589 views

サムソン創業者・李秉喆の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 李秉喆

記事公開日:2018年11月12日
最終更新日:2019年03月24日

イ・ビョンチョル
→ 画像検索はこちら

李秉喆(イ・ビョンチョル)は、韓国の実業家。韓国で一番大きな財閥サムソングループの創業者です。

李秉喆の創業したサムスンは60余年間、時代に必要だった製糖、纎維、電子、航空及び機械、化学、大型船舶製作、金融など多方面の事業を展開します。

このページでは李秉喆(イ・ビョンチョル)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

李秉喆(イ・ビョンチョル)の誕生日占い

生年月日:1910年2月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin105です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 赤い蛇 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin156
絶対反対kin kin235

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin105の誕生日占いは、周囲に耳を傾けることで考えがはっきりするタイプです。困難を解消するために希望をもとう。

広告

李秉喆(イ・ビョンチョル)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

韓国の慶尚南道の大地主である李纉雨の次男として生まれます。

早稲田大学中退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1934.2.12~ 24 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1935.2.12~ 25 130 13 白い犬 白い鏡
1936.2.12~ 26 235 1 青い鷲 青い鷲
地元の高校を卒業し日本の早稲田大学に進学。しかし1934年に病気のために大学を中退。韓国へ戻ります。
1936年に友人2人と1万円ずつ出資し設立した協同精米所を起こしますが事業が失敗。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に早稲田大学を病気のために中退。
青色の始めの年に協同精米所の事業を行いますが失敗。

三星商会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1938.2.12~ 28 185 3 赤い蛇 青い夜
1939.2.12~ 29 30 4 白い犬 青い手
1940.2.12~ 30 135 5 青い鷲 青い猿
1938年に三星商会を設立。後のサムスングループの始まりです。
当時日本の占領下であった満州に魚の干物や果物を輸出し始めます。業績は順調に伸びていきます。

ウェブスペルの色が青色の前半に三星商会を設立。順調に業績を伸ばしていきます。

貿易

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1945.2.12~ 35 140 10 黄色い太陽 青い猿
1947.2.12~ 37 90 12 白い犬 青い嵐
1950.2.12~ 40 145 2 赤い蛇 黄色の種
1945年に日本が戦争で敗戦し韓国から撤退。このころ韓国全土にトラックを走らせ、海外とも積極的に貿易。
1947年に拠点をソウルへ移動。
1950年の朝鮮戦争が始まるころには韓国で10番以内に入るほどの貿易会社になります。

ウェブスペルの色が黄色の始めころには韓国で10番以内に入るほどの貿易会社になります。

李承晩大統領

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.2.12~ 43 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1954.2.12~ 44 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1955.2.12~ 45 150 7 白い犬 黄色の種
韓国の第1-3代大統領である李承晩(り・しょうばん)の支援を受け、当時韓国で一番需要の高かった砂糖と服地を生産する企業として、1953年に第一製糖、1954年に第一毛織が作られます。
サムソン(三星)財閥を形成していきます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに李承晩の支援を受け第一製糖、第一毛織を設立

全経連会長

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.2.12~ 50 155 12 青い鷲 黄色の種
1961.2.12~ 51 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1963.2.12~ 53 210 2 白い犬 赤い月
1964.2.12~ 54 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1965.2.12~ 55 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1960年に李承晩が失脚しハワイへ亡命。このころ李秉喆は日本に滞在。
1961年に韓国の全国経済人連合会(全経連)会長のポジションを与えられます。
1963年に東洋放送を設立。ラジオおよびテレビの放送に関わります。
1964年に韓国肥料を設立
1965年に中央日報という新聞社を設立

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に韓国の全国経済人連合会(全経連)会長に就任
赤色の前半には次々に会社を設立していきます。

三星電子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.2.12~ 56 5 5 赤い蛇 赤い竜
1969.2.12~ 59 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1974.2.12~ 64 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1966年に次男の李昌熙が韓国肥料を通じて日本からサッカリンなどを密輸していた事件で一時辞任に追い込まれます。
長男の李猛熙がサムスングループ会長職を受け継ぎますが、密輸情報を垂れ込んだのを見て見ぬふりをしていたということで李秉喆は復帰後に後継者から外します。

1969年に三星電子を設立。後にサムソンの名を世界に轟かせます。

1974年に三星石油化学を設立

ウェブスペルの色が赤色の半ばにサッカリンの密輸で一時辞任に追い込まれます。
赤色の後半に三星電子を設立。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.2.12~ 77 130 13 白い犬 白い鏡
1987年11月19日に亡くなりました。
サムスングループは三男の李健熙がその地位を受け継ぎます。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に亡くなりました。

李秉喆(イ・ビョンチョル)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に早稲田大学を病気のために中退。
青色の始めの年に協同精米所の事業を行いますが失敗。
青色の前半に三星商会を設立。順調に業績を伸ばしていきます。
黄色の始めころには韓国で10番以内に入るほどの貿易会社になります。
黄色の半ばに李承晩の支援を受け第一製糖、第一毛織を設立
黄色の最後の年に韓国の全国経済人連合会(全経連)会長に就任
赤色の前半には次々に会社を設立していきます。
赤色の半ばにサッカリンの密輸で一時辞任に追い込まれます。
赤色の後半に三星電子を設立。
白色の最後の年に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋真麻
高橋真麻(たかはし まあさ)は、日本のフリーアナウンサー。父は俳優の高橋英樹。フジテレビにアナウンサーとして入社後、フリーで活躍。本格的にソプラノを歌うこともできる。

続きを読む


樫尾忠雄
樫尾忠雄(かしお ただお)は、日本の実業家。カシオ計算機の創業者。長兄の樫尾忠雄を含め4兄弟でカシオ計算機の創業。電卓「カシオミニ」が爆発的なヒット。

続きを読む


田中圭
田中圭(たなか けい)は、日本の俳優、タレント。2018年にドラマ『おっさんずラブ』で主演をつとめ、人気を博します。

続きを読む


パンツェッタ・ジローラモ
パンツェッタ・ジローラモは、イタリア生まれの外国人タレント。ちょいワルオヤジとして知られる人物。ホリプロ所属で元東京純心女子大学講師。ニックネームはジローさん。

続きを読む


藤井フミヤ
藤井フミヤ(ふじいフミヤ)は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。チェッカーズ解散後はソロとして活動。弟の藤井尚之と「F-BLOOD」を結成し活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin105)

野坂昭如
野坂昭如(のさか あきゆき)は、作家、歌手、作詞家、タレント、政治家。『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞を受賞。参議院選挙に1度当選しました。

続きを読む


菅原文太
菅原文太(すがわら ぶんた)は日本の俳優、声優。代表作は映画『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズ。どちらも日本映画史に残る配給収入を上げました。晩年は農業を営みます。

続きを読む


熊谷正寿
熊谷正寿(くまがい まさとし)は、日本の実業家。GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表。これまでに9社のグループ会社を上場させ、そのうち3社は東証一部に上場。

続きを読む


原辰徳
原辰徳(はら たつのり)は、日本の元プロ野球選手。プロ野球監督。解説者。巨人の監督に就任し7度のリーグ優勝と3度の日本一に導きます。2019年より巨人の監督に3度目となる復帰。

続きを読む


南方熊楠
南方熊楠(みなかた くまぐす)は、日本の博物学者、生物学者、民俗学者。自然保護運動における先達としても評価されています。

続きを読む


関連記事 (実業家)

かっぱえびせん
戦後、日本人に不足しているとされたカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語からカルビーを創業。「かっぱえびせん」や「カルビーポテトチップス」などヒット商品を世に送り出します。

続きを読む


鳥井信治郎
鳥井信治郎は、日本の実業家。サントリーの創業者。2014年放送の「マッサン」では堤真一が鳥井信治郎の役を演じました。

続きを読む


野間清治
野間清治(のま せいじ)は、講談社の創業者。「雑誌王」とよばれ、昭和時代前期の出版界を牽引しました。

続きを読む


みのもんた
みのもんたは、テレビ番組の司会者や実業家など多方面で活躍している人物です。愛称は、みのさん、みのちゃんなど。本名は御法川法男(みのりかわ のりお)。

続きを読む


蟹江一太郎
蟹江一太郎(かにえ いちたろう)は、日本の実業家。カゴメ創業者。「トマト王」とも称されます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事