931 views

ジョジョ・荒木飛呂彦の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 荒木飛呂彦

記事公開日:2018年09月12日
最終更新日:2018年12月12日

荒木飛呂彦
出典:wikipedia.org

荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)は、日本の漫画家。

代表作に『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズがあります。

このページでは、荒木飛呂彦の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

荒木飛呂彦の誕生日占い

生年月日:1960年6月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin10です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 赤い竜 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin251
絶対反対kin kin140

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

ひとことでいえばKin10の誕生日占いは、やさしく、オールマイティー、いろいろな才能をもっているタイプです。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

荒木飛呂彦の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

宮城県仙台市で生まれ育ちます。
幼少期より「一人の世界」に浸るのが好きで漫画を描いていたそうです。
4つ下に双子の妹がいます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.6.7~ 17 235 1 青い鷲 青い鷲
1978.6.7~ 18 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1979.6.7~ 19 185 3 赤い蛇 青い夜
1980.6.7~ 20 30 4 白い犬 青い手
16才の時に同い年の「ゆでたまご」がデビュー。
焦りを感じ高校3年の時に初投稿。囲碁、投稿を続け専門学校在籍中の1980年に手塚賞で準入選しデビューします。

ウェブスペルの色が青色の始めの年から投稿を続け、青色の前半に手塚賞で準入選します。

短期連載

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.6.7~ 22 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1983.6.7~ 23 85 7 赤い蛇 青い嵐
1984.6.7~ 24 190 8 白い犬 青い夜
デビュー後は仙台に在住しながら1982年に『週刊少年ジャンプ』で「魔少年ビーティー」が読切で掲載。1983年に同誌で短期連載されます。
その後、上京。1984年に「バオー来訪者」が同誌で短期連載されます。

ウェブスペルの色が青色の半ばより『週刊少年ジャンプ』で「魔少年ビーティー」「バオー来訪者」が短期連載されます。

ジョジョの奇妙な冒険

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.6.7~ 26 140 10 黄色い太陽 青い猿
1987.6.7~ 27 245 11 赤い蛇 青い鷲
1998.6.7~ 38 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1999.6.7~ 39 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1987年に『週刊少年ジャンプ』で「ジョジョの奇妙な冒険」の連載を開始。1999年まで5部の物語を執筆します。

ウェブスペルの色が青色の後半より『週刊少年ジャンプ』で「ジョジョの奇妙な冒険」の連載されます。

月刊誌の「ウルトラジャンプ」へ移籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.6.7~ 40 50 11 白い犬 黄色い太陽
2001.6.7~ 41 155 12 青い鷲 黄色の種
2002.6.7~ 42 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2003.6.7~ 43 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2004.6.7~ 44 210 2 白い犬 赤い月
2000年より「ジョジョの奇妙な冒険」第6部の連載開始。この頃よりデザイン関係の仕事が増えます。
2004年より「ジョジョの奇妙な冒険」第7部の連載開始。2005年より月刊誌の「ウルトラジャンプ」へ移動します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近より漫画家と並行しデザイン関係の仕事が増えます。
赤色の始めころに月刊誌の「ウルトラジャンプ」へ移動。

公式サイトをオープン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.6.7~ 50 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2011.6.7~ 51 165 9 赤い蛇 赤い地球
2012.6.7~ 52 10 10 白い犬 赤い竜
2011年に故郷の仙台市が東日本大震災で被災、公式サイトをオープンします。
同年、「ジョジョの奇妙な冒険」第8部の連載開始。2018年現在も「ウルトラジャンプ」で連載中です。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「ジョジョの奇妙な冒険」第8部の連載が開始されました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.7~ 58 120 3 黄色い太陽 白い鏡
2019.6.7~ 59 225 4 赤い蛇 白い風
2020.6.7~ 60 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
荒木飛呂彦の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
58才の時はKin120。多くの人の魅力を引き出すことの期待ができる年です。変化に身を任せよう。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

荒木飛呂彦のまとめ

ウェブスペルの色でまとめてみますと

青色の始めの年から漫画の投稿を続け、青色の前半に手塚賞で準入選します。
青色の半ばより『週刊少年ジャンプ』で「魔少年ビーティー」「バオー来訪者」が短期連載されます。
青色の後半より『週刊少年ジャンプ』で「ジョジョの奇妙な冒険」の連載されます。
黄色の最後付近より漫画家と並行しデザイン関係の仕事が増えます。
赤色の始めころに月刊誌の「ウルトラジャンプ」へ移動。
赤色の後半に「ジョジョの奇妙な冒険」第8部の連載が開始されました。

10数年間ほとんど変わらず若々しさを保っています。体力維持のため50歳を過ぎてもジムでのトレーニングや水泳を欠かさないそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin010)

森鴎外
森鴎外(もり おうがい)は、日本の明治・大正期の小説家、陸軍軍医。東大卒業後に陸軍軍医となり、陸軍省派遣留学生としてドイツに留学。帰国後に数々の小説を発表。夏目漱石と並び反自然主義の巨匠と言われます

続きを読む


大泉洋
大泉洋(おおいずみ よう)は、日本の俳優、タレント、コメディアン、声優。「水曜どうでしょう」が北海道内で人気となり全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も上がります。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

アンパンマン
やなせ たかしさんは、「アンパンマン」の生みの親です。テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」は1988年から放送され今なお続く長寿番組です。

続きを読む


スタン・リー
スタン・リーは、アメリカの漫画家。「スパイダーマン」や「X-メン」といったスーパーヒーローの生みの親です。また、数十年にわたり発行人としてマーベル・コミックを率いた人物です。

続きを読む


チャールズ・M・シュルツ
チャールズ・M・シュルツは、アメリカ合衆国の漫画家。代表作である『ピーナッツ』でよく知られています。『ピーナッツ』を1950年10月2日から2000年2月13日まで50年にわたり連載。

続きを読む


青山剛昌
青山剛昌(あおやま ごうしょう)は、日本の漫画家。「名探偵コナン」「YAIBA」の作者で知られています。特に「名探偵コナン」はアニメ化、映画化され、現在も続く人気作です。

続きを読む


ウォルトディズニーさんはアニメーター、世界的に有名な「ミッキーマウス」や「ディズニーランド」や「世界的企業のウォルト・ディズニー・カンパニー」の生みの親です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事