446 views

プロレスラー・藤波辰爾の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤波辰爾

記事公開日:2019年01月18日
最終更新日:2019年10月05日

藤波辰爾
出典:wikipedia.org

藤波辰爾(ふじなみ たつみ)は、日本のプロレスラー。ニックネームは「ドラゴン」。

新日本プロレスで活躍。躍動感溢れる戦いで老若男女問わず人気を得ます。
2015年にはアントニオ猪木に続き日本人2人目のWWE殿堂入りを果たしました。

このページでは藤波辰爾の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤波辰爾の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1953年12月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin259です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い星 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin2
絶対反対kin kin129

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin259の誕生日占いは、どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をするタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

藤波辰爾の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大分県で生まれます。
中学時代よりアントニオ猪木に憧れプロレスラーを目指します。

日本プロレスに入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.28~ 15 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1969.12.28~ 16 119 2 青い嵐 白い鏡
1970.12.28~ 17 224 3 黄色の種 白い風
中学を卒業し地元の自動車整備工場に就職。しかしプロレスへの夢をあきらめきれずに1970年に日本プロレスに入門。
猪木の付き人となり1971年にデビューします。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に地元の自動車整備工場に就職。
白色の始めころに日本プロレスに入門。

新日本プロレスを旗揚げ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.28~ 18 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1972.12.28~ 19 174 5 白い魔法使い 白い犬
1973.12.28~ 20 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1971年に猪木が日本プロレスを破門。藤波も日本プロレスを退団。
1972年に猪木の興した新日本プロレスを旗揚げに参加。

ウェブスペルの色が白色の前半に日本プロレスを退団し新日本プロレスの旗揚げに参加。

ドラゴンブーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.12.28~ 23 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1977.12.28~ 24 179 10 青い嵐 白い犬
1978.12.28~ 25 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1976年より海外遠征。カールゴッチの元再修業。1978年に帰国。
帰国後、海外仕込みのとび技、ゴッチ仕込みのテクニックで「ドラゴン・ブーム」を巻き起こし、女性や子供のファンも獲得。
ジュニアヘビー級のライバルと共に熱戦を行い日本のプロレス界に「ジュニアヘビー級」というジャンルを定着させました。

ウェブスペルの色が白色の後半に海外遠征。カールゴッチの元再修業。
白色の最後付近に帰国し「ドラゴン・ブーム」を巻き起こします。

ヘビー級へ転向

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.12.28~ 28 79 1 青い嵐 青い嵐
1982.12.28~ 29 184 2 黄色の種 青い夜
1983.12.28~ 30 29 3 赤い月 青い手
1981年にヘビー級へ転向。これまでジュニアヘビー級のチャンピオンとして52回防衛。
1982年に長州力との抗争が始まり、新日本プロレスの人気は急上昇。新日本プロレスは黄金期を迎えます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年にヘビー級へ転向。
青色の前半に新日本プロレスの人気は急上昇。

新日本プロレスの低迷期

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.12.28~ 30 29 3 赤い月 青い手
1984.12.28~ 31 134 4 白い魔法使い 青い猿
1985.12.28~ 32 239 5 青い嵐 青い鷲
1983年にタイガーマスクが引退。1984年には前田日明らがUWF、長州力らがジャパンプロレスを旗揚げ。
新日本プロレスからレスラーが次々と離脱します。「藤波も離脱が秒読み」と報道されますが残留を決意。
猪木、坂口、木村健吾、星野勘太郎らと共に新日本プロレスの低迷期を支えます。

ウェブスペルの色が青色の前半に新日本プロレスから所属レスラーが次々に離脱。藤波は残留し新日本プロレスの低迷期を支えます。

新日本プロレスのエース

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.28~ 33 84 6 黄色の種 青い嵐
1987.12.28~ 34 189 7 赤い月 青い夜
1988.12.28~ 35 34 8 白い魔法使い 青い手
1986年にUWFと新日本との業務提携でUWF勢が参戦。さらに1987年にジャパンプロレス勢が新日本にUターン。
1988年には猪木と60分フルタイムの名勝負を行引き分け、以降新日本プロレスのエースとなります。

ウェブスペルの色が青色の半ばにUWF勢、ジャパンプロレス勢がUターン。新日本プロレスは徐々に活気を取り戻します。
青色の後半以降は新日本プロレスのエースとして君臨します。

新日本プロレス社長就任

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.12.28~ 45 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1999.12.28~ 46 149 6 赤い月 黄色の種
2000.12.28~ 47 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1998年にアントニオ猪木が引退。
1999年にジャンボ鶴田が死去。藤波はかねてから「ジャンボ鶴田選手と1回戦ってみたかった」と公言していたが実現しませんでした。
同年、坂口征二の後を継ぎ新日本プロレス社長に就任。藤波が社長に就任した後は橋本真也、武藤敬司、長州力、佐々木健介など主力選手の退団が相次ぎ総合格闘技NOAHの台頭で新日本プロレスの経営は苦境に迫られます。
さらに経営者として優柔不断な「こんにゃく社長」と称されます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに猪木が引退。翌年に新日本プロレス社長に就任。

新日本プロレスを辞任

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.12.28~ 50 49 10 赤い月 黄色い太陽
2004.12.28~ 51 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2006.12.28~ 53 104 13 黄色の種 黄色い人
2003年より治療に専念するため長期欠場、2004年に社長辞任、その後復帰。
2006年に新日本プロレスを辞任します。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に新日本プロレスを辞任します。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.12.28~ 55 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2010.12.28~ 57 4 4 黄色の種 赤い竜
2015.12.28~ 62 9 9 赤い月 赤い竜
新日本プロレスを辞任後に新団体「無我ワールド・プロレスリング」を旗揚げ。
2008年に団体名を「無我」から「ドラディション」に変更。
2010年にドラディションでの活動と並行しつつ、長州力、初代タイガーマスクと共に「レジェンド・ザ・プロレスリング」を旗揚げ。
2015年にWWE殿堂入り。日本人ではアントニオ猪木に続き2人目。

ウェブスペルの色が赤色の後半にWWE殿堂入り。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.28~ 65 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2019.12.28~ 66 169 13 赤い月 赤い地球
2020.12.28~ 67 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
藤波辰爾の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
65才の時はKin64。自分のためだけに生きられない年です。人の輪の中で力を発揮します。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

初めをあいまいにすることで後で大きな不安が生じる。母性能力ある。人助けをしなさい。

藤波辰爾のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

白色の始めの年に地元の自動車整備工場に就職。
白色の始めころに日本プロレスに入門。
白色の前半に日本プロレスを退団し新日本プロレスの旗揚げに参加。
白色の後半に海外遠征。カールゴッチの元再修業。
白色の最後付近に帰国し「ドラゴン・ブーム」を巻き起こします。
青色の始めの年にヘビー級へ転向。
青色の前半に新日本プロレスの人気は急上昇。その後、新日本プロレスから所属レスラーが次々に離脱。藤波は残留し新日本プロレスの低迷期を支えます。
青色の半ばにUWF勢、ジャパンプロレス勢がUターン。新日本プロレスは徐々に活気を取り戻します。
青色の後半以降は新日本プロレスのエースとして君臨します。
黄色の半ばに猪木が引退。翌年に新日本プロレス社長に就任。
黄色の最後の年に新日本プロレスを辞任します。
赤色の後半にWWE殿堂入り。

藤波の多くのオリジナル技を持ちこれらは「ドラゴン殺法」と呼ばれています。
また、猪木の卍固めや長州のサソリ固めなど、他の必殺技を披露。いわゆる「掟破り」を使用し試合を演出します。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin259)

徳光和夫
徳光和夫(とくみつ かずお)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。1979年より日本テレビ『ズームイン!!朝!』の初代キャスターになり名物アナウンサーとなります。

続きを読む


稲垣吾郎
稲垣吾郎(いながき ごろう)は歌手、俳優であり元男性アイドルグループSMAPのメンバー。ソロとしても活動し2004年にはアンジー名義でソロシングルCDリリースしオリコン初登場1位を記録します。

続きを読む


安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む


ミヤコ蝶々
ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)は、日本の女優、漫才師。戦後、上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアン。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

野村克也
野村克也(のむら かつや)は、日本の元プロ野球監督、元プロ野球選手。愛称は「ノムさん」。往年の名捕手にして球界屈指の名将。戦後初の三冠王。南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任。

続きを読む


渋野日向子
渋野日向子(しぶの ひなこ)は、日本の女子プロゴルファー。ニックネームはシブコ。2019年「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たした人物です。

続きを読む


鶴竜力三郎
鶴竜力三郎(かくりゅう りきさぶろう)は、モンゴル出身の大相撲力士。第71代横綱。基本的に組んで良し離れて良しのオールラウンダー。

続きを読む


マリア・シャラポワ
マリア・シャラポワは、ロシア出身の女子プロテニス選手。史上10人目のキャリアグランドスラム達成者。ロンドン五輪銀メダリスト。

続きを読む


田中将大
田中将大と里田まいは2012年3月に結婚した夫婦です。2人は「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」で共演。ココリコの遠藤がキューピットとなり2010年から交際を開始します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事