287 views

トップランナー・益子直美の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 益子直美(ますこ なおみ)

益子直美
→ 画像検索はこちら

益子直美(ますこ なおみ)は、日本のタレント、元バレーボール全日本代表選手。

『トップランナー』の司会を大江千里と共に務めます。近年はバレーボールの指導者として現場に復帰。

このページでは益子直美(ますこ なおみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

益子直美の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1966年5月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin102です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い人 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin159
絶対反対kin kin232

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin102の誕生日占いは、機転が利き、回転の早いタイプです。体が弱い面もあります。過度な欲望を持つな。苦労性。

広告

益子直美の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。
アニメ『アタックNo.1』の影響でバレーボールを中学から始めます。

高校時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.5.20~ 16 222 1 白い風 白い風
1983.5.20~ 17 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1984.5.20~ 18 172 3 黄色い人 白い犬
1982年に地元の共栄学園高等学校に進学。
1984年の第15回春高バレーで準優勝。
高校3年の時に全日本代表メンバー入り。大林素子らと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻。

ウェブスペルの色が白色の前半に全日本代表メンバー入り。

イトーヨーカドー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.5.20~ 24 22 9 白い風 白い魔法使い
1991.5.20~ 25 127 10 青い手 白い鏡
1992.5.20~ 26 232 11 黄色い人 白い風
高校を卒業しイトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。
1990年に第23回日本リーグで初優勝に貢献。
1991年度にイトーヨーカドー女子バレーボール部の主将をつとめます。

実業団および全日本代表として活躍しますがオリンピックには出場できませんでした。
1992年に現役を引退。

ウェブスペルの色が白色の後半にイトーヨーカドー女子バレー部が日本リーグで初優勝に貢献。
白色の最後付近に現役を引退。

タレントに転身

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.5.20~ 27 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1994.5.20~ 28 182 13 白い風 白い犬
1995.5.20~ 29 27 1 青い手 青い手
現役引退後にイトーヨーカドーアシスタントコーチをつとめ1993年に退社。タレントに転身します。
1994年に「Victory ~戦う勇者たちへ~」で歌手デビュー。当時のTBSテレビ『ニュースの森』のエンディング曲に使われます。
1996年にテレビ朝日のアトランタオリンピック関連のメインキャスターを務めます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にタレントに転身。

トップランナー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.5.20~ 31 237 3 赤い地球 青い鷲
1998.5.20~ 32 82 4 白い風 青い嵐
1999.5.20~ 33 187 5 青い手 青い夜
1997年より2001年までNHK『トップランナー』の司会を大江千里と共に務めます。

ウェブスペルの色が青色の前半よりNHK『トップランナー』の司会を大江千里と共に務めます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.5.20~ 36 242 8 白い風 青い鷲
2005.5.20~ 39 37 11 赤い地球 青い手
2006.5.20~ 40 142 12 白い風 青い猿
2002年にテレビの取材で知り合った12歳年下の自転車ロードレーサー・山本雅道と約1年半の交際期間を経て2006年に結婚。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に自転車ロードレーサー・山本雅道と結婚。

不妊治療

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.5.20~ 42 92 1 黄色い人 黄色い人
2009.5.20~ 43 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2010.5.20~ 44 42 3 白い風 黄色い太陽
42才から不妊治療を行い、45才の誕生日で卒業した。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に不妊治療を行います。

バレーボールの現場に復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.5.20~ 49 47 8 青い手 黄色い太陽
2016.5.20~ 50 152 9 黄色い人 黄色の種
2018.5.20~ 52 102 11 白い風 黄色い人
2015年10月より淑徳大学バレーボール部監督に就任。23年ぶりに現場復帰となった。
監督就任前は6部リーグで低迷していたが2年で4部リーグに浮上させた。
監督就任中の50才の時に少しの運動で息切れをし病院を受診。心房細動と診断。2時間半におよぶ手術を受け2カ月後に監督に復帰。

2019年1月13日に「益子直美カップ小学生バレーボール大会」で「監督が絶対怒らない」が話題。

ウェブスペルの色が黄色の後半にバレーボールの現場に復帰。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.5.20~ 53 207 12 青い手 黄色い戦士
2020.5.20~ 54 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2021.5.20~ 55 157 1 赤い地球 赤い地球
益子直美の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
53才の時はKin207。人に癒しをもたらすことができる年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

お先真っ暗でも時が解決する。

益子直美のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半に全日本代表メンバー入り。
白色の後半にイトーヨーカドー女子バレー部の日本リーグで初優勝に貢献。
白色の最後付近に現役を引退。タレントに転身。
青色の前半よりNHK『トップランナー』の司会を大江千里と共に務めます。
青色の最期付近に自転車ロードレーサー・山本雅道と結婚。
黄色の後半にバレーボールの現場に指導者として復帰。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

柳葉敏郎
柳葉敏郎(やなぎば としろう)は、日本の俳優、歌手、タレント。一世風靡セピアのメンバー。解散後は俳優としてトレンディドラマに多く出演。『踊る大捜査線』シリーズに室井慎次役で出演し当たり役となった。

続きを読む


杏
杏(あん)は、日本の女優、ファッションモデル。モデルとしてデビュー。その後、女優としてデビュー。朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でオーディションなしで主役に抜擢。父は俳優の渡辺謙。夫は俳優の東出昌大。

続きを読む


井上順
井上順(いのうえ じゅん)は、日本のタレント、歌手、俳優。元ザ・スパイダースのメンバー。堺正章とはザ・スパイダース時代からのお付き合い。長年、芳村真理と『夜のヒットスタジオ』で司会を勤めたのでも有名。

続きを読む


村上龍
村上龍(むらかみ りゅう)は、日本の小説家、映画監督、脚本家。『限りなく透明に近いブルー』でデビュー。芥川賞を受賞。テレビ東京『カンブリア宮殿』では司会を担当。

続きを読む


和久井映見
和久井映見(わくい えみ)は、日本の女優、元歌手。元夫は俳優の萩原聖人。スカウトを受け芸能界入り。1990年代前半は数々の映画の賞を受賞。1990年代後半は数々のドラマで主演し高視聴率を獲得。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin102)

朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は東関脇(2020年1月場所)。

続きを読む


林修
林 修(はやし おさむ)は、東進予備校の講師。担当は現代文。「いつやるか? 今でしょ!」は2013年に「新語・流行語大賞」の年間大賞と2013年度ネット流行語大賞金賞を受賞した。

続きを読む


柴田錬三郎
柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)は、日本の小説家。歴史小説に新風を送った人物。戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。亡くなった後に業績をたたえ柴田錬三郎賞が創設。

続きを読む


長谷川町子
長谷川町子さんは、日本初の女性プロ漫画家として知られています。代表作のサザエさんは1969年から放送されたアニメ長寿番組で平均視聴率が20%前後と非常に高い国民的な番組です。

続きを読む


松下由樹
松下由樹(まつした ゆき)は、日本の女優。映画『アイコ十六歳』のオーディションに合格し女優デビュー。ドラマ『ナースのお仕事』で準主演。バラエティ『ココリコミラクルタイプ』にレギュラー出演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

平野ノラ
平野ノラ(ひらの ノラ)は日本の女性お笑いタレント。大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ、大きな携帯電話のバブリーキャラでブレイクした人物です。

続きを読む


ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシは日本のお笑いタレント、俳優。数回のコンビ結成・解散を経てピン芸人に転身。『アメトーク』で自らプレゼンした「越中詩郎大好き芸人」で一躍売れっ子芸人の仲間入りを果たします。

続きを読む


竹中直人
竹中直人(たけなか なおと)は、日本の俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手。コメディアンとして活動、並行し俳優活動を行います。大河ドラマ『秀吉』で秀吉役が当たり役となります。

続きを読む


古坂大魔王
古坂大魔王(こさかだいまおう)は、日本のお笑いタレント、DJ、音楽プロデューサー。2016年に「ピコ太郎」に扮して『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)で世界的にブレイク。翌年にタレントの安枝瞳と結婚。

続きを読む


いとうまい子
いとうまい子(いとう まいこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ミスマガジンコンテストで初代グランプリを受賞。ドラマ『不良少女とよばれて』でヒロイン・曽我笙子役を演じ高視聴率を記録。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事