134 views

スカーレット・神山清子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 神山清子

神山清子
→ 画像検索はこちら

神山清子(こうやま きよこ)は、日本の陶芸家。骨髄バンクの立ち上げにも尽力した人物。

彼女の半生は2019年後期の連続テレビ小説『スカーレット』のヒロインとして描かれます。

このページでは、神山清子(こうやま きよこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

神山清子の基本情報

生年月日:1936年8月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin146(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 黄色い種 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin115
絶対反対kin kin16

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin146の誕生日占いは、チャンスをものにするのに優れているタイプです。恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

広告

神山清子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長崎県佐世保市で生まれます。出生名は金場清子。
父は炭鉱で働いていました。同じ炭鉱で働いていた朝鮮人達と親しくなります。

信楽町

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1944.8.2~ 8 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1947.8.2~ 11 1 1 赤い竜 赤い竜
激しい炭鉱の労働に耐えれなくなり、朝鮮人たちは炭鉱を脱走。
父はこの脱走に手を貸し警察に追われます。一家は1944年に滋賀県日野町へ、1947年に滋賀県信楽町に移り住みます。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に滋賀県信楽町に移り住みます。

陶器会社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.8.2~ 18 216 8 黄色い戦士 赤い月
1955.8.2~ 19 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1958.8.2~ 22 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
和洋裁学校を卒業後、18才の時に陶器会社で陶器の絵付け助手として採用。
この陶器会社で神山易久と出会い、22才の時に結婚、長男・賢一と長女・久美子に恵まれます。

ウェブスペルの色が赤色の後半に陶器の絵付け助手。
赤色の最後付近に結婚。

陶芸家の道

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.8.2~ 27 121 4 赤い竜 白い鏡
1964.8.2~ 28 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1965.8.2~ 29 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
27才の時に陶器会社を辞め独立。作陶を始めます。
夫と共に古代穴窯を作り、信楽焼にのめり込んでいきます。

ウェブスペルの色が白色の前半に独立。作陶を始めます。

古信楽の再現に成功

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.8.2~ 38 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1975.8.2~ 39 81 3 赤い竜 青い嵐
1976.8.2~ 40 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
陶芸に励んでいくと夫との関係は崩れ、夫は愛人を作ります。38才の時に離婚。
貧困の中、途絶えていた古代の信楽焼の再現に成功し、自然釉薬を使った陶芸の第一人者となります。
古代の信楽焼を再現したことはマスコミで取り上げられ神山清子の名は全国に知られます。

ウェブスペルの色が青色の始めころに離婚、その後、古信楽の再現に成功に全国に名が知られます。

韓国

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.8.2~ 44 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1981.8.2~ 45 191 9 青い猿 青い夜
44才の時に韓国の窯場から陶芸の指導をしてほしいと依頼を受け指導を引き受けます。
半月ほど滞在し指導を行います。

ウェブスペルの色が青色の後半に韓国の窯場で陶芸の指導を行います。

骨髄バンク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.8.2~ 54 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1991.8.2~ 55 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1992.8.2~ 56 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
長男・賢一が29才の時に慢性骨髄性白血病で倒れます。神山賢一は母と同じ陶芸家。神山清子が54才の時でした。
神山清子はドナー集めに奔走。賢一は骨髄移植により一時的に快方に向かうものの2年後に死去。
この経験から骨髄バンクの必要性を訴える活動をはじめます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに長男が白血病で死去。骨髄バンクの必要性を訴える活動をはじめます。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.2~ 66 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2005.8.2~ 69 111 7 青い猿 赤い蛇
2019.8.2~ 83 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2002年に神山清子の半生を描いた本『母さん子守歌うたって–寸越窯・いのちの記録』が出版
2005年に上記の本を原作に映画『火火』が公開。主演は田中裕子。
2019年9月よりに連続テレビ小説『スカーレット』が放送。主演は戸田恵梨香

ウェブスペルの色が赤色の前半に神山清子の半生を描いた本『母さん子守歌うたって』が出版。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.8.2~ 83 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2020.8.2~ 84 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2021.8.2~ 85 231 10 青い猿 白い風
神山清子の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
83才の時はKin21。目に見えないもの、価値のあるものに目を向けれる年です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

神山清子のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

赤色の始めの年に滋賀県信楽町に移り住みます。
赤色の後半に陶器の絵付け助手。
赤色の最後付近に結婚。長男・賢一と長女・久美子に恵まれます。
白色の前半に独立。作陶を始めます。
青色の始めころに離婚、その後、古信楽の再現に成功に全国に名が知られます。
青色の後半に韓国の窯場で陶芸の指導を行います。
黄色の半ばに長男が白血病で死去。骨髄バンクの必要性を訴える活動をはじめます。
2度目の赤色の前半に神山清子の半生を描いた本『母さん子守歌うたって』が出版。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む


生島ヒロシ
生島ヒロシ(いくしま ひろし)は、日本のアナウンサー、タレント。元TBSアナウンサー。TBSラジオで『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当。20年以上続けています。

続きを読む


鈴木杏樹
鈴木杏樹(すずき あんじゅ)は、日本の女優、司会者。女優として司会者として長く活躍。特に『ミュージックフェア』では20年に渡り司会を担当。一時期CM14本に出演しCMの女王の異名をとったこともあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin146)

横溝正史
横溝正史(よこみぞ せいし)は日本の小説家、推理作家。金田一耕助シリーズの探偵小説で有名です。

続きを読む


三谷幸喜
三谷幸喜(みたに こうき)は、脚本家、演出家、俳優、映画監督。日本大学在学中から放送作家として活躍。2016年NHK大河ドラマ真田丸の脚本を担当しました。

続きを読む


藤原紀香
藤原紀香(ふじわら のりか)は、女優、モデル、タレント。第24回ミス日本グランプリ受賞。夫は歌舞伎俳優・片岡愛之助。前の夫は陣内智則。

続きを読む


ゴッホ
ゴッホはオランダ生まれの画家。主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代に製作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。

続きを読む


本田圭佑
本田圭佑(ほんだ けいすけ)は、大阪出身のプロサッカー選手です。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。カンボジア代表GM。

続きを読む


関連記事 (芸術家)

小澤征爾
小澤征爾(おざわ せいじ)は、日本の指揮者。ウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者です。2008年には世界の音楽界に多大な影響を与え文化勲章を受章します。

続きを読む


片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む


草間彌生
草間彌生(くさま やよい)は、日本の芸術家。水玉や網模様をモチーフにした作品で世界的に知らる人物。1960年代に「前衛の女王」の異名をとった。

続きを読む


山下清
山下 清さんは、日本中を放浪していたことで知られている画家です。「裸の大将」「日本のゴッホ」などと世の人々から親しまれました。

続きを読む


棟方志功
棟方志功(むなかた しこう)は、青森県出身の板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事