565 views

乃木大将・乃木希典の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 乃木希典

記事公開日:2019年08月15日
最終更新日:2019年12月10日

乃木希典
出典:wikipedia.org

乃木希典(のぎ まれすけ)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。

日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇の後を慕って殉死したことで知られます。
「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残した人物です。

このページでは乃木希典(のぎ まれすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

乃木希典の誕生日占い

生年月日:1849年12月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin256です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い星 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin5
絶対反対kin kin126

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin256の誕生日占いは、タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動するタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

乃木希典の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

長府藩の藩士・乃木希次の3男として江戸の長府藩上屋敷で生まれます。
長府藩上屋敷は現在の六本木ヒルズの場所です。乃木大將生誕之地の碑が立っています。

集童場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1859.12.25~ 10 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1860.12.25~ 11 111 7 青い猿 赤い蛇
1861.12.25~ 12 216 8 黄色い戦士 赤い月
兄たちは亡くなり世継ぎとして育てられます。幼い時に左目を負傷して失明。
10才の時に父が跡目相続争いに巻き込まれ長府(現・山口県下関市)へ転居。
11才に結城香崖に入門し漢籍、詩文、流鏑馬、弓術、西洋流砲術、槍術および剣術など学び始めます。
1862年に鍛錬道場・集童場に入り心身を鍛練。集童場は『長府の松下村塾』とも呼ばれている場所です。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに長府(現・山口県下関市)へ転居。色々と学びます。

第2次長州征伐

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1865.12.25~ 16 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1866.12.25~ 17 221 13 赤い竜 赤い月
1867.12.25~ 18 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
16才の時に父と対立し出奔。萩の親戚の家に住み藩校・明倫館に通い一刀流剣術も習うようになります。
1865年の第2次長州征伐では、奇兵隊の山縣有朋指揮下で戦い、小倉城一番乗りの武功を挙げます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に藩校・明倫館に通い一刀流剣術も習うようになります。

陸軍少佐

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1868.12.25~ 19 171 2 青い猿 白い犬
1872.12.25~ 23 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1873.12.25~ 24 176 7 黄色い戦士 白い犬
1868年に藩命で伏見御親兵兵営に入営してフランス式訓練法を学びます。以降、軍人として人生を歩みます。
1872年に黒田清隆の推挙を受けて陸軍少佐に任官。当時22歳での大抜擢。同年、名を乃木希典と改めます。

ウェブスペルの色が白色の始めころにフランス式訓練法を学びます。
白色の半ばに陸軍少佐に当時22歳で大抜擢され任官。

西南戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1877.12.25~ 28 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1878.12.25~ 29 181 12 赤い竜 白い犬
1879.12.25~ 30 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1877年に西南戦争に参加。田原坂の激戦で左足を負傷。以後、左足がやや不自由となった。中佐に昇進。
1878年に旧薩摩藩藩医の娘・お七(結婚後に「静子」と改名)と結婚。
1879年に大佐に昇進。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に西南戦争に参加。

ドイツ留学

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1883.12.25~ 34 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1886.12.25~ 37 241 7 赤い竜 青い鷲
1887.12.25~ 38 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1883年に少将に昇進。
1887年から1888年に政府の命令でドイツへ留学。ドイツ陸軍の全貌について学びます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに政府の命令でドイツに留学。ドイツ陸軍の全貌について学びます。

日清戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1891.12.25~ 42 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1892.12.25~ 43 91 13 青い猿 青い嵐
1893.12.25~ 44 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1892年に日清戦争が始まると大山巌が率いる第2軍の下で出征。大きな成果を上げ中将に昇進。男爵の爵位を得て華族となった。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に日清戦争に参加し大きな成果を上げます。

台湾総督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1895.12.25~ 46 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1896.12.25~ 47 251 4 青い猿 黄色い星
1897.12.25~ 48 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1895年に下関条約が結ばれ台湾は日本の管轄地になります。
同年、台湾民主国が独立を宣言。乃木率いる第2師団も台湾へ出征。
1896年に台湾総督に任じられますが1897年にこの任を辞して児玉源太郎に託します。

ウェブスペルの色が黄色の前半に台湾へ出征。その後、台湾総督に任じられます。

日露戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1904.12.25~ 55 51 12 青い猿 黄色い太陽
1905.12.25~ 56 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1906.12.25~ 57 1 1 赤い竜 赤い竜
1904年に日露戦争で第3軍司令官となり大将に昇進。旅順要塞の攻略にあたります。
旅順のロシア防衛はかなり強化されており、多数の戦死者を出します。乃木の長男と次男もこの戦いで戦死。
203高地を占領するしたあと1カ月ほどの1905年に旅順要塞を占拠。その後、奉天会戦にも参加。
1906年に凱旋。東京に到着後、明治天皇に謁見。明治天皇に対し『自刃して明治天皇の将兵に多数の死傷者を生じた罪を償いたい』と奏上したが『今は死ぬべき時ではない、どうしても死ぬというのであれば朕が世を去った後にせよ』という趣旨のことを述べたとされます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に日露戦争に大将として参加。旅順要塞攻略にあたります。

学習院長就任

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1907.12.25~ 58 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1908.12.25~ 59 211 3 青い猿 赤い月
1909.12.25~ 60 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1907年に明治天皇の意向で学習院長を兼任することとなります。
1908年に裕仁親王(後の昭和天皇)が学習院に入学すると乃木は、勤勉と質素を旨としてその教育に努力。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに学習院長を兼務。昭和天皇の教育係も務めます。

殉死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1911.12.25~ 62 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1912年7月に明治天皇が崩御。
1912年9月13日、明治天皇の大喪の礼が行われた日、妻の静子とともに自刃して亡くなります。
乃木夫妻の葬儀は9月18日に行われ十数万の民衆が自発的に参列。
乃木の死去を受け、乃木神社建立、乃木邸の保存、「新坂」の「乃木坂」への改称が行われます。
その後、京都府、山口県、栃木県、東京都、北海道など、日本の各地に乃木を祀った乃木神社が建立されます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに明治天皇が崩御。その後妻と共に殉死。

乃木希典のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに長府(現・山口県下関市)へ転居。色々と学びます。
赤色の最後付近に藩校・明倫館に通い一刀流剣術も習うようになります。
白色の始めころにフランス式訓練法を学びます。
白色の半ばに陸軍少佐に当時22歳で大抜擢され任官。
白色の最後付近に西南戦争に参加。
青色の半ばに政府の命令でドイツに留学。ドイツ陸軍の全貌について学びます。
青色の最期付近に日清戦争に参加し大きな成果を上げます。
黄色の前半に台湾へ出征。その後、台湾総督に任じられます。
黄色の最後付近に日露戦争に大将として参加。旅順要塞攻略にあたります。
2度目の赤色の始めころに学習院長を兼務。昭和天皇の教育係も務めます。
2度目の赤色の半ばに明治天皇が崩御。大喪の礼の日に妻と共に殉死。

乃木の死を題材に多くの文学作品が発表されます。夏目漱石『こころ』、森鴎外『興津弥五右衛門の遺書』、司馬遼太郎の『殉死』、芥川龍之介の『将軍』など。芥川の『将軍』は乃木を皮肉った作品。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


松本良順
松本良順(まつもとりょうじゅん)は、江戸時代末期(幕末)から明治期の日本の医師(御典医、軍医)、政治家。オランダ軍軍医のポンペに学びます。緒方洪庵の跡を継いで西洋医学所頭取に就任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin256)

子門真人
子門真人(しもん まさと)は、日本の元歌手、元音楽プロデューサー。代表曲に「およげ!たいやきくん」「仮面ライダー」など。日本においてアニソン歌手の先駆者的存在です。

続きを読む


岩崎弥太郎
岩崎弥太郎さんは三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。

続きを読む


矢野博丈
矢野博丈(やの ひろたけ)は日本の実業家。大創産業(100円SHOPダイソー)の創業者です。

続きを読む


ソニン
ソニンは、日本の女優、歌手。モーニング娘。の当時のマネージャーの和田薫にスカウトされデビュー。デビューからしばらくは歌手として活動しますが2003年より女優としても活動。舞台を中心に活動しています。

続きを読む


荻野目洋子
荻野目洋子(おぎのめ ようこ)は、日本の歌手、女優。80年代アイドル。1980年代に「ダンシングヒーロー」を含む数々のヒット曲をリリース。結婚、育児を経て2017年に再ブレイクします。

続きを読む


関連記事 (歴史の人)

榎本武揚
榎本武揚さんは江戸時代から明治にかけて活躍した武士、外交官、政治家。オランダへ留学し帰国後、幕府海軍の指揮官、戊辰戦争では蝦夷地を占領、出獄後に内閣の大臣を歴任しました。

続きを読む


夏目漱石さんは日本の小説家。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学ぶ。大学卒業後に教師、留学、そのあと朝日新聞社で職業作家として新聞で連載作品を執筆しました。

続きを読む


黒田清隆
黒田清隆(くろだ きよたか)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。北海道開拓長官を永く行いますが、開拓使官有物払下げ事件で辞任。その後、伊藤博文の後の第2代内閣総理大臣を務めます。

続きを読む


小栗忠順
小栗忠順(おぐり ただまさ)は、江戸時代末期の幕臣、勘定奉行、外国奉行。江戸幕府の財政再建や洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設などを行いました。

続きを読む


ハリー・パークス
ハリー・パークスは、イギリスの外交官。江戸の幕末から明治初期にかけ18年間駐日英国公使を務めた人物です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事