2,809 views

上を向いて歩こう・坂本九の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 坂本九

記事公開日:2018年01月20日
最終更新日:2020年02月06日

坂本九
出典:wikipedia.org 1960年代初頭

坂本九(さかもと きゅう)は、日本の俳優・タレント・歌手・司会者。愛称は九ちゃん(きゅうちゃん)。

『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲を出し、全世界におけるレコードの売上は1500万枚以上に達します。
妻は女優の柏木由紀子。柏木との間に娘が2人おり、長女は歌手・大島花子、次女は女優・舞坂ゆき子。

1985年8月12日に起きた日本航空123便墜落事故で帰らぬ人となった。

このページでは坂本九の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

坂本九の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1941年12月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin21です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い魔法使い 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin240
絶対反対kin kin151

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin21の誕生日占いは、目に見えないもの、価値のあるものに目を向けれるタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

広告

坂本九の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

川崎市で荷役請負業「丸木組」の社長・坂本寛と妻・いく(旧姓:大島)の第9子として生まれます。
第9子だったので九(ひさし)と命名されたという説もあります。
高校生の頃に両親は離婚し母に引き取られ大島九(おおしま ひさし)になります。
このころエルビス・プレスリーに憧れ物まねで人気者になったそうです。

バンド時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.12.10~ 16 141 11 赤い竜 青い猿
1958.12.10~ 17 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1958年に高校在学中にザ・ドリフターズに加入。といってもいかりや長介も加入していなかった純粋なロカビリーバンドでした。
ボーカル兼ギターを担当。同年ザ・ドリフターズを脱退しダニー飯田とパラダイス・キングに参加。
1959年に「題名のない唄だけど」でデビューしたがヒットしませんでした。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にバンドに加入しますが芽が出ませんでした。

ソロに転向、そして世界的スターに

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.12.10~ 19 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1961.12.10~ 20 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1962.12.10~ 21 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1963.12.10~ 22 251 4 青い猿 黄色い星
1960年にソロに転向。「悲しき六十才」が10万枚を売り上げる初のヒット。
1961年に「上を向いて歩こう」は日本国内外で大ヒット。1963年に「SUKIYAKI」というタイトルでビルボード3週連続1位獲得。

坂本九はアメリカに招待され著名な有名人たちと退団。空港には1万人のファンが押し寄せ今では考えられないほどの好待遇の日本人でした。

1963年に「見上げてごらん夜の星を」「明日があるさ」も大ヒット
1964年には国際的な活動が増え、東京オリンピックのウェルカムパーティで、「サヨナラ東京」「君が好き」を歌います。

ウェブスペルの色が黄色に変わったタイミングでソロに転向。特に「上を向いて歩こう」は日本国内外で大ヒットし世界的スターになります。

タレントでも活躍・結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.12.10~ 28 101 10 赤い竜 黄色い人
1970.12.10~ 29 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1971.12.10~ 30 51 12 青い猿 黄色い太陽
1970年に大阪万博の万国博委員に起用。万博のテーマ曲「世界の国からこんにちは」を8社と競合して歌います。大阪万博のテーマ館の総合プロデューサーを岡本太郎でしたね。
このころよりタレントとしてテレビの司会や映画、舞台でも活躍。
1971年12月に女優の柏木由紀子と結婚。東京都目黒に自宅を構えます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近からテレビの司会や映画、舞台でも活躍、女優の柏木由紀子と結婚します。

日本航空123便墜落事故

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.12.10~ 41 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1983.12.10~ 42 11 11 青い猿 赤い竜
1984.12.10~ 43 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
坂本九の当時、歌手としてよりも司会として活躍していました。

1985年8月12日に日本航空123便墜落事故で亡くなります。
坂本九はいつもANAで移動していました。妻の由紀子からも「手配は必ず全日空で」と所属事務所に指名されていました。
その日、大阪の友人の選挙応援のために大阪へ移動。しかしその日はあいにく満席で日本航空123便に乗り合わせたそうです。
同じ便にのる予定のハウス食品・浦上郁夫など520名が亡くなり、運よく前の便にのれた明石家さんまは別の便にのり助かります。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に日本航空123便墜落事故で亡くなりました。

坂本九のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最期付近にバンドに加入しますが芽が出ませんでした。
黄色に変わったタイミングでソロに転向。特に「上を向いて歩こう」は日本国内外で大ヒットし世界的スターになります。
黄色の最後付近からテレビの司会や映画、舞台でも活躍、女優の柏木由紀子と結婚します。
赤色の最後付近に日本航空123便墜落事故で亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin021)

堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


松任谷由実
松任谷由実さんは、日本のシンガーソングライター。愛称はユーミン。女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持ちます。

続きを読む


吉田鋼太郎
吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役。蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

続きを読む


関連記事 (司会者)

宮根誠司
宮根誠司(みやね せいじ)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。元朝日放送のアナウンサー。『おはよう朝日です』を20年に渡り担当。フリーとなり『情報ライブ ミヤネ屋』が全国区で放送されます。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


今田耕司
今田耕司(いまだ こうじ)は、日本のお笑いタレント、司会者。島田紳助が芸能界を自主引退した後、島田紳助の持っていた多くの番組を引き継ぎます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

森進一
森進一(もり しんいち)は、歌手、作曲家、社会福祉活動家。一聴して森と分かる、独特のハスキーボイスが特徴。1968年第19回NHK紅白歌合戦に初出場して以来48回連続出場。紅白歴代第1位の記録。

続きを読む


越智志帆
越智志帆(おち しほ)は、音楽ユニットSuperflyのボーカル。2007年よりSuperflyは越智のみのソロユニットとして活動を継続。2019年の連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌「フレア」を担当。

続きを読む


子門真人
子門真人(しもん まさと)は、日本の元歌手、元音楽プロデューサー。代表曲に「およげ!たいやきくん」「仮面ライダー」など。日本においてアニソン歌手の先駆者的存在です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事