179 views

作曲家・平尾昌晃の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 平尾昌晃

平尾昌晃
→ 画像検索はこちら

平尾昌晃(ひらお まさあき)は、日本の作曲家、歌手。

ロカビリー歌手としてデビュー。その後、作曲家に転身。
「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲を送り出します。
2017年7月に死去。その遺産相続を巡りワイドショーを賑わあわせます。

このページでは平尾昌晃(ひらお まさあき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

平尾昌晃(ひらお まさあき)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1937年12月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin135です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 青い猿 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin126
絶対反対kin kin5

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin135の誕生日占いは、直感が鋭く交渉能力の高いタイプです。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

平尾昌晃(ひらお まさあき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京生まれ。神奈川県藤沢市育ち。
小学3年の時にジャズのLPを聴き衝撃を覚えた。藤沢市でジャズ教室に通います。

ロカビリー三人男

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.12.24~ 20 155 12 青い鷲 黄色の種
1958.12.24~ 21 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1959.12.24~ 22 105 1 赤い蛇 赤い蛇
慶應義塾高校を中退。
1957年にジャズ喫茶のステージに出演。ここで見初められ石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演。
1958年1月にソロデビュー。その後、ミッキー・カーチス、山下敬二郎と「ロカビリー三人男」を結成。
音楽フェスティバル『日劇ウエスタンカーニバル』などに出演し爆発的人気を博します。ロカビリーブームを生み出します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に「ロカビリー三人男」として爆発的人気を博します。

作曲家として再ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.24~ 28 215 7 青い鷲 赤い月
1966.12.24~ 29 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1967.12.24~ 30 165 9 赤い蛇 赤い地球
1968.12.24~ 31 10 10 白い犬 赤い竜
ロカビリーブームが去った1965年頃から1961年にリリースし作曲担当した「おもいで」で再ブレイク。
続けて「霧の摩周湖」「渚のセニョリーナ」など作曲しヒット曲を送り出し、第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。
しかし1968年に結核を患い大手術を受け1969年に退院。
平尾はこの療養期間が作曲家としての活動の原点であると語っている。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに作曲家としてブレイク。
赤色の後半に療養生活を送った。自身の作曲家の活動の原点と語っている。

大ヒット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.12.24~ 33 220 12 黄色い太陽 赤い月
1971.12.24~ 34 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1972.12.24~ 35 170 1 白い犬 白い犬
1970年代に入ると五木ひろし、小柳ルミ子、アグネス・チャンらに曲を提供。
作詞家の山口洋子とのコンビはこの時代のゴールデン・コンビとして知られている。

1971年に「よこはま・たそがれ」、「わたしの城下町」が大ヒット。
1972年に「瀬戸の花嫁」、1973年に「夜空」で賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に次々に大ヒット曲を送り出します。

平尾昌晃音楽学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.12.24~ 36 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1974.12.24~ 37 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1975.12.24~ 38 225 4 赤い蛇 白い風
1974年に平尾昌晃音楽学校(現・平尾昌晃ミュージックスクール)を創設。
東京本校の他、札幌、所沢、茨城、名古屋、大阪、福岡、鹿児島にも地方校があり、歌手デビューのバックアップを行います。
同行の出身者に松田聖子森口博子などいます。

ウェブスペルの色が白色の始めころに平尾昌晃音楽学校を創設。日本各地でデビューのバックアップを行います。

1980年代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.24~ 42 125 8 赤い蛇 白い鏡
1980.12.24~ 43 230 9 白い犬 白い風
1981.12.24~ 44 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1979年、1980年にはNHKの人気番組『レッツゴーヤング』の司会を担当。その一方、ラジオパーソナリティも担当。
1980年代は水谷豊主演の『熱中時代』や藤田まこと主演の『必殺シリーズ』、松本零士の『銀河鉄道999』の音楽を務めます。
また、宝塚歌劇団の舞台音楽を晩年まで長きにわたり手掛けます。

ウェブスペルの色が白色の後半に『レッツゴーヤング』の司会を担当。また、熱中時代、必殺シリーズ、銀河鉄道999などの音楽を手がけます。

『蛍の光』の指揮

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.24~ 69 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2007.12.24~ 70 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
2008.12.24~ 71 50 11 白い犬 黄色い太陽
2003年に紫綬褒章を受賞。翌2004年には三男の平尾勇気が歌手デビュー。
2006年より紅白歌合戦の最後に流れる『蛍の光』の指揮を担当(3代目指揮者)。2016年まで11回指揮を務めます。

ウェブスペルの色が黄色の後半より紅白歌合戦の『蛍の光』の3代目指揮者になります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.12.24~ 77 160 4 黄色い太陽 赤い地球
2015.12.24~ 78 5 5 赤い蛇 赤い竜
2016.12.24~ 79 110 6 白い犬 赤い蛇
2015年に肺がんを患い闘病。入退院を繰り返します。
2017年7月21日に肺炎のため亡くなりました。
亡くなった後に第59回日本レコード大賞特別功労賞が贈られます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に肺がんを患い闘病生活。赤色の半ばに亡くなりました。

平尾昌晃(ひらお まさあき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に「ロカビリー三人男」として爆発的人気を博します。
赤色の半ばに作曲家としてブレイク。
赤色の後半に結核のために療養生活を送った。自身の作曲家の活動の原点と語っている。
赤色の最後付近に次々に大ヒット曲を送り出します。
白色の始めころに平尾昌晃音楽学校を創設。日本各地で歌手デビューのバックアップを行います。
白色の後半に『レッツゴーヤング』の司会を担当。また、熱中時代、必殺シリーズ、銀河鉄道999などの音楽を手がけます。
2度目の黄色の後半より紅白歌合戦の『蛍の光』の3代目指揮者になります。
2度目の赤色の前半に肺がんを患い闘病生活。赤色の半ばに亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む


生島ヒロシ
生島ヒロシ(いくしま ひろし)は、日本のアナウンサー、タレント。元TBSアナウンサー。TBSラジオで『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当。20年以上続けています。

続きを読む


鈴木杏樹
鈴木杏樹(すずき あんじゅ)は、日本の女優、司会者。女優として司会者として長く活躍。特に『ミュージックフェア』では20年に渡り司会を担当。一時期CM14本に出演しCMの女王の異名をとったこともあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin135)

榊原郁恵
榊原郁恵(さかきばら いくえ)は、日本の元アイドルで歌手、タレント。夫は俳優の渡辺徹。「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入り。ドラマやCMや歌手として活躍します。

続きを読む


五代友厚
五代友厚さんは薩摩藩士、政治家、実業家。明治初期に大阪経済を立て直すために商工業の組織化を行い「近代大阪経済の父」とも言われます。

続きを読む


吉高由里子
吉高由里子(よしたか ゆりこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『花子とアン』にオーディションなしで主演に抜擢。最近は『東京タラレバ娘』『正義のセ』で主演。

続きを読む


関連記事 (作家)

サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


山崎豊子
山崎豊子さんは小説家。主要作品の大半が映画化およびドラマ化され社会派小説の金字塔を打ち立てた作家です。「白い巨塔」や「華麗なる一族」などが有名です。

続きを読む


小泉八雲
小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。著書『怪談』で有名。

続きを読む


関連記事 (歌手)

西城秀樹
西城秀樹(さいじょう ひでき)は、日本の歌手、俳優。愛称は「ヒデキ」。1970年代にヒット曲を連発。郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれます。代表曲はYMCAなど。

続きを読む


伊藤蘭
伊藤蘭(いとう らん)は、日本の女優、ナレーター、歌手。愛称はランちゃん。元キャンディーズのメンバー。夫は俳優の水谷豊。長女は女優の趣里。2019年より歌手活動を41年ぶりに再開。

続きを読む


淡谷のり子
淡谷のり子(あわや のりこ)は、日本の女性歌手。日本のシャンソン界の先駆者であり「ブルースの女王」と呼ばれます。晩年は『ものまね王座決定戦』の名物審査員として活躍しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事