351 views

俳優・中村倫也の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村倫也

中村倫也
→ 画像検索はこちら

中村倫也(なかむら ともや)は、日本の俳優・タレント。

2005年に映画『七人の弔』で俳優デビュー。
2018年に連続テレビ小説『半分、青い。』に朝井正人役で出演し知名度UP。

このページでは、中村倫也(なかむら ともや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村倫也の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1986年12月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin80です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い嵐 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin181
絶対反対kin kin210

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin80の誕生日占いは、問題にぶつかればぶつかるほど、やる気の出るタイプのタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

中村倫也の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。本名は中村友也(なかむらともや)。2歳年上の兄がいます。
学生時代はサッカーに熱中し、高校はサッカーの強豪校に進学。

スカウト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.12.24~ 15 95 4 青い鷲 黄色い人
2002.12.24~ 16 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2003.12.24~ 17 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
高校1年の時に芸能事務所トップコートからスカウトを受けます。
トップコートには知人の江川卓の娘が勤務しており声をかけられたそうです。
演技はトップコートの養成所Artist☆Artistで学びます。
高校時代は年間に100本映画を見ていたそうです。

ウェブスペルの色が黄色の前半に芸能事務所トップコートからスカウトされます。

俳優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.12.24~ 18 150 7 白い犬 黄色の種
2005.12.24~ 19 255 8 青い鷲 黄色い星
2006.12.24~ 20 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2005年に映画『七人の弔』で俳優デビュー。
2006年に『黄昏』で初舞台。
2007年に深夜ドラマ『ハリ系』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画『七人の弔』で俳優デビュー。

舞台初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.24~ 27 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
2014.12.24~ 28 160 4 黄色い太陽 赤い地球
2015.12.24~ 29 5 5 赤い蛇 赤い竜
2014年で芸能生活10周年を迎え『ヒストリーボーイズ』で舞台初主演。第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。
2015年に映画『やるっきゃ騎士』で主演の誠豪介役。
2016年に映画『星ガ丘ワンダーランド』で主演の瀬生温人役。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『ヒストリーボーイズ』で舞台初主演。

半分、青い。

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.12.24~ 31 215 7 青い鷲 赤い月
2018.12.24~ 32 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2019.12.24~ 33 165 9 赤い蛇 赤い地球
2018年の朝の連続テレビ小説『半分、青い。』に朝井正人役で出演し、知名度が上がるきっかけとなった。同年、Yahoo!検索大賞俳優部門受賞。ブレイク俳優ランキング第3位。
2019年に実写版『アラジン』で主人公 アラジンの吹き替えを担当。同年、ドラマ『凪のお暇』で第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞を受賞。
2020年5月28日にバラエティ『ひと目でわかる』で初MCを担当。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『半分、青い。』で朝井正人役。知名度がUPしブレイク俳優ランキング第3位に輝いた。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.24~ 34 10 10 白い犬 赤い竜
2021.12.24~ 35 115 11 青い鷲 赤い蛇
2022.12.24~ 36 220 12 黄色い太陽 赤い月
中村倫也の現在は、ウェブスペルの色が赤色の後半に当たります。
34才の時はKin10。やさしく、オールマイティー、いろいろな才能をもっている年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

中村倫也のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の前半に芸能事務所トップコートからスカウトされます。
黄色の半ばに映画『七人の弔』で俳優デビュー。
赤色の前半に『ヒストリーボーイズ』で舞台初主演。
赤色の半ばに『半分、青い。』で朝井正人役。知名度がUPしブレイク俳優ランキング第3位に輝いた。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


黒島結菜
黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。

続きを読む


船越英二
船越英二(ふなこし えいじ)は、日本の俳優。長男は俳優の船越英一郎。大映第2期ニューフェイスに合格し俳優デビュー。大映倒産まで映画で、その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin080)

米倉涼子
米倉涼子(よねくら りょうこ)は、女優、ファッションモデル。全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。翌年からモデルとして活躍。その後女優宣言し女優になります。

続きを読む


高橋留美子
高橋留美子(たかはし るみこ)は、日本の漫画家。代表作に「うる星やつら」や「犬夜叉」などがあります。1980年代以降あだち充とともに週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む


三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


北勝海信芳
北勝海信芳(ほくとうみ のぶよし)は、元大相撲力士。第61代横綱。現在は年寄・八角、八角部屋(高砂一門)の師匠。第13代日本相撲協会理事長。現役時代は千代の富士とともに九重部屋の黄金時代を築いた人物。

続きを読む


安室奈美恵
安室奈美恵(あむろ なみえ)は日本の女性歌手、ダンサー。1996年から彼女のファッションスタイルに憧れる若い女性たちが「アムラー・ブーム」を起こし社会現象となった。2018年9月に引退。

続きを読む


関連記事 (俳優)

アーノルド・シュワルツェネッガー
シュワルツェネッガーは、アメリカの元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。日本では「シュワちゃん」という愛称で親しまれています。

続きを読む


梅宮辰夫
梅宮辰夫(うめみや たつお)は日本の俳優・タレント・実業家。娘はタレントの梅宮アンナ。昭和の映画スター。俳優として映画・テレビドラマに出演。その後、飲食事業の経営やバラエティ番組にも進出。

続きを読む


坂口健太郎
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


水谷豊
水谷豊(みずたに ゆたか)は、俳優、歌手。『熱中時代(教師編)』の主演で大ブレイク。「カリフォルニア・コネクション」ヒット。その後『相棒』の主演で誰もが知る俳優となります。

続きを読む


駿河太郎
駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ