457 views

できるかな「高見のっぽ」の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高見のっぽ

高見のっぽ

高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。

1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。
24年間しゃべらないキャラクターでしたが最終回に子供たちに語りかけ大きな衝撃を呼びました。

このページでは高見のっぽの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高見のっぽの誕生日占い

生年月日:1934年5月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin112(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い蛇 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin149
絶対反対kin kin242

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin112の誕生日占いは、一隅を照らす役割のあるタイプです。センスが良いです。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

24年間しゃべらないキャラクタを演じたノッポさんにピッタリの一隅を照らす役割のあるKin番号です

広告

高見のっぽの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

5人兄弟の4番目として生まれる。
父は芸人として生計を立てていた。その影響で、芸で身を立てる事を志します。
ダンサーとして芸歴をスタートさせたが、なかなか陽の目を見ず、自殺を考えたこともあったそうです。

なにしてあそぼう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.5.10~ 32 92 1 黄色い人 黄色い人
1967.5.10~ 33 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1968.5.10~ 34 42 3 白い風 黄色い太陽
1969.5.10~ 35 147 4 青い手 黄色の種
1970.5.10~ 36 252 5 黄色い人 黄色い星

1966年 『なにしてあそぼう』のノッポさん役に抜擢

「なにしてあそぼう」は「できるかな」の前身番組。
「ノッポさん」と「ムウくん」という赤い色をした熊の子が番組の中心だった。

1970年 『なにしてあそぼう』放送終了。ノッポさんも一時降板します。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『なにしてあそぼう』のノッポさん役に抜擢されます。
5年に2度の黒Kinは多めと言えます。

番組の始まった年のKin番号は92。ひとことでいえば
どんな状況でもそのときに必要なことを的確にこなせる年です。今必要な準備をこつこつ行うこと。
まさに”こつこつ”と積み上げていきましたね。

できるかな

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.5.10~ 36 252 5 黄色い人 黄色い星
1971.5.10~ 37 97 6 赤い地球 黄色い人
1972.5.10~ 38 202 7 白い風 黄色い戦士
1973.5.10~ 39 47 8 青い手 黄色い太陽
1974.5.10~ 40 152 9 黄色い人 黄色の種
1970年 『できるかな』放送開始。

放送開始当初は5人のお兄さん・お姉さんが番組の中心だった。

1971年 視聴者からの悲願により『できるかな』にノッポさん再登場

「ウゴウゴ」しか言わない「ゴン太くん」と何もしゃべらない「ノッポさん」の名コンビが誕生。天の声は「つかせのりこ」だった。
この時の「ゴン太くん」は着ぐるみではなかった。

1973年 10年以上「ひらけ!ポンキッキ」の筆頭構成作家として台本を手掛ける。
1974年 ゴン太くんが、2代目である着ぐるみの姿に変更。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに視聴者からの悲願で『できるかな』に出演します。
黄色の後半に「ゴン太くん」が着ぐるみに変更。以降この姿が定着します。

できるかな

できるかな

できるかな放送終了

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.5.10~ 54 62 10 白い風 赤い空歩く人
1989.5.10~ 55 167 11 青い手 赤い地球
1990.5.10~ 56 12 12 黄色い人 赤い竜
1991.5.10~ 57 117 13 赤い地球 赤い蛇
1989年 『できるかな』の天の声の「つかせのりこ」が癌のため亡くなる。
1990年 『できるかな』の放送終了。

ノッポさんが最終回にして初めて言葉を発した。
『なにしてあそぼう』から23年続いたしゃべらないキャラクタはその歴史にピリオドを打った。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に『できるかな』の放送が終了します。

グラスホッパー物語

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.5.10~ 71 27 1 青い手 青い手
2006.5.10~ 72 132 2 黄色い人 青い猿
2013.5.10~ 79 87 9 青い手 青い嵐
2005年 自ら脚本・作詞・歌唱・振付も手がけた『グラスホッパー物語』をNHK『みんなのうた』で披露
2006年 『グラスホッパー物語』DVD・CDで同曲をリリース。71歳にして歌手デビュー。紅白歌合戦に特別出演
2013年 『ゴン太くん』に入って操作していた井村淳が亡くなる。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に『グラスホッパー物語』で歌手デビューします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.5.10~ 82 142 12 白い風 青い猿
2017.5.10~ 83 247 13 青い手 青い鷲
2018.5.10~ 84 92 1 黄色い人 黄色い人
現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
82才の時はKin142。良いことばかりは続かないと思っている年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

静止しながら望みをつなぐ。

高見のっぽのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

黄色の始めの年に『なにしてあそぼう』のノッポさん役に抜擢されます
黄色の半ばに視聴者からの悲願で『できるかな』に出演します。
赤色の最後付近に『できるかな』の放送が終了します。
青色の始めの年に『グラスホッパー物語』で歌手デビューします。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

松本潤
松本潤(まつもと じゅん)は、歌手、俳優、タレントであり、アイドルグループ嵐のメンバー。愛称は「松潤」(まつじゅん)。

続きを読む


小室哲哉
小室哲哉(こむろ てつや)は、ミュージシャンであり、音楽プロデューサー。1990年代後半から2000年にかけて数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て「小室ブーム」と呼ばれる社会現象を起こします。

続きを読む


藤子不二雄A
藤子不二雄Aは、漫画家。本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)。代表作は、忍者ハットリくん、怪物くん、笑ゥせぇるすまんなど。

続きを読む


柴咲コウ
柴咲コウ(しばさき コウ)は、日本の女優、歌手。2017年にNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公の井伊直虎を演じます。

続きを読む


三木谷浩史
三木谷浩史(みきたに ひろし)は、実業家、資本家。楽天株式会社の創業者であり、代表取締役会長兼社長。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (俳優)

石原裕次郎
石原裕次郎さんは、俳優、歌手、石原プロの元代表。ヨットマンとしても活動していた。兄は政治家で作家の石原慎太郎。「太陽にほえろ」で刑事ドラマの顔になりました

続きを読む


渡辺謙
渡辺謙(わたなべ けん)は、俳優。大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演、一躍有名俳優となります。しかし白血病を発病し闘病と復帰を繰り返します。その後映画『ラストサムライ』に出演し高い評価を得ます。

続きを読む


西田敏行
西田敏行は、俳優、歌手、タレント、司会者。主演の映画『釣りバカ日誌』は2009年まで22作続いた自身の代表作。探偵!ナイトスクープの2代目局長に起用され司会者としての顔もあります。

続きを読む


田中邦衛
田中邦衛(たなか くにえ)は、俳優。『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演した。

続きを読む


織田裕二
織田裕二(おだ ゆうじ)は俳優、歌手。映画『彼女が水着にきがえたら』、ドラマ『東京ラブストーリー』で大ブレイクします。ドラマ『踊る大捜査線』と『世界陸上』で誰もが知る人物となります。

続きを読む




sponsordLink




コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事