763 views

俳優・三國連太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 三國連太郎

記事公開日:2018年12月01日
最終更新日:2019年09月05日

三國連太郎
出典:wikipedia.org 1950年代頃

三國連太郎(みくに れんたろう)は、日本の俳優、監督。

個性は俳優として日本映画界を牽引、日本を代表する俳優の一人。
主演・助演を問わず幅広く出演、映画出演の本数は180本余りに及んだ。
俳優の佐藤浩市は三國の3番目の妻との子。

このページでは三國連太郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

三國連太郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1923年1月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin147(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 黄色い種 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin114
絶対反対kin kin17

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin147の誕生日占いは、喜びを満面に表現できるタイプです。仲間はずれに弱いです。恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

広告

三國連太郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

母は16歳で広島県呉市の海軍軍人の家に女中奉公に出され、ここで三國を身籠ります。
しかし家を追い出され静岡県で三國の父となる男と知り合い、1922年に群馬県太田市で結婚。1923年に三國が生まれます。本名は佐藤政雄(さとう まさお)。
父は電気工事の渡り職人で、三國が生後7か月に父の実家のある静岡県西伊豆に戻り、三國はここで育ちます。

家出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1936.1.20~ 13 212 4 黄色い人 赤い月
1937.1.20~ 14 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1938.1.20~ 15 162 6 白い風 赤い地球
地元の旧制豆陽中学を2年で中退、下田港から密航し中国・青島に渡り、その後釜山で弁当売り、帰国し大阪で皿洗い、ペンキ塗り、旋盤工などさまざまな職に就きます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に中国へ密航。その後、大阪で様々な職に就きます。

中国戦線

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1943.1.20~ 20 167 11 青い手 赤い地球
1944.1.20~ 21 12 12 黄色い人 赤い竜
1945.1.20~ 22 117 13 赤い地球 赤い蛇
1946.1.20~ 23 222 1 白い風 白い風
1943年に大阪で働いていた三國に徴兵検査の通知が来ます。伊豆へ戻り検査を受け甲種合格となり召集。
戦争に行きたくない三國は逃亡、佐賀県で憲兵に捕まり入隊し中国戦線へ送られます。
三國のおくられた部隊は総勢千数百人でしたが戦後日本に生きて戻れたのは30人程でした。
戦後、収容所に入れられます。妻帯者は早く日本へ帰国できることから同じ姓の佐藤と偽装結婚し1946年に帰国。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に召集され中国戦線へ送られます。
白色の始めの年に帰国。

三國連太郎

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1950.1.20~ 27 122 5 白い風 白い鏡
1951.1.20~ 28 227 6 青い手 白い風
1950年にスカウトされ松竹大船撮影所に演技研究生として入所。
このスカウトは偶然ではなく昔出入りしていた写真館の主人が松竹のスター募集に三國の写真を送っていたからと後日に発覚。
1951年にデビュー。芸名を三國連太郎とします。

ウェブスペルの色が白色の半ばに松竹に入りデビュー。三國連太郎を芸名とします。

二枚目俳優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.1.20~ 29 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1953.1.20~ 30 177 8 赤い地球 白い犬
1954.1.20~ 31 22 9 白い風 白い魔法使い
1952年に渋谷実監督・本日休診、1955年に久松静児監督・警察日記、1956年に市川崑監督・ビルマの竪琴など二枚目俳優として知られる存在になります。
1953年に3度目の結婚。この妻との間に生まれたのが俳優の佐藤浩市です。

ウェブスペルの色が白色の後半より二枚目俳優として知られる存在になります。

貴重な脇役・準主役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.1.20~ 34 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1958.1.20~ 35 182 13 白い風 白い犬
1959.1.20~ 36 27 1 青い手 青い手
三國は徹底した役作りに挑みます。時には歯を10本抜き老軍人役を演じたりします。
1957年に家城巳代治監督・異母兄弟、1961年から内田吐夢監督・宮本武蔵、1962年に市川崑監督・破戒、小林正樹監督・切腹など,日本を代表する監督の話題作に貴重な脇役・準主役として起用されます。
1968年に内田吐夢監督・飢餓海峡の殺人犯役で圧倒的な存在感を見せます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に日本を代表する監督の貴重な脇役・準主役として起用されます。

「釣りバカ日誌」シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.1.20~ 63 2 2 白い風 赤い竜
1987.1.20~ 64 107 3 青い手 赤い蛇
1988.1.20~ 65 212 4 黄色い人 赤い月
1986年に息子の佐藤浩市と初共演。佐藤浩市が幼少期に三國は家出、母に育てられ確執がありましたが、共演を繰り返し三國の晩年には改善の兆しを見せます。
1988年より「釣りバカ日誌」シリーズを2009年まで「鈴木社長」役で活躍。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに息子の佐藤浩市と初共演。
赤色の前半より「釣りバカ日誌」シリーズに出演。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.1.20~ 89 132 2 黄色い人 青い猿
2013.1.20~ 90 237 3 赤い地球 青い鷲
2012年に東京近郊の療養型病院に入院していることが報じられます。
2013年4月14日に亡くなりました。生前「戒名はいらない。三國連太郎のままでいく」と話していました。

ウェブスペルの色が青色の前半に亡くなりました。

三國連太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に中国へ密航。その後、大阪で様々な職に就きます。
赤色の最後付近に召集され中国戦線へ送られます。
白色の始めの年に帰国。
白色の半ばに松竹に入りデビュー。三國連太郎を芸名とします。
白色の後半より二枚目俳優として知られる存在になります。
白色の最後付近には日本を代表する監督の貴重な脇役・準主役として起用されます。
2度目の赤色の始めころに息子の佐藤浩市と初共演。
2度目の赤色の前半より「釣りバカ日誌」シリーズに出演。
2度目の青色の前半に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

リーチマイケル
リーチマイケルは、ラグビー選手。2019年のラグビーワールドカップ日本代表のキャプテンとして、チームを史上初のベスト8に導いた人物です。

続きを読む


古橋廣之進
古橋廣之進(ふるはし ひろのしん)は、日本の水泳選手、スポーツ指導者。戦後、自由形で世界新記録を連発。「フジヤマのトビウオ」と呼ばれ、戦後日本の復興のシンボルとなった人物。

続きを読む


橋幸夫
橋幸夫(はし ゆきお)は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。1960年代半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに御三家としてアイドル的な人気を集めました。歌手の他に、俳優としても活躍。

続きを読む


三波春夫
三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。昭和を代表する歌手。特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

続きを読む


出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin147)

火野正平
火野正平(ひの しょうへい)は、日本の俳優。芸能界の「元祖プレイボーイ」と称され、ワイドショーを賑わあせます。2011年より「にっぽん縦断 こころ旅」のパーソナリティを務めます。

続きを読む


比嘉愛未
比嘉愛未(ひが まなみ)は、日本の女優、ファッションモデル。朝の連続ドラマ『どんど晴れ』のヒロインに2156人のオーディションから選ばれブレイク。以降、多くのテレビドラマ、映画に出演。

続きを読む


関連記事 (俳優)

反町隆史
反町隆史(そりまち たかし)は、日本の俳優。ドラマ『ビーチボーイズ』『GTO』など話題のドラマに立て続けに出演しブレイク。松嶋菜々子との結婚はビックカップル同士で話題となった。

続きを読む


藤田まこと
藤田まこと(ふじた まこと)は、日本の俳優、コメディアン。『てなもんや三度笠』に出演し人気を得ます。必殺シリーズではぐれ刑事純情派などで俳優として定番となります。

続きを読む


市村正親と篠原涼子
市村正親と篠原涼子は2005年8月に結婚した夫婦です。24歳の年の差カップルで話題となりました。2人は、2001年の舞台『ハムレット』の共演をきっかけに交際を開始します。

続きを読む


松重豊
松重豊(まつしげ ゆたか)は、日本の俳優。名脇役として知られています。2012年に「孤独のグルメ」で連続テレビドラマ初主演。シリーズ化され当たり役となります。

続きを読む


ムロツヨシ
ムロツヨシは、日本の俳優、コメディアン。長い下済み時代に無名の役者として多数の作品に出演。俳優や監督と繋がりを広げます。2014年に『日経トレンディ』の「今年のヒット人」に選ばれます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事