1,824 views

タツノコプロ・吉田竜夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉田竜夫

記事公開日:2017年01月10日
最終更新日:2018年09月24日

吉田竜夫
→ 画像検索はこちら

吉田竜夫(よしだ たつお)は、昭和時代中期から後期の漫画家、アニメ原作者。

アニメ製作会社竜の子プロダクション(タツノコプロ)の設立者・初代社長。

「昆虫物語 みなしごハッチ」「科学忍者隊ガッチャマン」「ハクション大魔王」「マッハGoGoGo」「タイムボカン」など世に送り出しました。

しかし、肝臓がんで45才という若さで亡くなります。

このページでは吉田竜夫の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ マンガの神様「手塚治虫」の人生を見てみる
→ スタジオジブリ「宮崎駿」の人生を見てみる
→ ドラえもん作者「藤子・F・不二雄」の人生を見てみる

吉田竜夫の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1932年3月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin97です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 黄色い人 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin164
絶対反対kin kin227

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin97の誕生日占いは、何でも可能性を見いだせるタイプです。器用な面があります。即断即決。あらゆるものを加速させる。

広告

吉田竜夫の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府京都市で生まれます。戦後まもなく両親を失います。
絵は独学で学び、地元・京都の新聞社で働いた後東京へ行きます。

漫画家デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.3.6~ 22 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1955.3.6~ 23 172 3 黄色い人 白い犬
1956.3.6~ 24 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1957.3.6~ 25 122 5 白い風 白い鏡
1958.3.6~ 26 227 6 青い手 白い風
1954年頃から挿絵画家・絵物語作家として活動します。その後、漫画家に転向します。

1955年に梶原一騎原作の『鉄腕力也』で漫画家デビューします。

ウェブスペルの色が白色の始め付近に東京に移り、挿絵画家・絵物語作家として活動、その後、漫画家に転向します。

竜の子プロダクション

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.3.6~ 30 127 10 青い手 白い鏡
1963.3.6~ 31 232 11 黄色い人 白い風
1964.3.6~ 32 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1965.3.6~ 33 182 13 白い風 白い犬
1966.3.6~ 34 27 1 青い手 青い手
1962年に弟2人と共にアニメ制作会社「竜の子プロダクション」(タツノコプロ)を設立し、初代社長に就任します。

吉田竜夫は、これ以降漫画執筆から徐々に離れ、アニメに専念します。
タツノコプロの数々の名作アニメの原作を担当。また、後にファイナルファンタジーで有名になった天野嘉孝とともにキャラクターデザインも担当します。

1965年にタツノコプロ単独制作により『宇宙エース』がテレビアニメ第1作としてフジテレビ系列で放送開始。
『宇宙エース』放送以後、1980年中盤までタツノコ制作の多くの作品がフジテレビ系列で放映されます。

ウェブスペルの色が白色の後半にタツノコプロを設立し、初代社長に就任します。
白色の最後の年に『宇宙エース』の放送が開始。これ以降20年ほどタツノコ制作の多くの作品がフジテレビ系列で放映されます。<

続々と放送開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.3.6~ 35 132 2 黄色い人 青い猿
1968.3.6~ 36 237 3 赤い地球 青い鷲
1969.3.6~ 37 82 4 白い風 青い嵐
1970.3.6~ 38 187 5 青い手 青い夜
1971.3.6~ 39 32 6 黄色い人 青い手
1967年に「マッハGoGoGo」の放送が開始。全52話。原作担当。

1969年に「ハクション大魔王」の放送が開始。全52回。原作担当。
ハクション大魔王では、多くのスラップスティックギャグを制作します。

1970年に「いなかっぺ大将」の放送が開始。全104回。原作は川崎のぼる。吉田竜夫は製作を担当。
吉田竜夫が原作の作品と、他の原作者による作品を並行しながら、アニメ制作を続けます。

1970年に「昆虫物語 みなしごハッチ」の放送が開始。全91回。吉田竜夫は製作を担当。
家庭向けメルヘン作品などの他ジャンルのアニメも手掛けます。

ウェブスペルの色が青色の始め頃からタツノコプロの作品が続々と放送開始されます。

SFアクションヒーロー物

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.3.6~ 40 137 7 赤い地球 青い猿
1973.3.6~ 41 242 8 白い風 青い鷲
1974.3.6~ 42 87 9 青い手 青い嵐
1975.3.6~ 43 192 10 黄色い人 青い夜
1976.3.6~ 44 37 11 赤い地球 青い手
1972年に「科学忍者隊ガッチャマン」の放送が開始。全105回。原作担当。
タツノコプロにSFアクションヒーロー物も制作のラインナップに加わります。

1973年に「新造人間キャシャーン」の放送が開始。全35話。原作担当。
1973年に「けろっこデメタン」の放送が開始。全39話。デザイン担当。
1974年に「破裏拳ポリマー」の放送が開始。全26話。原作担当。

1975年に「タイムボカン」の放送開始。全61話。
好評を受け、タイムボカンはシリーズ化されます。1970年代後半から1980年代初頭にかけて高い人気を誇りました。
「ヤッターマン」は最高26.5%という高視聴率を記録しました。

ウェブスペルの色が青色の半ばからSFアクションヒーロー物を手掛けます。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.3.6~ 45 142 12 白い風 青い猿
1977年9月5日に肝臓がんのため死去しました。45歳という若さでした。

遺作となった『ヤッターマン』『一発貫太くん』『風船少女テンプルちゃん』は、没後も最終回まで竜夫の名が製作者としてクレジットされます。
また、カリスマ的な経営者であったようで、吉田の死と前後してタツノコプロからは多くの人材が流出しました。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に病気で亡くなります。

吉田竜夫のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始め付近に東京に移り、挿絵画家・絵物語作家として活動、その後、漫画家に転向します。
白色の後半にタツノコプロを設立し、初代社長に就任します。
白色の最後の年に『宇宙エース』の放送が開始。これ以降20年ほどタツノコ制作の多くの作品がフジテレビ系列で放映されます。

青色の始め頃からタツノコプロの作品が続々と放送開始されます。
青色の半ばからSFアクションヒーロー物を手掛けます。
青色の最期付近に病気で亡くなります。

吉田竜夫の死後、タツノコプロは弟の吉田健二が第2代社長に就任。その後、末弟の九里一平が第3代社長に就任。

2005年にタカラトミーが吉田家からタツノコプロの株式の88%を取得しタカラ傘下になり、吉田家はタツノコプロの経営から去ります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


白井健三
白井健三(しらい けんぞう)は、日本の体操競技選手。「ひねりすぎて気持ち悪い」と内村航平から言われるくらい高い評価を受ける。リオデジャネイロ五輪の体操において団体の優勝に貢献。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin097)

片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む


田尻智
田尻智(たじり さとし)は、ゲームクリエイター。株式会社ゲームフリークの代表取締役社長であり、『ポケットモンスター』の生みの親として知られます。

続きを読む


ベッキー
ベッキーは日本のタレント、女優、歌手。その明るいキャラクターを前面に押し出して、一気にお茶の間の人気者になります。しかし川谷絵音との不倫で芸能活動は一時休止。

続きを読む


ラモス瑠偉
ラモス瑠偉(ラモス ルイ)は、ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者、タレント。選手時代はミッドフィルダーとして活躍。ヴェルディ川崎に所属し3連覇に貢献。引退後はサッカー指導者として活躍。

続きを読む


佐川清
佐川清(さがわ きよし)は、日本の実業家。佐川急便の創業者であり元社主(初代社長・会長)。佐川急便を驚異的な成長をさせる一方で、強引な商法も次々と明らかになります。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

小山ゆう
小山ゆう(こやま ゆう)は、日本の漫画家。代表作は『がんばれ元気』『おーい!竜馬』『あずみ』など。

続きを読む


青山剛昌
青山剛昌(あおやま ごうしょう)は、日本の漫画家。「名探偵コナン」「YAIBA」の作者で知られています。特に「名探偵コナン」はアニメ化、映画化され、現在も続く人気作です。

続きを読む


さくらももこ
さくらももこは、漫画家・作詞家・脚本家。代表作に『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』などあります。初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』は全てミリオンセラーを記録。

続きを読む


高橋留美子
高橋留美子(たかはし るみこ)は、日本の漫画家。代表作に「うる星やつら」や「犬夜叉」などがあります。1980年代以降あだち充とともに週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む


アンパンマン
やなせ たかしさんは、「アンパンマン」の生みの親です。テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」は1988年から放送され今なお続く長寿番組です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事