1,141 views

タレント・室井佑月の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 室井佑月

記事公開日:2020年09月19日
最終更新日:2021年04月13日

室井佑月
出典:wikimedia.org

室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。

モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。
その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

このページでは、室井佑月(むろい ゆづき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

室井佑月の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1970年2月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin180です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い犬 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin81
絶対反対kin kin50

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin180の誕生日占いは、多くの才能に恵まれているタイプです。内面を満たそう。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

室井佑月の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

青森県八戸市出身。
製薬会社のMRの父と元ホステスの母の間に誕生。本名は非公開。
父は愛人を作り、以来母子家庭で育ちます。

高校卒業後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.2.27~ 18 250 3 白い犬 黄色い星
1989.2.27~ 19 95 4 青い鷲 黄色い人
1990.2.27~ 20 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
栃木県立石橋高等学校を卒業。
その後、ミス栃木、モデル、女優、レースクイーン、銀座のクラブホステスなど様々な職業に就きます。

ウェブスペルの色が黄色の前半よりミス栃木、モデル、女優、レースクイーン、銀座のクラブホステスなど様々な職業に就きます。

文筆活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.2.27~ 27 155 12 青い鷲 黄色の種
1998.2.27~ 28 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1997年に小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.2.27~ 29 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2000.2.27~ 30 210 2 白い犬 赤い月
2001.2.27~ 31 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1999年に作家の高橋源一郎と結婚。2000年には長男が誕生。
2001年に高橋源一郎と離婚。高橋の複数の女性との不倫が原因でした。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に高橋源一郎と結婚し長男に恵まれますが、その後離婚。

コメンテーター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.2.27~ 35 215 7 青い鷲 赤い月
2006.2.27~ 36 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2007.2.27~ 37 165 9 赤い蛇 赤い地球
2005年に膵臓に腫瘍が見つかり、膵臓の3分の2と脾臓の摘出手術。
2006年より平日夕方のニュース番組『FNNスーパーニュースアンカー』で水曜レギュラー。
同年、TBS平日昼の情報・ワイド番組『ピンポン!』で木曜レギュラー。

その後もテレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。
『中居正広の金曜日のスマたちへ』のレギュラー。『ひるおび!』の木曜レギュラー(2009年からピンポン!から続投)などに出演。

ウェブスペルの色が赤色の後半からテレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.27~ 49 125 8 赤い蛇 白い鏡
2020.2.27~ 50 230 9 白い犬 白い風
2019年に乳癌の手術を受け『ひるおび!』でテレビに復帰。
2020年5月に元新潟県知事の米山隆一と再婚。

ウェブスペルの色が白色の後半に元新潟県知事の米山隆一と再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.2.27~ 50 230 9 白い犬 白い風
2021.2.27~ 51 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2022.2.27~ 52 180 11 黄色い太陽 白い犬
室井佑月の現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
51才の時はKin75。心根が素直ですが葛藤が多いです。分析力に優れている年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

相手の非ではなく自分の非を認めなさい。

室井佑月のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の前半よりミス栃木、モデル、女優、レースクイーン、銀座のクラブホステスなど様々な職業に就きます。
黄色の最後付近に小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。
赤色の始めの年に高橋源一郎と結婚し長男に恵まれますが、その後離婚。
赤色の後半からテレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。
白色の後半に元新潟県知事の米山隆一と再婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


知念里奈
知念里奈(ちねん りな)は、日本の歌手、女優。夫は俳優・井上芳雄。幼少の頃から沖縄アクターズスクールでレッスンを受けます。その後、女優、歌手としてデビュー。Wingは自身最大のヒット曲。歌手活動が減ってから舞台を中心に活動。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin180)

古関裕而
古関裕而(こせき ゆうじ)は、日本の作曲家。数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれた人物。作曲した曲は5千曲に及ぶ。2020年の連続テレビ小説「エール」の主人公は古関がモデル。

続きを読む


芳村真理
芳村真理(よしむら まり)は、女優、タレント、司会者。1980年代の大型番組の司会を長年にわたり務め、大物女性司会者として活躍しました。

続きを読む


相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


関連記事 (タレント)

野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む


鈴井貴之
鈴井貴之(すずい たかゆき)は、北海道を中心に活動するタレント、映画監督、放送作家。愛称はミスター。出演・企画・構成をした「水曜どうでしょう」は全国的な人気を獲得。

続きを読む


マツコ・デラックス
マツコ・デラックスは、女装タレント、司会者。2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、ほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

続きを読む


関連記事 (作家)

さだまさし
さだまさしさんは、シンガーソングライター、タレント、小説家。トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートなど大きな魅力とされている。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


J・K・ローリング
J・K・ローリングは、イギリスの小説家。『ハリーポッターシリーズ』の作者であり、世界で4億冊以上を出版。史上最も売れたシリーズ作品です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ