246 views

バイプレーヤー・渡辺いっけいの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡辺いっけい

渡辺いっけい
→ 画像検索はこちら

渡辺いっけい(わたなべ いっけい)は、日本の俳優。

大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。
朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。

このページでは、渡辺いっけい(わたなべ いっけい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡辺いっけいの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1962年10月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin102です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い人 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin159
絶対反対kin kin232

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin102の誕生日占いは、機転が利き、回転の早いタイプです。体が弱い面もあります。過度な欲望を持つな。苦労性。

広告

渡辺いっけいの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛知県豊川市出身。本名は渡辺一惠(わたなべ かずよし)。

劇団☆新感線

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.10.27~ 19 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1982.10.27~ 20 122 5 白い風 白い鏡
1983.10.27~ 21 227 6 青い手 白い風
地元の高校を卒業し大阪芸術大学に進学。
大学在学中の1983年に当時学生劇団だった劇団☆新感線に参加。
漫画家志望の時期もあり雑誌『ビックリハウス』の常連投稿者。ペンネームの「渡辺 いっけい」は後に芸名となった。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。

状況劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.10.27~ 22 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1985.10.27~ 23 177 8 赤い地球 白い犬
1986.10.27~ 24 22 9 白い風 白い魔法使い
大阪芸術大学を卒業し上京。
1985年に状況劇場に入団。状況劇場の舞台に多数出演。
1988年に退団。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。

ひらり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.10.27~ 30 132 2 黄色い人 青い猿
1993.10.27~ 31 237 3 赤い地球 青い鷲
1994.10.27~ 32 82 4 白い風 青い嵐
状況劇場を退団後も舞台を中心にテレビドラマに出演し活動の場を広げます。
1990年に大河ドラマ『翔ぶが如く』に中原尚雄役で出演。
1991年に所属事務所はイイジマルームとなった。

1993年に朝の連続ドラマ『ひらり』に医師・安藤竜太役。人気を博します。
以降、数々の作品に出演。各局連続ドラマの常連バイプレーヤーに成長します。

ウェブスペルの色が青色の始めころに朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。

青年座映画放送

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.10.27~ 52 102 11 白い風 黄色い人
2015.10.27~ 53 207 12 青い手 黄色い戦士
2016.10.27~ 54 52 13 黄色い人 黄色い太陽
所属事務所のイイジマルームには2015年まで所属。2016年から青年座映画放送に所属となった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に青年座映画放送に移籍。

映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.10.27~ 57 107 3 青い手 赤い蛇
2020.10.27~ 58 212 4 黄色い人 赤い月
2020年に映画『いつくしみふかき』で主演。渡辺いっけいの映画初主演作となった。

ウェブスペルの色が赤色の前半に映画『いつくしみふかき』で映画初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.10.27~ 58 212 4 黄色い人 赤い月
2021.10.27~ 59 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2022.10.27~ 60 162 6 白い風 赤い地球
渡辺いっけいの現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
59才の時はKin57。困難なこともポジティブに乗り越えることが出来る年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

平常心を保つ。母性能力ある。

渡辺いっけいのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。
青色の始めころに朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。
黄色の最後付近に青年座映画放送に移籍。
赤色の前半に映画『いつくしみふかき』で映画初主演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

田村裕
田村裕(たむら ひろし)は、日本のお笑いタレント、作家。お笑いコンビ・麒麟のツッコミ担当。自伝『ホームレス中学生』は200万部以上売れ、多数のメディアミックス化され一世を風靡。しかしブームが過ぎ去って以降は露出が激減。

続きを読む


若林正恭
若林正恭(わかばやし まさやす)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・オードリーのツッコミ担当。2008年のM-1グランプリで2位となりブレイク。2012年ころからピンでの活動が増え番組司会を行うことが多くなった。

続きを読む


青木崇高
青木崇高(あおき むねたか)は、日本の俳優。妻はタレントの優香。映画『マッスルヒート』で俳優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家・徒然亭草々役を演じ知名度UP。

続きを読む


川島明
川島明(かわしま あきら)は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・麒麟のボケでネタ作り担当。2014年ころからピンでの活動も増え2019年には朝の連続テレビ小説『なつぞら』に出演。

続きを読む


橋爪功
橋爪功(はしづめ いさお)は、日本の俳優。演劇集団『円』の代表。舞台『スカパンの悪だくみ』で一躍演劇界のスターとなった。テレビドラマでは若いころは脇役の悪役が多く、主演を行うのは50代に入ってから。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin102)

長谷川町子
長谷川町子さんは、日本初の女性プロ漫画家として知られています。代表作のサザエさんは1969年から放送されたアニメ長寿番組で平均視聴率が20%前後と非常に高い国民的な番組です。

続きを読む


林修
林 修(はやし おさむ)は、東進予備校の講師。担当は現代文。「いつやるか? 今でしょ!」は2013年に「新語・流行語大賞」の年間大賞と2013年度ネット流行語大賞金賞を受賞した。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は大関(2020年3月場所後に昇進)。

続きを読む


土屋アンナ
土屋アンナ(つちや アンナ)は、日本のモデル、歌手、女優。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活動。映画『下妻物語』では深田恭子とW主演し8つの映画賞を受賞。

続きを読む


関連記事 (俳優)

志垣太郎
志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

続きを読む


蟹江敬三
蟹江敬三(かにえ けいぞう)は、日本の俳優、ナレーター。悪役などアクの強い役での存在感で個性派俳優としての現在の地位を確立。渋い声を活かし『ガイアの夜明け』などのナレーターとしても活躍していました。

続きを読む


坂上二郎
坂上二郎(さかがみ じろう)は、日本のコメディアン、俳優、歌手。萩本欽一とのお笑いコンビ「コント55号」で一世を風靡。俳優や歌手としても活躍。持ちギャグの「飛びます、飛びます」は1980年代に入り片岡鶴太郎が多用し再度広まった。

続きを読む


松方弘樹(まつかた ひろき)は、日本の俳優。2世俳優。大河ドラマで度々主演を演じます。その後、バラエティ番組に進出し『元気が出るテレビ』で今までと違う面を見せます。

続きを読む


中尾彬
中尾彬(なかお あきら)は、日本の俳優・声優・タレント。妻は池波志乃。日活ニューフェイス(第5期)に合格し映画デビュー。『暴れん坊将軍』では徳川宗春役(初代)を演じ当たり役となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ