12月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin137です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い猿 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin124
絶対反対kin kin7

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin137の誕生日占いは、リーダーシップを影で発揮できるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

秋本治の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都葛飾区亀有出身。
9歳の時に父親と死別して以降、母親の手だけで育てられる。
小学校3年生頃より漫画らしきものを描き始め、5年生の時に漫画家に憧れるようになり石森章太郎の『マンガ家入門』を擦り切れるまで読み、ペンの種類や描き方などを知る

タツノコプロ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.11~ 19 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1972.12.11~ 20 157 1 赤い地球 赤い地球
高校を卒業後にアニメーターを目指し虫プロに応募するが不合格。虫プロから紹介されタツノコプロに入社。
カバトット、かいけつタマゴン、科学忍者隊ガッチャマンなどで2年間動画などを務めた

ウェブスペルの色が黄色の最後付近から2年間タツノコプロに勤めます。

投稿漫画家生活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.12.11~ 21 2 2 白い風 赤い竜
1974.12.11~ 22 107 3 青い手 赤い蛇
1975.12.11~ 23 212 4 黄色い人 赤い月
母が病気で入院。仕事も多忙で週1度程度の母の介護しかできず、タツノコプロを辞め母の看病をしつつ、しばらく投稿漫画家生活を送ります。

母が死に、1976年に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を新人賞に応募、『週刊少年ジャンプ』に読切として掲載

ウェブスペルの色が赤色の始め頃から母の看護をしつつ投稿漫画家生活を送ります。
赤色の前半に母が亡くなり、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を新人賞に応募。『週刊少年ジャンプ』に読切として掲載されます。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.12.11~ 23 212 4 黄色い人 赤い月
1976.12.11~ 24 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2014.12.11~ 62 147 4 青い手 黄色の種
2015.12.11~ 63 252 5 黄色い人 黄色い星
『週刊少年ジャンプ』1976年42号(9月21日発売)より『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載を開始。

以降、1976年42号から2016年42号まで一度の休載もなく連載され、コミックスの発行巻数が多い単一マンガシリーズでギネス世界記録となった。
連載中はジャンプの打ち切り候補にあがることなく、40年の週刊連載で歴代担当は13人。単行本200巻。全1960話。
途中、映画化やテレビアニメ化もされた。

ウェブスペルの色が赤色の前半から『週刊少年ジャンプ』から連載を開始。黄色の半ばまで『週刊少年ジャンプ』の連載は続きました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.11~ 66 47 8 青い手 黄色い太陽
2019.12.11~ 67 152 9 黄色い人 黄色の種
2020.12.11~ 68 257 10 赤い地球 黄色い星
秋本治の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
67才の時はKin152。知識を増すにしたがって謙虚になれる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

秋本治のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近から2年間タツノコプロに勤めます。
赤色の始め頃から母の看護をしつつ投稿漫画家生活を送ります。
赤色の前半に母が亡くなり、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を新人賞に応募。『週刊少年ジャンプ』に読切として掲載されます。
赤色の前半から『週刊少年ジャンプ』から連載を開始。黄色の半ばまで『週刊少年ジャンプ』の連載は続きました。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載中は万が一に備えて常時原稿のストックを5本用意し旅行に出かけるなど漫画家では珍しいタイプです。

アシスタントは全員、背景や人物、仕上げまでこなせるプロ集団。
タイムカードによる勤務管理を行い、秋元自身も始業5分前に出勤し、定時に帰るなど、自己管理をしっかりとしている。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森永卓郎
森永卓郎(もりなが たくろう)は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント。経済評論家やテレビ等のコメンテーターとして活動している人物。独協大学教授。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin137)

真田広之
真田広之(さなだ ひろゆき)は、俳優・歌手。子役としてデビュー。JACに入団しアクションスターとして活躍。その後演技派俳優として『太平記』『高校教師』に出演し、幅広い世代からの認知を得た。

続きを読む


大隅良典
大隅良典(おおすみ よしのり)は、日本の生物学者(分子細胞生物学)。「オートファジーの仕組みの解明」により2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞。

続きを読む


胡錦濤
胡錦濤(こ きんとう)は、中華人民共和国の政治家。2003年より2013年まで中華人民共和国の最高指導者を努めました。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

楳図かずお
楳図かずお(うめず かずお)は、日本の漫画家・タレント・作詞家。代表作に『漂流教室』『まことちゃん』など。一般にホラー漫画の第一人者として知られています。

続きを読む


小池一夫
小池一夫(こいけ かずお)は、漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。代表作に『子連れ狼』(画: 小島剛夕)など多数。「キャラクター原論」の提唱者。劇画村塾、小池ゼミなど行った人物です。

続きを読む


大友克洋
大友克洋(おおとも かつひろ)は、日本の漫画家、映画監督。1988年に公開したアニメ映画『AKIRA』は高い評価を得て「ジャパニメーション」と呼ばれ海外における日本アニメのさきがけとなりました。

続きを読む


梶原一騎
梶原一騎(かじわら いっき)は、日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。『巨人の星』の原作者として名声を上げ、「スポ根」分野を確立した。

続きを読む


三田紀房
三田紀房(みた のりふさ)は、日本の漫画家。30才で漫画家としてスタート。代表作に『ドラゴン桜』『クロカン』などあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事