2,655 views

ウチくる!?・中山秀征の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中山秀征

記事公開日:2017年05月26日
最終更新日:2020年07月25日

中山秀征
→ 画像検索はこちら

中山秀征(なかやま ひでゆき)はタレント、司会者。愛称はヒデちゃん。

ABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。
2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。久しぶりの昼の帯番組を持った。

このページでは、中山秀征(なかやま ひでゆき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ABブラザーズの誕生日占いと相性占いを診断

中山秀征の基本情報

生年月日:1967年7月31日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin19(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い魔法使い 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin242
絶対反対kin kin149

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin19の誕生日占いは、パワーがありダイナミックに行動するタイプです。一旦重荷をおろして再スタートすること。

広告

中山秀征の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

群馬県藤岡市出身。
2008年から中山と同じ群馬県出身のタレント井森美幸と共に群馬県のPRする「ぐんま大使」を務めています。

俳優を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.7.31~ 13 84 6 黄色の種 青い嵐
1981.7.31~ 14 189 7 赤い月 青い夜
1982.7.31~ 15 34 8 白い魔法使い 青い手
1983.7.31~ 16 139 9 青い嵐 青い猿
1981年に俳優を目指し東京の「児童劇団 NAC」に入団。
3カ月でデビューできなかったら辞めるつもりだった。
1982年に火曜サスペンス劇場で俳優デビュー。群馬を飛び出し東京近郊の高校へ進学。

知人や先生の家に下宿させてもらいオーディションを受けるが脇役ばかりだった。

ウェブスペルの色が青色の半ばに東京の劇団に入団。俳優デビュー

ABブラザーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.7.31~ 17 244 10 黄色の種 青い鷲
1985.7.31~ 18 89 11 赤い月 青い嵐
1986.7.31~ 19 194 12 白い魔法使い 青い夜
1987.7.31~ 20 39 13 青い嵐 青い手
1988.7.31~ 21 144 1 黄色の種 黄色の種
1989.7.31~ 22 249 2 赤い月 黄色い星
1984年に第2の吉川晃司募集”のオーディションに応募して合格。

松野大介と「ABブラザーズ」を結成し、1985年に『ライオンのいただきます』のアシスタントとしてデビュー。

1985年10月から1987年7月にニッポン放送『ABブラザーズのオールナイトニッポン』を担当。若い女性を中心に人気を博する。

1989年に『いただきます』を降板。人気が低下、

ウェブスペルの色が青色の最後付近にABブラザーズを結成。若い女性を中心に人気を博した。

DAISUKI!、ウチくる!?

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.7.31~ 25 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1993.7.31~ 26 149 6 赤い月 黄色の種
2000.7.31~ 33 104 13 黄色の種 黄色い人
2001.7.31~ 34 209 1 赤い月 赤い月
松野との方向性の違いが大きくなり、ABブラザーズは自然消滅。

1992年から「DAISUKI!」にレギュラー出演。松本明子飯島直子と交わすトークが視聴者の支持を集めた。

1998年に元宝塚の白城あやかと結婚。4人の子供に恵まれます。

「DAISUKI!」は2000年で終了。入れ替わる形で飯島直子とのコンビで『ウチくる!?』がスタート。

ウチくる!?は今も続く長寿番組。2007年に飯島直子が芸能界を引退し久保純子、青木さやかを経て2011年から中川祥子に交代した。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから最後の年まで「DAISUKI!」にレギュラー出演。
赤色の始めの年から『ウチくる!?』がスタートした。

ラジかる!!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.7.31~ 38 109 5 赤い月 赤い蛇
2006.7.31~ 39 214 6 白い魔法使い 赤い月
2008.7.31~ 41 164 8 黄色の種 赤い地球
2009.7.31~ 42 9 9 赤い月 赤い竜
2010.7.31~ 43 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2011.7.31~ 44 219 11 青い嵐 赤い月
2005年より『ラジかる!!』のメイン司会を担当。久々に平日の帯番組を持つことになった。

2009年より『おもいッきりDON!』の総合司会になり、みのもんたに変わるお昼の顔となったが2011年に終了。

2011年より日曜朝8・9時台の『シューイチ』の司会に起用。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから『ラジかる!!』のメイン司会を担当。平日の帯番組を持つことになった。
赤色の最後付近には日曜朝の『シューイチ』の司会となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.7.31~ 51 174 5 白い魔法使い 白い犬
2019.7.31~ 52 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2020.7.31~ 53 124 7 黄色の種 白い鏡
中山秀征の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
53才の時はKin124。才能がありすぎてもてあますことのある年です。絞込みが大事です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

中山秀征のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の半ばに東京の劇団に入団。俳優デビュー
青色の最後付近にABブラザーズを結成。若い女性を中心に人気を博した。

黄色の前半にABブラザーズは自然消滅。
黄色の半ばから最後の年まで「DAISUKI!」にレギュラー出演。

赤色の始めの年から『ウチくる!?』がスタート。
赤色の半ばから『ラジかる!!』のメイン司会を担当。平日の帯番組を持つことになった。
赤色の最後付近には日曜朝の『シューイチ』の司会となった。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

長谷川初範
長谷川初範(はせがわ はつのり)は、日本の俳優。愛称はショパン。『ウルトラマン80』で初主演。月9ドラマ『101回目のプロポーズ』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


水樹奈々
水樹奈々(みずき なな)は、日本の声優、歌手、ナレーター。声優として代表作に『NARUTO -ナルト-』の日向ヒナタ役など。歌手として『深愛』『PHANTOM MINDS』が代表曲。紅白歌合戦にも出場。

続きを読む


山寺宏一
山寺宏一(やまでら こういち)は、日本の声優、タレント、ナレーター。「七色の声を持つ男」と呼ばれるほど、広域の声が特徴。少年から老人役、熱いヒーローから小悪党役まで幅広い演技を見せる。

続きを読む


ジュディ・オング
ジュディ・オングは、台湾出身の歌手、女優。劇団ひまわりに入団し子役として活動。その後、「魅せられて」が大ヒットしブレイク。香港版『おしん』の主題歌「信」が東南アジア全域で大ヒット。

続きを読む


来生たかお
来生たかお(きすぎ たかお)、日本のシンガーソングライター、作曲家。歌手活動と同時に、姉・来生えつことのコンビを主軸に作曲家としても活動。「セーラー服と機関銃」「セカンド・ラブ」などが代表曲。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin019)

長谷川初範
長谷川初範(はせがわ はつのり)は、日本の俳優。愛称はショパン。『ウルトラマン80』で初主演。月9ドラマ『101回目のプロポーズ』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


アマンシオ・オルテガ
アマンシオ・オルテガはスペイン生まれの実業家。ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックスの創業者です。2011年に社長から退くまで同社を世界的企業に育て上げます。

続きを読む


本田美奈子.
本田美奈子.(ほんだ みなこ)は歌手、女優、声楽家。1980年代はアイドル、1990年代以降はミュージカルで活動します。2005年に白血病で38歳の若さで亡くなりました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

西村知美
西村知美(にしむら ともみ)は、日本の女優、タレント。80年代アイドル。『第1回ミス・モモコクラブ』でグランプリを受賞しデビュー。その後、バラエティ番組に進出。ほんわかとした天然キャラを売りに活躍。

続きを読む


山寺宏一
山寺宏一(やまでら こういち)は、日本の声優、タレント、ナレーター。「七色の声を持つ男」と呼ばれるほど、広域の声が特徴。少年から老人役、熱いヒーローから小悪党役まで幅広い演技を見せる。

続きを読む


ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシは日本のお笑いタレント、俳優。数回のコンビ結成・解散を経てピン芸人に転身。『アメトーク』で自らプレゼンした「越中詩郎大好き芸人」で一躍売れっ子芸人の仲間入りを果たします。

続きを読む


関連記事 (司会者)

黒柳徹子
黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)は、日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍している人物です。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中です。

続きを読む


設楽統
設楽統(したら おさむ)は、お笑い芸人、俳優、声優、司会者。バナナマンのボケとネタ作り担当。テレビ番組出演本数ランキングにおいて、2012年と2013年は1位に輝いた。

続きを読む


石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ