671 views

ぷん! ぷん!・さとう珠緒の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → さとう珠緒

記事公開日:2019年10月28日
最終更新日:2020年09月26日

さとう珠緒
→ 画像検索はこちら

さとう珠緒(さとう たまお)は、日本の女優、タレント。

初代ミニスカポリスとして活動。過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

このページでは、さとう珠緒(さとう たまお)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

さとう珠緒の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年1月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin179です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い犬 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin82
絶対反対kin kin49

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin179の誕生日占いは、心の葛藤が行動のエネルギーになるタイプです。ダイナミックに行動すること。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

さとう珠緒の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

千葉県船橋市出身。本名は佐藤珠緒(さとう たまお)。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.1.2~ 15 194 12 白い魔法使い 青い夜
1989.1.2~ 16 39 13 青い嵐 青い手
1990.1.2~ 17 144 1 黄色の種 黄色の種
1988年に第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリを受賞。
芸能界入りするが1990年ごろには事実上、活動休止状態になります。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリを受賞し芸能界入り。

本格的に活動を開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.1.2~ 18 249 2 赤い月 黄色い星
1992.1.2~ 19 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1993.1.2~ 20 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1991年にヤンタン茶屋町学園おちゃめ組2期生で準グランプリを受賞。これを機に本格的な芸能界活動を開始。
1993年にTBCの夏キャンペーン・キャラクターになり、グラビアアイドルとして人気を博します。

ウェブスペルの色が黄色の始めころより本格的な芸能界活動を開始。
黄色の前半ころよりグラビアアイドルとして人気を博します

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.1.2~ 22 149 6 赤い月 黄色の種
1996.1.2~ 23 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1997.1.2~ 24 99 8 青い嵐 黄色い人
1995年にスーパー戦隊シリーズ『超力戦隊オーレンジャー』に丸尾桃(オーピンク)役でレギュラー出演し女優デビュー。
1996年に『出動!ミニスカポリス』の初代ポリスとして活動。
1997年より『スーパー競馬』のアシスタントを担当。後に司会になった。2002年まで。
1998年にドラマ『走れ公務員!』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに女優デビュー。『出動!ミニスカポリス』の初代ポリスとして活動。

ぷん! ぷん!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.1.2~ 31 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2005.1.2~ 32 159 3 青い嵐 赤い地球
2006.1.2~ 33 4 4 黄色の種 赤い竜
お笑い芸人の長井秀和が「ぶりっ子」としてネタにした影響もあり、過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。
怒りを表すのに、両手を拳にして自分の頭の上に持っていきながら「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。
『週刊文春』の「『女が嫌いな女』1000人アンケート」で2004年、2005年に2年連続で1位を獲得。

ウェブスペルの色が赤色の始めころ、過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.1.2~ 46 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2020.1.2~ 47 174 5 白い魔法使い 白い犬
2021.1.2~ 48 19 6 青い嵐 白い魔法使い
さとう珠緒の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
47才の時はKin174。分け隔てしないで多くの人から協力を得られる年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。

順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

さとう珠緒のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最期付近に第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリを受賞し芸能界入り。
黄色の始めころより本格的な芸能界活動を開始。
黄色の前半ころよりグラビアアイドルとして人気を博します
黄色の半ばに女優デビュー。『出動!ミニスカポリス』の初代ポリスとして活動。
赤色の始めころ、過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

最近はテレビではあまり見られなくなりましたが、女優、タレントとして活動しています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

古谷徹
古谷徹(ふるや とおる)は、日本の声優、俳優、ナレーター。代表作に『巨人の星』の星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイなどあります。

続きを読む


五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


田中好子
田中好子(たなか よしこ)は、アイドル歌手でキャンディーズのメンバー、女優。愛称「スーちゃん」。キャンディーズ解散後は女優に転身しテレビや映画で活躍。2011年4月にガンで亡くなります。

続きを読む


小山茉美
小山茉美(こやま まみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレの声優で一躍ブレイク。他に『あんみつ姫』『魔法のプリンセス ミンキーモモ』などが代表作。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin179)

梶原一騎
梶原一騎(かじわら いっき)は、日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。『巨人の星』の原作者として名声を上げ、「スポ根」分野を確立した。

続きを読む


手塚治虫
マンガの神様と評される「手塚治虫」は大学在学中の1946年に漫画家としてデビューしました。「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」といったヒット作を次々と手がけました。

続きを読む


坂口憲二
坂口憲二(さかぐち けんじ)は、日本の俳優。父はプロレスラーの坂口征二。代表作にドラマ『医龍』で主演の朝田龍太郎役。2018年に病気のため芸能活動を無期限休止。コーヒー焙煎士として歩み始めます。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


関連記事 (タレント)

立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


知花くらら
知花くらら(ちばな くらら)、日本のモデル、女優。『ミス・ユニバース2006』日本代表に選ばれ、世界2位を獲得。同年、報道番組のキャスターを務めるなど活動の場を広げます。

続きを読む


勝俣州和
勝俣州和(かつまた くにかず)は、日本のお笑いタレント、俳優。元アイドルでCHACHAのメンバー。テレビ番組には年中、七分丈ズボンを履いて出演することで知られます。

続きを読む


いとうまい子
いとうまい子(いとう まいこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ミスマガジンコンテストで初代グランプリを受賞。ドラマ『不良少女とよばれて』でヒロイン・曽我笙子役を演じ高視聴率を記録。

続きを読む


国生さゆり
国生さゆり(こくしょう さゆり)は日本の女優・タレント・歌手。おニャン子クラブ会員番号8番として芸能界デビュー。『バレンタイン・キッス』でソロデビュー。卒業後は女優に転身。その後、バラエティ番組に出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事