1,517 views

サッカー選手・ペレの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → ペレ

記事公開日:2018年06月10日
最終更新日:2019年08月30日

ペレ
出典:wikipedia.org

ペレは、ブラジルの元サッカー選手。

サッカーブラジル代表として4度FIFAワールドカップに出場、3度優勝。
インターコンチネンタルカップではサントスFCを2度世界一に導きます。
その実績から『サッカーの神様』と称される人物です。

このページではペレの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

ペレの誕生日占い

生年月日:1940年10月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin128です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 白い鏡 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin133
絶対反対kin kin258

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin128の誕生日占いは、別の側面から物事をみることが出来るタイプです。依存からの一人立ちへ。

広告

ペレの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

ブラジルの南東部に位置するトレス・コラソンエスに生まれます。本名はエドソン・アランテス・ド・ナシメント。
父は元サッカー選手。強豪チームに所属していましたが膝を痛めて退団。その後、小規模なチームに所属しサッカー選手として成功とは縁遠い人生でした。
やがてペレは父と同じサッカー選手になるのを志すようになります。

プロデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.10.23~ 15 143 13 青い夜 青い猿
1956.10.23~ 16 248 1 黄色い星 黄色い星
1957.10.23~ 17 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1956年にサントスFCに入団。入団当初ペレの体重は60Kgに満たない体格でした。
クラブの合宿所に入りトレーニングを積み屈強な体格を手に入れます。
1957年,1958年にサンパウロ州選手権では得点王に輝きます。
1958年にブラジル代表としてFIFAワールドカップに初出場。ワールドカップ初優勝。
ペレは世界中の新聞や雑誌の表紙を飾り「新たなキングの誕生」と称されます。

ウェブスペルの色が青色の最後の年にサントスFCに入団。プロサッカー選手としてデビューします。
黄色の始めころにFIFAワールドカップにブラジル代表として出場し優勝をもたらします。

多忙を極める

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.10.23~ 18 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1959.10.23~ 19 43 4 青い夜 黄色い太陽
1960.10.23~ 20 148 5 黄色い星 黄色の種
1959年からクラブでのプレーと平行して兵役の義務を負った。
軍ではサントスの沿岸防衛部隊に配属。軍選抜チームに選ばれ南米軍人選手権に出場。
1959年はサントスFC、ブラジル代表、サンパウロ選抜、沿岸防衛部隊のチーム、軍選抜チームの合計5チームの選手として年間通算で103試合に出場。多忙な生活を送ります。
1961年にブラジル国外からの移籍のオファーがありますがブラジル国内に留まります。

ウェブスペルの色が黄色の前半に兵役の義務を負い年間通算で103試合に出場など多忙を極めます。

ワールドカップ2度目の優勝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.10.23~ 21 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1962.10.23~ 22 98 7 白い鏡 黄色い人
1963.10.23~ 23 203 8 青い夜 黄色い戦士
1962年にブラジル代表としてFIFAワールドカップに出場。1次リーグ2回戦で太股の筋肉を痛め負傷。後の試合に出場はできませんでした。
ペレを欠いたブラジルチームでしたがてFIFAワールドカップ2連覇を達成。国民と国家のシンボル的存在になります。

1962年、1963年にインターコンチネンタルカップ(サッカーのクラブチーム世界一決定戦)とコパ・リベルタドーレス(南米サッカー連盟に加盟する10カ国の国内リーグ戦)でサントスFCのメンバーとして出場し2連覇を飾ります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにFIFAワールドカップ2連覇。インターコンチネンタルカップで2連覇を飾ります。

ワールドカップ3度目の優勝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.10.23~ 25 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1966.10.23~ 26 258 11 白い鏡 黄色い星
1969.10.23~ 29 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1970.10.23~ 30 158 2 白い鏡 赤い地球
1966年にFIFAワールドカップに3度目の出場。決勝トーナメントまで進出できず3連覇を逃します。

1969年11月19日に通算1000得点を達成し国民は熱狂。ブラジル政府はペレに勲章を与え翌日を休日とします。1995年に11月19日を「ペレの日」と定めます。

1970年にFIFAワールドカップに4度目の出場。ここで3度目の優勝を果たします。
ブラジルの度経済成長期と重なったこともあり熱狂的に受け入れられブラジルの国威高揚に大きな役割を果たします。

1971年にブラジル代表からの引退を表明。ブラジル代表からペレが去ってからブラジルはワールドカップで優勝から24年間遠ざかることになります。

ウェブスペルの色が黄色の後半にFIFAワールドカップに出場しますが優勝を逃します。
赤色の始めの年にFIFAワールドカップに出場し3度目の優勝を遂げます。

現役引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.10.23~ 33 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1974.10.23~ 34 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1975.10.23~ 35 163 7 青い夜 赤い地球
1976.10.23~ 36 8 8 黄色い星 赤い竜
1974年に18年間を過ごしたサントスFCから引退します。
1975年にニューヨーク・コスモスに移籍。
1970年代当時、サッカー不毛の地と呼ばれたアメリカにサッカーを普及させ、いずれワールドカップを招致したいという思惑からの移籍でした。
1977年にニューヨーク・コスモスは北米選手権のタイトルを獲得。同年、現役を引退します。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにサントスFCから引退しニューヨーク・コスモスに移籍
赤色の後半に現役を引退します。

引退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.10.23~ 55 183 1 青い夜 青い夜
1996.10.23~ 56 28 2 黄色い星 青い手
1997.10.23~ 57 133 3 赤い空歩く人 青い猿
引退後は国際サッカー連盟 (FIFA) の大使、フェアプレー委員会の一員として世界中で広報活動に携わります。
また、ユニセフの親善大使に任命され子供の基本的権利の保護を訴えたイベントに関わります。

また、1995年から1998年までブラジルのカルドーゾ大統領のもと、スポーツ大臣を務めます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年より3年間スポーツ大臣を務めました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.10.23~ 77 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2018.10.23~ 78 258 11 白い鏡 黄色い星
2019.10.23~ 79 103 12 青い夜 黄色い人
ペレの現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
79才の時はKin103。想像力豊かで鉄の意志、信念の強さを持っている年です

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

過度な欲望を持つな。苦労性。

ペレのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最後の年にサントスFCに入団。プロサッカー選手としてデビューします。
黄色の始めころにFIFAワールドカップにブラジル代表として出場し優勝をもたらします。
黄色の前半に兵役の義務を負い年間通算で103試合に出場など多忙を極めます。
黄色の半ばにFIFAワールドカップ2連覇。インターコンチネンタルカップで2連覇を飾ります。
黄色の後半にFIFAワールドカップに出場しますが優勝を逃します。
赤色の始めの年にFIFAワールドカップに出場し3度目の優勝を遂げます。
赤色の半ばにサントスFCから引退しニューヨーク・コスモスに移籍
赤色の後半に現役を引退します。
青色の始めの年より3年間スポーツ大臣を務めました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

北方謙三
北方謙三(きたかた けんぞう)は、日本の小説家。大学時代に作家デビューするが低迷。その後。方向転換しヒット作を次々と生み出しハードボイルド小説の旗手として一躍人気作家に成長。

続きを読む


坂口健太郎
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


市村正親
市村正親(いちむら まさちか)は、日本の俳優、声優。長く劇団四季で活躍し看板俳優に成長。退団後も舞台、テレビ、映画等で活躍を続けています。妻は女優の篠原涼子。25才の年の差婚と話題を呼びます。

続きを読む


鳩山一郎
鳩山一郎(はとやま いちろう)は、日本の政治家、弁護士。第52・53・54代内閣総理大臣。自由民主党の初代総裁。55年体制最初の内閣総理大臣。孫は第93代内閣総理大臣の鳩山由紀夫。

続きを読む


黒田清隆
黒田清隆(くろだ きよたか)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。北海道開拓長官を永く行いますが、開拓使官有物払下げ事件で辞任。その後、伊藤博文の後の第2代内閣総理大臣を務めます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin128)

佐山聡
佐山聡(さやま さとる)は、日本のプロレスラー。覆面レスラー「タイガーマスク」として四次元殺法を繰り広げ空前のプロレスブーム、社会現象を巻き起します。

続きを読む


篤姫
天璋院篤姫は江戸時代後期から明治の女性で、薩摩藩に生まれ江戸幕府第13代将軍の徳川家定の御台所となった人物です。

続きを読む


アントニ・ガウディ
アントニ・ガウディは、スペインの建築家。19世紀からバルセロナを中心に活動します。ガウディの作品群は1984年ユネスコの世界遺産に登録されました。

続きを読む


松坂大輔
松坂大輔(まつざか だいすけ)は東京都出身のプロ野球選手(投手)。甲子園で「平成の怪物」と注目を集め、西武ライオンズに入団。数々の記録を出しレッドソックス入りしますが、ヒジを壊し球団を転々とします。

続きを読む


尾田栄一郎
尾田栄一郎(おだ えいいちろう)は漫画家。ONE PIECEの作者。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスに認定。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

原辰徳
原辰徳(はら たつのり)は、日本の元プロ野球選手。プロ野球監督。解説者。巨人の監督に就任し7度のリーグ優勝と3度の日本一に導きます。2019年より巨人の監督に3度目となる復帰。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む


金栗四三
金栗四三(かなくり しそう)は、日本のマラソン選手、師範学校教師。箱根駅伝の開催に尽力。日本で高地トレーニング導入など日本マラソン界に大きく寄与。「マラソンの父」と称されます。

続きを読む


2016年リオデジャネイロ五輪で女子柔道に内定している近藤亜美、中村美里、松本薫、田代未来、田知本遥、梅木真美、山部佳苗の7名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。

続きを読む


沢村栄治
沢村栄治(さわむら えいじ)は、戦前に活躍したプロ野球選手(投手)。日本プロ野球史上に残る伝説の選手の一人。戦後、沢村の功績と栄誉を称えて「沢村栄治賞」が設立。プロ野球のその年度の最優秀投手に贈られる。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事