376 views

ドラえもんのうた・大杉久美子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大杉久美子

記事公開日:2021年06月08日
最終更新日:2021年12月16日

大杉久美子
→ 画像検索はこちら

大杉久美子(おおすぎ くみこ)は、日本の歌手。

『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。
1970年代後半には「アニソン四天王」と呼ばれるまで活躍。

このページでは、大杉久美子(おおすぎ くみこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大杉久美子(おおすぎ くみこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1951年7月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin138です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い猿 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin123
絶対反対kin kin8

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin138の誕生日占いは、自分と人の世界の調和を重んじるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

大杉久美子(おおすぎ くみこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。大杉久美子は本名。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.7.10~ 12 98 7 白い鏡 黄色い人
1964.7.10~ 13 203 8 青い夜 黄色い戦士
1965.7.10~ 14 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1964年に柴山モモ子(しばやま ももこ)の芸名で歌手としてデビュー。同年、ミスクラウンコンテスト優勝。
その後、環ルナ(たまき ルナ)に芸名を変えますがヒット曲に恵まれませんでした。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに歌手デビュー。しかしヒット曲に恵まれませんでした。

アタックNo.1

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.10~ 18 208 13 黄色い星 黄色い戦士
1970.7.10~ 19 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1971.7.10~ 20 158 2 白い鏡 赤い地球
精華学園高等学校を卒業。
1969年に『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット曲となった。

ウェブスペルの色が赤色に変わり『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。

世界名作劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.10~ 22 108 4 黄色い星 赤い蛇
1974.7.10~ 23 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1975.7.10~ 24 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1973年に『ジャングル黒べえ』『エースをねらえ!』のOP主題歌。
1974年に『アルプスの少女ハイジ』のOP主題歌。
1975年に『母をたずねて三千里』のOP主題歌。世界名作劇場の1作目。
以降、世界名作劇場の『あらいぐまラスカル』『ペリーヌ物語』のOP主題歌を担当。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『アルプスの少女ハイジ』や世界名作劇場のOP主題歌を担当。

アニソン四天王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.7.10~ 28 218 10 白い鏡 赤い月
1980.7.10~ 29 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1981.7.10~ 30 168 12 黄色い星 赤い地球
1979年にアニメ『ドラえもん』のOP曲『ドラえもんのうた』を担当。
1979年12月時点でヒット賞を7回受賞。
1970年代は、ささきいさお堀江美都子水木一郎とともに、1970年代には「アニソン四天王」として活躍。

ウェブスぺルの色が赤色の後半には「アニソン四天王」として活躍。

歌声が変化

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.7.10~ 35 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1987.7.10~ 36 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1988.7.10~ 37 123 6 青い夜 白い鏡
透き通る声が特徴でしたが出産を経た1980年代後半以降は歌声が変化。
1986年の映画『ドラえもん のび太と鉄人兵団』のOP曲を担当。

ウェブスペルの色が白色の前半に出産を経て歌声が変化。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.7.10~ 69 103 12 青い夜 黄色い人
2021.7.10~ 70 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2022.7.10~ 71 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
大杉久美子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
70才の時はKin208。人に好かれているのに孤立している年です。センスが良いです。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

お先真っ暗でも時が解決する。

大杉久美子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに歌手デビュー。しかしヒット曲に恵まれませんでした。
赤色に変わり『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。
赤色の半ばに『アルプスの少女ハイジ』や世界名作劇場のOP主題歌を担当。
赤色の後半には「アニソン四天王」として活躍。
白色の前半に出産を経て歌声が変化。

近年は堀江美都子が部長を務める『アニソン女子部』で顧問として活躍。
地域のコンサートなどに出演しています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

舛添要一
舛添要一(ますぞえ よういち)は、日本の国際政治学者、元政治家。参院選に自民党比例区から出馬し当選。2期務めます。第8-10代厚生労働大臣。第19代東京都知事。公私混同の問題で都知事を辞任。国際政治学者としての活動を再開。

続きを読む


細野晴臣
細野晴臣(ほその はるおみ)は、日本のミュージシャン。エイプリル・フールのベースとしてメジャーデビュー。イエロー・マジック・オーケストラを結成。テクノブームを巻き起こします。

続きを読む


小林旭
小林旭(こばやし あきら)は、日本の俳優、歌手。日活ニューフェイスに合格し映画デビュー。日活の黄金期を支えます。その後東映に移籍。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演。シングル『熱き心に』は大ヒットし若い世代にも名を知られます。

続きを読む


大瀧詠一
大瀧詠一(おおたき えいいち)は、日本のミュージシャン。「はっぴいえんど」を結成し和製ポップス史に大きな影響を与えます。解散後は自身のレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。通算14作目のシングル「幸せな結末」は大ヒット。

続きを読む


角田晃広
角田晃広(かくた あきひろ)は、日本のお笑いタレント・俳優。お笑いトリオ・プラスドライバーとして活動後、豊本明長と飯塚悟志と東京03を結成。俳優として活動しドラマ『半沢直樹』などに出演。俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin138)

松平容保
松平容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代幕末の大名。会津藩の最後の藩主。京都守護職につき京都の治安を守る。大政奉還後に朝敵とされ会津戦争で敗北。蟄居後に日光東照宮の宮司に就任。

続きを読む


正力松太郎
正力松太郎(しょうりき まつたろう)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。読売新聞社の経営者として、新聞部数拡大に成功した、読売中興の祖です。

続きを読む


加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


関連記事 (歌手)

吉川晃司
吉川晃司(きっかわ こうじ)は、日本のロックミュージシャン、俳優。歌手デビューと同時に映画デビュー。その後、布袋寅泰と「COMPLEX」を結成。2000年を過ぎてから俳優としての活動を増やします。

続きを読む


松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


細川たかし
細川たかし(ほそかわ たかし)は、日本の演歌歌手。「心のこり」でデビューし大ヒット。「欽ちゃんのどこまでやるの!」にレギュラー入り。「北酒場」「矢切の渡し」などが大ヒットします。

続きを読む


松山千春
松山千春(まつやま ちはる)は、日本の歌手。北海道出身。代表曲に「大空と大地の中で」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」などあります。

続きを読む


イルカ
イルカは、日本のフォークシンガー、絵本作家。代表曲に「なごり雪」「雨の物語」。住友生命のCMソングの「みんな同じ生きているから・・」で始まる『まあるいいのち』でも知られます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ