1,792 views

タレント・勝俣州和の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 勝俣州和

記事公開日:2018年04月19日
最終更新日:2021年01月08日

勝俣州和
→ 画像検索はこちら

勝俣州和(かつまた くにかず)は、日本のお笑いタレント、俳優。元アイドルでCHACHAのメンバー

テレビ番組には年中、七分丈ズボンを履いて出演することで知られます。

このページでは、勝俣州和(かつまた くにかず)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

勝俣州和の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1965年3月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin188です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 青い夜 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin73
絶対反対kin kin58

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin188の誕生日占いは、生みの苦しみを知っているタイプです。あきらめの大切さを知りましょう。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

勝俣州和の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

宮城県仙台市生まれ、静岡県御殿場市育ち。

CHA-CHA

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.3.12~ 22 158 2 白い鏡 赤い地球
1988.3.12~ 23 3 3 青い夜 赤い竜
1989.3.12~ 24 108 4 黄色い星 赤い蛇
1988年に日本テレビの『欽きらリン530!!』のオーディションにて萩本欽一に見出されます。
同番組にてアイドルグループ『CHA-CHA(チャチャ)』が勝俣州和、中村亘利、松原桃太郎、西尾拓美の4名で結成。
1989年に冠番組となる『CHA-CHAワールド』に出演。音楽番組に出演しアイドルとして活動します。1990年頃までは俳優としても活動します。

ウェブスペルの色が赤色の始めころにオーディションにて萩本欽一に見出されます。アイドルグループ『CHA-CHA』として活躍します。

K2

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.3.12~ 26 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1992.3.12~ 27 163 7 青い夜 赤い地球
1994.3.12~ 29 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1995.3.12~ 30 218 10 白い鏡 赤い月
1996.3.12~ 31 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1992年に『CHA-CHA』は解散。同年、堀部圭亮と共にお笑いユニット『K2』を結成。

『K2』で『笑っていいとも!』に1992年から1994年まで出演。
バラエティ番組を中心に活動します。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『CHA-CHA』解散、その後、お笑いユニット『K2』を結成。
赤色の後半に『笑っていいとも!』に出演

バラエティ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.3.12~ 31 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1997.3.12~ 32 168 12 黄色い星 赤い地球
2000.3.12~ 35 223 2 青い夜 白い風
2001.3.12~ 36 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
『K2』で1996年より『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』に出演。
クイズ番組への出演も多くなります。
2001年に『K2』は解散

ウェブスペルの色が白色の始めころに『K2』は解散します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.12~ 37 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2003.3.12~ 38 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2004.3.12~ 39 123 6 青い夜 白い鏡
私生活では独身時代が長く番組の企画として取り上げられることが多かったのですが、2002年に結婚。2児に恵まれます。
番組の企画で本上まなみとのデート企画が行われ正式交際寸前までいったが成功しなかったこともありました。

ウェブスペルの色が白色の前半に結婚し、2児に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.12~ 55 243 9 青い夜 青い鷲
2021.3.12~ 56 88 10 黄色い星 青い嵐
2022.3.12~ 57 193 11 赤い空歩く人 青い夜
勝俣州和の現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
55才の時はKin243。集中したときに能力を発揮し、夢を他のひとへ与えれる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

勝俣州和のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

赤色の始めころにオーディションにて萩本欽一に見出されます。アイドルグループ『CHA-CHA』として活躍します。
赤色の半ばに『CHA-CHA』解散、その後、お笑いユニット『K2』を結成。
赤色の後半よりバラエティ番組を中心に活動します。
白色の始めころに『K2』は解散。ピンで活動します。
白色の前半に結婚し、2児に恵まれます。

ゲストとしても多数のバラエティー番組に出演。出川哲朗や月亭方正やふかわりょうなどと同様、共演者を選ばない名バイプレイヤーとして活躍しています。

80年代アイドルでタレントの西村知美はCHA-CHAのメンバーの西尾拓美と1997年に結婚しました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin188)

森昌子
森昌子(もり まさこ)は、演歌歌手・女優。『スター誕生!』に出場し初代グランドチャンピオンとなり芸能界デビュー。アイドル歌手でしたが、数年して本格的な演歌歌手への道を歩み始めます。

続きを読む


辰野金吾
辰野金吾(たつの きんご)は、日本の建築家。代表作に東京駅や日本銀行本店などあります。日本の近代建築の父ともいわれる人物です。

続きを読む


広岡浅子
朝の連ドラ「あさが来た」の「白岡あさ」は実在した人物で実業家の広岡浅子です。鉱山を経営、銀行を設立、大同生命創業に参画、日本女子大学校設立など明治時代を中心に活躍しました。

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


鈴井貴之
鈴井貴之(すずい たかゆき)は、北海道を中心に活動するタレント、映画監督、放送作家。愛称はミスター。出演・企画・構成をした「水曜どうでしょう」は全国的な人気を獲得。

続きを読む


関連記事 (タレント)

みうらじゅん
みうらじゅんは、日本の漫画家、イラストレーター。長髪、サングラスでメディアに出演。「クソゲー」「マイブーム」「ゆるキャラ」などの造語を作り定着。ヘタウマな作風がうけます。

続きを読む


大竹まこと
大竹まこと(おおたけ まこと)は、日本のお笑いタレント。3人でシティボーイズを結成。眼鏡とヒゲが特徴的。ピンで活動することが多くなり、若かりし頃は暴走キャラクターを芸風としていました。

続きを読む


剛力彩芽
剛力彩芽(ごうりき あやめ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。2012年ころにCMやドラマの主演作が急増。『奇跡体験!アンビリバボー』の4代目MC。近年は実業家の前澤友作氏と交際、破局。

続きを読む


梅沢富美男
梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。

続きを読む


志村けん
志村けんは、コメディアン、お笑いタレント、司会者。ザ・ドリフターズのメンバー。ドリフの付き人から始まり、正式メンバーになり、8時だよ全員集合が終了したあと冠番組を持ちます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ