3,530 views

タレント「笑福亭鶴瓶」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 笑福亭鶴瓶

記事公開日:2016年10月19日
最終更新日:2019年04月12日

笑福亭鶴瓶
出典:wikipedia.org

笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。

笑福亭松鶴の弟子になる前は「あのねのね」のメンバーとしても活動。
『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。
2000年に入ってから落語家としても活動しています。

このページでは笑福亭鶴瓶の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 歌手「さだまさし」の人生を見てみる
→ 笑っていいとも「タモリ」の人生を見てみる

笑福亭鶴瓶の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1951年12月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin44です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 黄色い太陽 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin217
絶対反対kin kin174

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin44の誕生日占いは、知識欲旺盛なタイプです。掘り下げましょう。のめりこみましょう。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。家庭的に苦労しやすい。

広告

笑福亭鶴瓶の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪で5人兄弟の末っ子で生まれる。
京都産業大学経済学部に進学するも中退。
大学で原田伸郎と「あのねのね」のメンバーだったこともある。
後に結婚する玲子夫人は、あのねのねのメンバーだった。

入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.23~ 20 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1972.12.23~ 21 169 13 赤い月 赤い地球
1973.12.23~ 22 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1974.12.23~ 23 119 2 青い嵐 白い鏡

1972年 笑福亭松鶴の11番目の弟子になる
1974年 結婚。仲人は師匠の笑福亭松鶴が務めたが、スピーチの際に「ウチの弟子は13人いてまっけど、こいつが一番アホだ。しまい!」とだけ言い残し、そのまま結婚式場を後にした

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に笑福亭松鶴の弟子になります。この年は黒Kinでした。
白色の始めの年に結婚します。

タレント活動開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.12.23~ 26 174 5 白い魔法使い 白い犬
1978.12.23~ 27 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1981.12.23~ 30 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1982.12.23~ 31 179 10 青い嵐 白い犬
1985.12.23~ 34 234 13 白い魔法使い 白い風

1978年 『ぬかるみの世界』で人気が上昇
1982年 『突然ガバチョ!』の司会で脚光。1985年まで
1986年 東京へ進出

ウェブスペルの色が白色の半ばからタレント活動で人気が上昇。
白色の後半から最後の年まで『突然ガバチョ!』の司会で脚光を浴びます。
白色の最後の年に東京へ進出します。

タレント活動・全国区へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.23~ 35 79 1 青い嵐 青い嵐
1987.12.23~ 36 184 2 黄色の種 青い夜
1994.12.23~ 43 139 9 青い嵐 青い猿
1995.12.23~ 44 244 10 黄色の種 青い鷲

1987年 この年より『笑っていいとも!』木曜日レギュラーを27年間務める
1995年 『鶴瓶の家族に乾杯』放送開始

ウェブスペルの色が青色の始めの年から『笑っていいとも!』木曜日レギュラー
青色の後半から『鶴瓶の家族に乾杯』放送開始

『鶴瓶の家族に乾杯』は元々は「さだまさし」と共演で放送されます。しかし「さだまさし」が多忙の為に番組を降りたそうです。

落語への回帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.12.23~ 50 94 3 白い魔法使い 黄色い人
2002.12.23~ 51 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2003.12.23~ 52 44 5 黄色の種 黄色い太陽
2007.12.23~ 56 204 9 黄色の種 黄色い戦士

2002年 4代目桂文紅にじきじき『子別れ』を稽古を付けてもらったのを機に落語への回帰を強める
2003年 落語の「六人の会」を結成。上方落語協会・理事に就任
2004年 年1回のペースで落語会「夢の三競演 三枚看板 大看板 金看板」を開催。
2008年 上方落語協会・副会長に就任

ウェブウぺルの色が黄色の始め頃から落語への回帰を強めます
黄色の半ばより年1回のペースで落語会を開催します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.12.23~ 66 214 6 白い魔法使い 赤い月
2018.12.23~ 67 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2019.12.23~ 68 164 8 黄色の種 赤い地球
笑福亭鶴瓶の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
67才の時はKin59。行動力があるが思い込みで動いてしまいがちな年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

平常心を保つ。母性能力ある。

笑福亭鶴瓶のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に笑福亭松鶴の弟子になります。

白色の始めの年に結婚します。
白色の半ばからタレント活動で人気が上昇。
白色の後半から最後の年まで『突然ガバチョ!』の司会で脚光を浴びます。
白色の最後の年に東京へ進出します。

青色の始めの年から『笑っていいとも!』木曜日レギュラー
青色の後半から『鶴瓶の家族に乾杯』放送開始
黄色の始め頃から落語への回帰を強めます

黄色の半ばより年1回のペースで落語会を開催します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


マイケル・デル
マイケル・デルは、アメリカの実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。コンピュータ業界初の直販制度で急成長を遂げます。

続きを読む


せんだみつお
せんだみつおは、日本のタレント、コメディアン。1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者。「ナハッナハッ」のギャグで有名。余興で行われる「せんだみつおゲーム」でも有名。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


高橋克実
高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin044)

前田吟
前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


假屋崎省吾
假屋崎省吾(かりやざき しょうご)は、日本のフラワーアーティスト。要人や式典で花の総合プロデュース。花の教室を主宰、個展開催、タレント、本の出版など多岐にわたり活躍しています。

続きを読む


榊原郁恵
榊原郁恵(さかきばら いくえ)は、日本の元アイドルで歌手、タレント。夫は俳優の渡辺徹。「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入り。ドラマやCMや歌手として活躍します。

続きを読む


関連記事 (司会者)

タモリ
タモリは、お笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。1982年から2014年まで31年半「森田一義アワー 笑っていいとも!」を行った国民的タレントです。

続きを読む


マツコ・デラックス
マツコ・デラックスは、女装タレント、司会者。2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、ほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

続きを読む


大橋巨泉
大橋巨泉(おおはし きょせん)は、タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)など多方面で活躍した人物です。1960年から1980年にかけて11PM・クイズダービーなど司会者で活躍します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事