443 views

ヤナセ・梁瀬長太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 梁瀬長太郎

記事公開日:2020年06月13日
最終更新日:2021年01月20日

梁瀬長太郎
出典:wikipedia.org 1924年

梁瀬長太郎(やなせ ちょうたろう)は、日本の実業家。ヤナセの創業者として知られます。

ヤナセの前身である梁瀬自動車の初代社長や、輸入自動車協会初代会長、全国自動車整備組合理事長、日本機械輸入協会会長、山王ホテル取締役を歴任。

このページでは、梁瀬長太郎(やなせ ちょうたろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

梁瀬長太郎の誕生日占い

生年月日:1879年12月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin6です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 赤い竜 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin255
絶対反対kin kin136

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin6の誕生日占いは、釣り合いや均衡、調和に優れているタイプです。一歩退いて周囲を見ましょう。

広告

梁瀬長太郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

群馬県で生まれます。
先祖は甲州武田家の遺臣。群馬県豊岡村に土着し農業、精米、養鯉などを行っていました。

三井物産

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1903.12.5~ 24 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1904.12.5~ 25 31 5 青い猿 青い手
1905.12.5~ 26 136 6 黄色い戦士 青い猿
豊岡村の小学校を卒業すると単身上京。東京府尋常中学校(のちの府立一中)に通います。
故郷から自分で農産物を持ってきて、下宿の前で近所の人に安く売るなどして、学費と部屋代、本代をまかない、苦学して卒業。
1904年に東京高等商業学校(現在の一橋大学)を卒業し大阪商船に入社。
1905年に三井物産に転職。

ウェブスペルの色が青色の前半に大学を卒業し大阪商船に入社。その後、三井物産に転職。

独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1914.12.5~ 35 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1915.12.5~ 36 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1916.12.5~ 37 251 4 青い猿 黄色い星
1915年に三井物産機械部から独立。同社から輸入自動車及び輸入鉱油類の一手販売権を譲渡され「梁瀬商会」を設立。
アメリカの自動車の輸入販売を始めます。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに独立し自動車の輸入販売を始めます。

経済不況

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1919.12.5~ 40 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1920.12.5~ 41 151 8 青い猿 黄色の種
1921.12.5~ 42 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1920年に梁瀬自動車株式会社(自動車)と梁瀬商事株式会社(鉱油)を設立。
しかし経済不況で仕入れた車はほとんど売れずノイローゼとなり、逃げるように妻とヨーロッパ旅行に出かけます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに事業別に会社を組織。しかし経済不況で車は売れませんでした。

大逆転

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1922.12.5~ 43 101 10 赤い竜 黄色い人
1923.12.5~ 44 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1924.12.5~ 45 51 12 青い猿 黄色い太陽
1923年に関東大震災が発生。梁瀬は「物より人の移動が優先する」との直感から周囲の反対を押し切り大量の在庫を抱える中、GMに乗用車2000台を発注。これが大当たりし破産寸前から立ち直ります。
1924年以降は日本各地の有力者との共同出資により乗合自動車事業を展開します。

ウェブスペルの色が黄色の後半に関東大震災を機に売上げを伸ばします。

輸入自動車協会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1940.12.5~ 61 171 2 青い猿 白い犬
1944.12.5~ 65 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1945.12.5~ 66 176 7 黄色い戦士 白い犬
1941年に梁瀬自動車を梁瀬自動車工業に改組。
1945年に梁瀬自動車工業を梁瀬自動車に改組。会長となった。
社長は息子の梁瀬次郎(やなせ じろう)が就任。

ウェブスペルの色が白色の半ばに梁瀬自動車の会長に就任。

輸入自動車協会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1951.12.5~ 72 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1952.12.5~ 73 131 1 青い猿 青い猿
1953.12.5~ 74 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1952年に輸入自動車協会(現日本自動車輸入組合)を立ち上げ初代会長に就任。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に輸入自動車協会を立ち上げ初代会長に就任。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.12.5~ 76 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1956年6月11日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の前半に亡くなりました。

梁瀬長太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の前半に大学を卒業し大阪商船に入社。その後、三井物産に転職。
黄色の始めころに三井物産から独立し自動車の輸入販売を始めます。
黄色の半ばに事業別に会社を組織。しかし経済不況で車は売れませんでした。
黄色の後半に関東大震災を機に売上げを伸ばします。
白色の半ばに梁瀬自動車の会長に就任。
白色の最後の年に輸入自動車協会を立ち上げ初代会長に就任。
2度目の青色の前半に亡くなりました。

2代目の社長の梁瀬次郎は本田宗一郎や豊田英二(豊田喜一郎の従弟)らに続き、5人目となる米国自動車殿堂入りを果たした人物。

1965年に日本への自動車輸入が完全自由化。国産車の購入者に比べ裕福な層に対象を絞り「高級車」イメージを強調。
1970年に「株式会社ヤナセ」に社名変更。「輸入車=ヤナセ」と言われるほどの存在となった。
そのヤナセもバブル後経営不振に陥り2003年に伊藤忠傘下となり2020年現在は伊藤忠商事に連結子会社です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin006)

深作欣二
深作欣二(ふかさく きんじ)は、日本の映画監督・脚本家。社会に溶け込めない人々の絶望を描き、暴力的で過激な作品を多く世に出しました。代表作に「仁義なき戦い」「蒲田行進曲」などあります。

続きを読む


野口五郎
野口五郎(のぐち ごろう)は、俳優・歌手。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。妻はタレントの三井ゆり。

続きを読む


千秋
千秋(ちあき)は、日本のマルチタレント。元夫はココリコの遠藤章造。現在休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のボーカル。声優としてノンタンやドラミを担当。

続きを読む


安倍晋三
安倍晋三(あべ しんぞう)は日本の政治家。第90代と第96・97・98代内閣総理大臣です。内閣総理大臣としての通算の在職期間は歴代最長。

続きを読む


つかこうへい
つかこうへいは、日本の劇作家、演出家。代表作に戯曲『熱海殺人事件』と『蒲田行進曲』。舞台化を含め「つかブーム」を巻き起こしました。

続きを読む


関連記事 (実業家)

熊谷正寿
熊谷正寿(くまがい まさとし)は、日本の実業家。GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表。これまでに9社のグループ会社を上場させ、そのうち3社は東証一部に上場。

続きを読む


糸井重里
糸井重里(いとい しげさと)は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。株)ほぼ日の代表取締役社長。妻は女優の樋口可南子。

続きを読む


滝崎武光
滝崎武光(たきざき たけみつ)は、日本の実業家、慈善家。キーエンス創業者。センサーを活用し顧客工場の生産改善のコンサルティングを主軸に業績を拡大。2020年現在、日本では柳井正、孫正義に次ぐ資産家。

続きを読む


中村雅也
中村雅也(なかむら まさや)は日本の実業家。バンダイナムコエンターテインメント創業者。アミューズメント施設やテーマパーク、業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフトへと事業の領域を拡大

続きを読む


五代友厚
五代友厚さんは薩摩藩士、政治家、実業家。明治初期に大阪経済を立て直すために商工業の組織化を行い「近代大阪経済の父」とも言われます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ