765 views

タレント・小倉優子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 小倉優子

記事公開日:2019年03月13日
最終更新日:2019年11月15日

小倉優子
→ 画像検索はこちら

小倉優子(おぐら ゆうこ)は日本のバラエティタレント、グラビアアイドル。通称は「ゆうこりん」

こりん星からやってきたと特異な発言でバラエティ番組で重宝されます。その後、こりん星を卒業。
結婚後はママタレとしてを地位を得たが、夫の不倫、離婚、再婚と目まぐるしい人生を歩んでいます。

このページでは小倉優子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

小倉優子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1983年11月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

小倉優子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

千葉県茂原市で生まれます。家族は両親に兄と弟の3人兄弟。
通称の「ゆうこりん」は中学時代のニックネーム。

こりん星

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.11.1~ 18 42 3 白い風 黄色い太陽
2002.11.1~ 19 147 4 青い手 黄色の種
高校時代の2001年頃に芸能事務所にスカウト。男性グラビア誌で芸能界デビュー。グラビアの仕事を続けます。
2002年に日テレジェニックに選出。日テレジェニックとは日本テレビをPRするイメージガールプロジェクト。
この頃から創作した「こりん星のりんごももか姫」が徐々に注目され、関連商品も売れテレビ・ラジオの仕事が増え始めます。

ウェブスペルの色が黄色の前半に芸能界デビュー。「こりん星のりんごももか姫」が徐々に注目されます。

笑っていいとも!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.11.1~ 21 97 6 赤い地球 黄色い人
2005.11.1~ 22 202 7 白い風 黄色い戦士
2006.11.1~ 23 47 8 青い手 黄色い太陽
2004年頃からバラエティ番組への出演が増え、特異なキャラクターが知られます。
2005年より「笑っていいとも!」の金曜日レギュラーに抜擢。

ウェブスペルの色が黄色の半ばより「笑っていいとも!」の金曜日レギュラーに抜擢

「こりん星」卒業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.11.1~ 24 152 9 黄色い人 黄色の種
2008.11.1~ 25 257 10 赤い地球 黄色い星
2009.11.1~ 26 102 11 白い風 黄色い人
2007年に『ダイヤモンドZAi』で株式投資に挑戦の連載企画として継続された。

「こりん星」のキャラクターに行き詰まりを感じていた頃に、有吉弘行から「うその限界」というあだ名を付けられた。
これが 2009年に「こりん星」卒業のきっかけになった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に「こりん星」卒業。

結婚・出産

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.11.1~ 27 207 12 青い手 黄色い戦士
2011.11.1~ 28 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2012.11.1~ 29 157 1 赤い地球 赤い地球
2011年に美容師の菊池勲と結婚。
2012年に第1子男児を出産。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に美容師の菊池勲と結婚

離婚・再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.11.1~ 33 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2017.11.1~ 34 162 6 白い風 赤い地球
2018.11.1~ 35 7 7 青い手 赤い竜
2016年に第2子男児を出産。
2016年に小倉の夫・菊池勲と後輩タレント馬越幸子の不倫が報道。
2017年に不倫騒動を起こし別居中の夫と離婚。
2018年12月に一般男性と再婚。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに離婚。その翌年に一般男性と再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.11.1~ 35 7 7 青い手 赤い竜
2019.11.1~ 36 112 8 黄色い人 赤い蛇
2020.11.1~ 37 217 9 赤い地球 赤い月
小倉優子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
36才の時はKin112。一隅を照らす役割のある年です。センスが良いです。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

失うことは与えること。マイナスをプラスに。

小倉優子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の前半に芸能界デビュー。「こりん星のりんごももか姫」が徐々に注目されます。
黄色の半ばより「笑っていいとも!」の金曜日レギュラーに抜擢
黄色の最後付近に「こりん星」卒業。その後、美容師の菊池勲と結婚
赤色の半ばに離婚。その翌年に一般男性と再婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河相我聞
河相我聞(かあい がもん)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。昼ドラ『天までとどけ』にレギュラー出演。1990年代は人気を博します。その後、『ラーメン我聞』をオープンさせますが不祥事で廃業。

続きを読む


いしだ壱成(いしだ いっせい)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は俳優の石田純一。俳優としてデビューし中性的な演技で「フェミ男」と呼ばれ注目を集めた。

続きを読む


相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は東関脇(2020年1月場所)。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


飯島直子
飯島直子は日本のタレント、女優です。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイク。「癒し系女優」として人気が上昇し数多くのドラマに出演しました。

続きを読む


ジェームズ・クック
ジェームズ・クックは、イギリスの海軍士官、海洋探検家、海図製作者。太平洋で3回の航海を行いハワイ諸島を発見。航海の途上、ハワイ島で先住民との争いによって亡くなります。

続きを読む


いかりや長介
いかりや 長介さんはザ・ドリフターズのリーダー。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」で一世を風靡し、その後は俳優、タレントとして活躍しました。

続きを読む


岩垂邦彦
岩垂邦彦(いわだれ くにひこ)は、日本の実業家。日本電気株式会社(NEC)の創業者。

続きを読む


関連記事 (タレント)

萩本欽一
萩本欽一は、コメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー、演出家。1970年代から活躍。コント55号で人気に火がつき、その後ピンでコメディアンとして活躍しました。

続きを読む


辰巳琢郎
辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。

続きを読む


AKB総選挙で第1回(2009年)から第7回(2015年)まで7位以内に入っているメンバーのうちAKBを卒業または見込みの方。前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、高橋みなみ,小嶋陽菜の6名で行っています。

続きを読む


美保純
美保純(みほ じゅん)は、日本の女優、タレント、コメンテーター。日活ロマンポルノの女優としてデビュー。親しみやすいキャラクターで人気を博し、映画、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事