231 views

タレント・カルーセル麻紀の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → カルーセル麻紀

カルーセル麻紀
→ 画像検索はこちら

カルーセル麻紀(カルーセル まき)は、日本のニューハーフタレント。

ニューハーフタレントのさきがけとなった人物。
同輩のマツコ・デラックスや、はるな愛などから絶大な尊敬を集めるレジェンド的な存在。

このページではカルーセル麻紀の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ マツコ・デラックスの誕生日占いと人生
→ タレント・はるな愛の誕生日占いと人生鑑定

カルーセル麻紀の誕生日占い

生年月日:1942年11月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin112(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い蛇 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin149
絶対反対kin kin242

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin112の誕生日占いは、一隅を照らす役割のあるタイプです。センスが良いです。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

カルーセル麻紀の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

北海道釧路市で生まれます。出生名は平原徹男(ひらはら てつお)。
幼少時から女性的趣味嗜好を持っていました。

ゲイバー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.11.26~ 15 127 10 青い手 白い鏡
1958.11.26~ 16 232 11 黄色い人 白い風
1961.11.26~ 19 27 1 青い手 青い手
父と仲が悪く15才の時に釧路の高校を中退し家出。札幌のゲイバーで働き始めます。
19才の時に去勢手術を受けます。
その後、弘前、大阪、銀座のクラブなどに在籍。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に家出をしゲイバーで働き始めます。
青色の始めの年に去勢手術を受けます。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.11.26~ 25 137 7 赤い地球 青い猿
1968.11.26~ 26 242 8 白い風 青い鷲
1969.11.26~ 27 87 9 青い手 青い嵐
25才の時に『愛して横浜』で歌手デビュー。カル―セル麻紀の名付け親は放送作家の新野新。
『11PM』の体験レポーターとしてレギュラー出演。
以後、テレビドラマ、映画に出演し活躍。

ウェブスペルの色が青色の半ばに芸能界入り、歌手、俳優として活躍。

性転換手術

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.11.26~ 30 142 12 白い風 青い猿
1973.11.26~ 31 247 13 青い手 青い鷲
1974.11.26~ 32 92 1 黄色い人 黄色い人
1973年にモロッコで性転換手術を受けます。手術後に40度以上の高熱が続き生死をさまよう。
体調が戻ってから休養しながら1年ほど芸能活動を休業。その後、復帰。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に性転換手術を受け生死をさまよいます。

カル―セル麻紀は芸能界でも友人、親友は多いが、石原裕次郎は麻紀を本物の女性として接していて実妹のようにたいへん可愛がられていたそうです。

逮捕

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.11.26~ 58 222 1 白い風 白い風
2001.11.26~ 59 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2002.11.26~ 60 172 3 黄色い人 白い犬
2001年に大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕。容疑は何れも不起訴となった。
2002年に半生を綴った自伝『私を脱がせて』を出版。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に大麻取締法違反容疑で逮捕。不起訴となった。翌年、自叙伝『私を脱がせて』を出版。

女性になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.11.26~ 62 122 5 白い風 白い鏡
2005.11.26~ 63 227 6 青い手 白い風
2006.11.26~ 64 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
2004年に性同一性障害者特例法施行を受けて性別の変更が認められて戸籍上も女性となり、本名も「平原麻紀」と改名。

ウェブスペルの色が白色の半ばに性同一性障害者特例法施行を受けて女性となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.11.26~ 76 32 6 黄色い人 青い手
2019.11.26~ 77 137 7 赤い地球 青い猿
2020.11.26~ 78 242 8 白い風 青い鷲
カル―セル麻紀の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
76才の時はKin32。物の見かたを客観的にみることに優れている年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

しばし躊躇。戸惑いも小休止。

カル―セル麻紀のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で追っていくと

白色の最後付近に家出をしゲイバーで働き始めます。
青色の始めの年に去勢手術を受けます。
青色の半ばに芸能界入り、歌手、俳優として活躍。
青色の最期付近に性転換手術を受け生死をさまよいます。
2度目の白色の始めの年に大麻取締法違反容疑で逮捕。不起訴となった。翌年、自叙伝『私を脱がせて』を出版。
2度目の白色の半ばに性同一性障害者特例法施行を受けて女性となった。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


佐藤弘道
佐藤弘道(さとう ひろみち)は、日本の体操インストラクター、司会者。『おかあさんといっしょ』の10代目たいそうのおにいさん。愛称は「ひろみちおにいさん」。

続きを読む


森末慎二
森末慎二(もりすえ しんじ)は、日本の元体操競技選手、タレント。1984年のロサンゼルス五輪では金銀銅の3つのメダルを獲得。引退後はテレビタレントとして活動。

続きを読む


舞の海秀平
舞の海秀平(まいのうみ しゅうへい)は元大相撲力士。最高位は東小結。現役時代は多彩な技で「平成の牛若丸」、「技のデパート」とも呼ばれファンを楽しませます。

続きを読む


笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin112)

宮本茂
宮本茂(みやもと しげる)は、ゲームプロデューサー。スーパーマリオシリーズやゼルダの伝説シリーズ、ドンキーコングシリーズの生みの親として知られます。

続きを読む


広瀬すず
広瀬すず(ひろせ すず)は日本の女優、ファッションモデル。 姉は女優の広瀬アリス。2019年4月より連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』でヒロインを務めます。

続きを読む


相田みつを
相田みつを(あいだ みつを)は、日本の詩人・書家です。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られます。書の詩人、いのちの詩人とも称されます。詩集『にんげんだもの』が有名です。

続きを読む


川端康成
川端康成(かわばた やすなり)は、日本の小説家であり、日本初のノーベル文学賞の受賞者です。近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人です。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

川合俊一
川合俊一(かわい しゅんいち)は、日本のタレント。バレーボール選手として日本男子バレーボール界をリード。引退後はプロビーチバレー選手に転身。ビーチバレーの楽しさを伝えようとタレントとして活動。

続きを読む


久本雅美
久本雅美(ひさもと まさみ) は、日本のお笑いタレント、コメディエンヌ、司会者、女優。笑っていいとも!では17年半レギュラーを務めました。

続きを読む


宮崎美子
宮崎美子(みやざき よしこ)は、日本の女優、タレント。大学時代にカメラのCMで大きな話題を呼びます。その後、女優としての才能を開花させます。知識が豊富で「Qさま!!」で活躍しています。

続きを読む


ジミー大西
ジミー大西(ジミーおおにし)は、日本のお笑いタレント、画家。明石家さんまの付き人として才能を開花。数々の一発ギャグを身に着けていきます。人気絶頂の時に芸能界から引退し画家に転身。

続きを読む


ユースケ・サンタマリア
ユースケ・サンタマリアは、日本の俳優、タレント、司会者、歌手。愛称はユースケ。『踊る大捜査線』の真下正義役および「『ぷっ』すま」で活躍します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事