2,014 views

会津藩・松平容保の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松平容保

記事公開日:2018年02月17日
最終更新日:2020年09月26日

松平容保
出典:wikipedia.org

松平容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代幕末の大名。会津藩の最後の藩主。

京都守護職につき京都の治安を守ります。大政奉還後に朝敵とされ会津戦争で敗北。蟄居後に日光東照宮の宮司に就任。
会津戦争では白虎隊など数々の悲劇を生みました。

このページでは、松平容保(まつだいら かたもり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

松平容保の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1836年2月15日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin138です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い猿 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin123
絶対反対kin kin8

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin138の誕生日占いは、自分と人の世界の調和を重んじるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

松平容保の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

美濃高須藩(現在の岐阜県海津市)の藩主・松平義建(まつだいら よしたつ)の七男として江戸で生まれます。

会津藩主就任まで

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1846.2.15~ 10 148 5 黄色い星 黄色の種
1847.2.15~ 11 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1852.2.15~ 16 258 11 白い鏡 黄色い星
1853.2.15~ 17 103 12 青い夜 黄色い人
1846年に叔父の会津藩第8代藩主・松平容敬(まつだいら かたたか)の養子になります。
1852年に松平容敬が亡くなり、松平容保が会津藩第9代藩主になります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に会津藩の藩主になります。

京都守護職

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1862.2.15~ 26 8 8 黄色い星 赤い竜
1863.2.15~ 27 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1864.2.15~ 28 218 10 白い鏡 赤い月
1862年に幕府の参与になり、新設された京都守護職(きょうとしゅごしょく)に就任。
京都守護職は島津久光が主導した文久の改革の一環として設けられた新職。
会津藩の家老は辞退するように勧めたが松平容保はこの職に就任し尊王攘夷運動が激しい京都の治安にあたります。

1863年には新選組、1864年には京都見廻組が組織され反幕府勢力を取り締まる警察活動を行います。
1863年に八月十八日の政変で長州藩の勢力を京都から追放。1864年に禁門の変、蛤御門の変で長州藩を撃破。

松平容保は、第14代将軍・徳川家茂と孝明天皇に忠義を尽くします。
公武合体(朝廷の権威を幕府と結びつけての幕藩体制の強化)を行いたかったが内部対立のために失敗します。

ウェブスペルの色が赤色の後半に京都守護職に就任し京都の治安にあたります。

大政奉還

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1865.2.15~ 29 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1866.2.15~ 30 168 12 黄色い星 赤い地球
1867.2.15~ 31 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1866年に第14代将軍・徳川家茂が病死、孝明天皇が突然の崩御。忠義を尽くしてきた二人を続けて失くします。
1867年に徳川慶喜が大政奉還を行います。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に頼りにしていた将軍・徳川家茂、孝明天皇が亡くなり、大政奉還が起きます。

会津戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1868.2.15~ 32 118 1 白い鏡 白い鏡
1869.2.15~ 33 223 2 青い夜 白い風
1870.2.15~ 34 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1868年1月に鳥羽伏見の戦いが起き、大阪城に退いていた徳川慶喜は幕府軍艦で江戸へ下る。松平容保は徳川慶喜の命令で随行。
松平容保は藩主の座を養子である喜徳に譲ります。
2月に会津・桑名を朝敵とする勅命が下り江戸追放となり会津へ向かい謹慎して朝廷の命を待ちます。
一方、国元の会津では武装防衛と降伏嘆願の二方向へ割れますが戦争が避けられず、8月に会津戦争へ発展。
1カ月余りの戦闘で会津藩の家臣達は婦女子や子供に至るまで戦い、多くの悲劇を生みます。1868年9月に会津藩は降伏。
松平容保は会津から離され蟄居が命ぜられます。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に朝敵をされ、会津戦争が起き多くの悲劇の末に敗れ、会津から離され蟄居します。

会津戦争の後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1872.2.15~ 36 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1880.2.15~ 44 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1893.2.15~ 57 143 13 青い夜 青い猿
1872年に蟄居が許されます。
1880年に日光東照宮の宮司に就任。
1893年12月5日に肺炎のために亡くなります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに蟄居が解かれ、白色の最後の年に日光東照宮の宮司に就任。
青色の最後の年に亡くなりました。

松平容保のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に会津藩の藩主になります。
赤色の後半に京都守護職に就任し京都の治安にあたります。
赤色の最後付近に頼りにしていた将軍・徳川家茂、孝明天皇が亡くなり、大政奉還が起きます。
白色の始めの年に朝敵をされ、会津戦争が起き多くの悲劇の末に敗れ、会津から離され蟄居します。
白色の半ばに蟄居が解かれ、白色の最後の年に日光東照宮の宮司に就任。
青色の最後の年に亡くなりました。

明治維新から60年経った1928年に秩父宮雍仁親王と松平勢津子の婚礼が行われます。
会津松平家と皇族の結婚は、朝敵会津藩の復権であると位置づけられているといわれます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin138)

加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


土方歳三
土方歳三は、幕末期に新選組の副長として京都の治安維持に努めました。倒幕後の戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦。戊辰戦争の最後の戦場になる箱館五稜郭防衛戦にて戦死しました。

続きを読む


正力松太郎
正力松太郎(しょうりき まつたろう)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。読売新聞社の経営者として、新聞部数拡大に成功した、読売中興の祖です。

続きを読む


関連記事 (歴史の人)

大隈重信
大隈重信(おおくま しげのぶ)は、日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。政治家としては、内閣総理大臣(第8・17代)など重職を歴任。早稲田大学の創設者でもあります。

続きを読む


金栗四三
金栗四三(かなくり しそう)は、日本のマラソン選手、師範学校教師。箱根駅伝の開催に尽力。日本で高地トレーニング導入など日本マラソン界に大きく寄与。「マラソンの父」と称されます。

続きを読む


島安次郎・秀雄・隆
島家は親子3代にわたり日本の鉄道技術者として活躍した方です。島安次郎は蒸気機関車等に、息子の島秀雄は蒸気機関車D51および新幹線に、孫の島隆は新幹線200系電車と台湾新幹線に携わります。

続きを読む


新渡戸稲造
新渡戸稲造(にとべ いなぞう)は、日本の教育者・思想家。国際連盟事務次長を務め、著書『武士道』は、長年海外で読み続けられている。1984年から2007年まで五千円D号券の肖像として使われた。

続きを読む


井伊直弼
井伊直弼さんは幕末の譜代大名。江戸幕府の幕末期に大老を務め、日米修好通商条約に調印、反対勢力を粛清した安政の大獄、桜田門外の変で亡くなりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ