940 views

やっぱり猫が好き・室井滋の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 室井滋

記事公開日:2020年01月16日
最終更新日:2021年09月03日

室井滋
→ 画像検索はこちら

室井滋(むろい しげる)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。

『やっぱり猫が好き』がヒットし一躍人気者となった。
映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』など代表作。
ファインディングニモのドリーの声としても知られます。

このページでは、室井滋(むろい しげる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

※ 1958年10月22日生まれの説もありますが、1960年10月22日生まれで鑑定しています。

室井滋の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1960年10月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin147(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 黄色い種 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin114
絶対反対kin kin17

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin147の誕生日占いは、喜びを満面に表現できるタイプです。仲間はずれに弱いです。恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

広告

室井滋の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

富山県滑川市出身。
高校を卒業するまで富山県で過ごします。

自主映画の女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.10.22~ 20 167 11 青い手 赤い地球
1981.10.22~ 21 12 12 黄色い人 赤い竜
1982.10.22~ 22 117 13 赤い地球 赤い蛇
高校を卒業し早稲田大学に進学。大学在学中にシネマ研究会に所属。
自主映画で活躍し「自主映画の女王」と呼ばれます。
1981年に村上春樹原作の映画「風の歌を聴け」で劇場映画デビュー。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に劇場映画デビュー。

やっぱり猫が好き

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.10.22~ 25 172 3 黄色い人 白い犬
1987.10.22~ 27 122 5 白い風 白い鏡
1988.10.22~ 28 227 6 青い手 白い風
早稲田大学は7年在学し中退。
1987年に映画『トットチャンネル』の使用曲「東京ブギウギ」 で歌手デビュー。
1988年に小林聡美、もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者になった。

ウェブスペルの色が白色の半ばに『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者となった。

居酒屋ゆうれい

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.10.22~ 32 127 10 青い手 白い鏡
1993.10.22~ 33 232 11 黄色い人 白い風
1994.10.22~ 34 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1991年に初の著書「むかつくぜ!」を発売。以降、多くの著書を発表。
1992年にその酒豪ぶりから日本酒大賞奨励賞を受賞。
1994年に映画『居酒屋ゆうれい』に出演。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など数々の映画賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に映画『居酒屋ゆうれい』に出演し数々の映画賞を受賞。

のど自慢

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.10.22~ 38 237 3 赤い地球 青い鷲
1999.10.22~ 39 82 4 白い風 青い嵐
2000.10.22~ 40 187 5 青い手 青い夜
1999年に映画『のど自慢』で主演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。CDシングル「おしどり涙」を発売。
2003年にはディズニー映画「ファインディング・ニモ」のドリーの声優を担当。

ウェブスペルの色が青色の前半に映画『のど自慢』で主演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。

喜劇人大賞特別賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.10.22~ 52 147 4 青い手 黄色の種
2015.10.22~ 55 202 7 白い風 黄色い戦士
2012年に喜劇人大賞特別賞を受賞。
2015年に第36回松尾芸能賞・優秀賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に喜劇人大賞特別賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.10.22~ 59 102 11 白い風 黄色い人
2020.10.22~ 60 207 12 青い手 黄色い戦士
2021.10.22~ 61 52 13 黄色い人 黄色い太陽
室井滋の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
61才の時はKin52。周りに影響力を大きく及ぼす年です。有能で器用な面もあります。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

人に対する奉仕を心がけなさい。

室井滋のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に劇場映画デビュー。
白色の半ばに『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者となった。
白色の最後付近に映画『居酒屋ゆうれい』に出演し数々の映画賞を受賞。
青色の前半に映画『のど自慢』で主演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。
黄色の前半に喜劇人大賞特別賞を受賞。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin147)

火野正平
火野正平(ひの しょうへい)は、日本の俳優。芸能界の「元祖プレイボーイ」と称され、ワイドショーを賑わあせます。2011年より「にっぽん縦断 こころ旅」のパーソナリティを務めます。

続きを読む


比嘉愛未
比嘉愛未(ひが まなみ)は、日本の女優、ファッションモデル。朝の連続ドラマ『どんど晴れ』のヒロインに2156人のオーディションから選ばれブレイク。以降、多くのテレビドラマ、映画に出演。

続きを読む


河合小市
河合小市(かわい こいち)は、日本の実業家。ヤマハの創業者である山葉寅楠の会社に丁稚奉公入り。その後、会社の労働争議で退社。独立し河合楽器製作所を創設。

続きを読む


三國連太郎
三國連太郎(みくに れんたろう)は、日本の俳優、監督。個性は俳優として日本映画界を牽引、日本を代表する俳優の一人。主演・助演を問わず幅広く出演、映画出演の本数は180本余りに及びます。

続きを読む


関連記事 (女優)

夏帆
夏帆(かほ)は、日本の女優。スカウトを受け芸能界入り。三井のリハウスの第11代白鳥麗子に選出。清純なイメージの役で映画やドラマで数多く主演。その後、変わった役どころを演じ女優としての幅を広げます。

続きを読む


中谷美紀
中谷美紀(なかたに みき)は、女優、歌手。映画『リング』『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年に『ケイゾク』が放送され人気となる。

続きを読む


加藤あい
女子中学生向け雑誌『ピチレモン』のジュニアモデルを経て俳優としてデビュー。代表作に『海猿』シリーズや『ハケンの品格』。テレビCMにコンスタントに出演し、広告・映像業界でも高く評価。

続きを読む


宮本信子
宮本信子(みやもと のぶこ)は、日本の女優、歌手。夫の伊丹十三監督の映画『お葬式』でブレイク、続く『マルサの女』で大ブレイク。長男は俳優の池内万作。

続きを読む


萬田久子
萬田久子(まんだ ひさこ)は、日本の女優。元ミス・ユニバース日本代表。朝の連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』で女優デビュー。テレビドラマを舞台に長く人気を維持。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ