195 views

俳優・中村梅雀の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村梅雀

中村梅雀
→ 画像検索はこちら

二代目 中村梅雀(なかむら ばいじゃく)は日本の俳優、ベーシスト、作曲家。

代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
『赤かぶ検事奮戦記』の柊茂役や『信濃のコロンボ事件ファイル」の竹村岩男警部役など当たり役多数あります。

このページでは中村梅雀(なかむら ばいじゃく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村梅雀の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1955年12月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin193です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 青い夜 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin68
絶対反対kin kin63

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin193の誕生日占いは、パフォーマンスが得意なタイプです。エネルギッシュでパワフルです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

中村梅雀の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都武蔵野市生まれ。本名は三井進一(みつい しんいち)。
父は歌舞伎役者の四代目中村梅之助。中村家は代々歌舞伎役者の家系で屋号は成駒屋。
母はピアニスト。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.12~ 10 203 8 青い夜 黄色い戦士
1966.12.12~ 11 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1967.12.12~ 12 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1965年に初舞台を踏みます。この頃、中村まなぶを名乗っていました。劇団前進座で歌舞伎・演劇の世界を学びます。
12才の時に母の影響もありベースを始めます。中学時代にバンド活動を開始。

ウェブスペルの色が黄色の後半に初舞台を踏みます。

テレビドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.12~ 13 258 11 白い鏡 黄色い星
1969.12.12~ 14 103 12 青い夜 黄色い人
1970.12.12~ 15 208 13 黄色い星 黄色い戦士
代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
1969年に大河ドラマ『天と地と』で武田勝頼役で出演。祖父・父と共演。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。

中村梅雀

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.12~ 24 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1980.12.12~ 25 218 10 白い鏡 赤い月
1981.12.12~ 26 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1980年、前進座創立50周年記念公演を機に、曾祖父・二代目中村翫右衛門がかつて名乗った梅雀を襲名し「二代目梅雀」になります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に二代目梅雀を襲名。

八代将軍吉宗

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.12~ 35 228 7 黄色い星 白い風
1991.12.12~ 36 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1994.12.12~ 39 128 11 黄色い星 白い鏡
1995.12.12~ 40 233 12 赤い空歩く人 白い風
1991年に前進座特別公演『煙が目にしみる』の演技で文化庁芸術祭賞を受賞。
1995年に大河ドラマ『八代将軍吉宗』で演じた徳川家重役が話題を呼び、一気に知名度が上がります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。

大石内蔵助

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.12~ 45 238 4 白い鏡 青い鷲
2001.12.12~ 46 83 5 青い夜 青い嵐
2002.12.12~ 47 188 6 黄色い星 青い夜
2000年に入り『信濃のコロンボ』の竹村岩男役や『釣りバカ日誌』シリーズの草森秘書室長役なども当たり役となった。
また、2000年から舞台『大石内蔵助 おれの足音』で主演の大石内蔵助を行い2006年まで全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
2016年に赤穂市の第113回赤穂義士祭のイベントで再び内蔵助を演じた。

ウェブスペルの色が青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.12~ 51 88 10 黄色い星 青い嵐
2007.12.12~ 52 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2008.12.12~ 53 38 12 白い鏡 青い手
2006年に前進座に所属する25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。2015年に女児に恵まれます。
2007年に前進座を退団。その後、フリーで活動。
2009年よりテレビドラマ『赤かぶ検事奮戦記』で主演。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.12~ 63 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2019.12.12~ 64 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2020.12.12~ 65 258 11 白い鏡 黄色い星
中村梅雀の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
63才の時はKin48。表現力豊かで明るく忍耐強い年です。おしゃれな面もあります。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

中村梅雀のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に初舞台を踏みます。
黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。
赤色の後半に二代目梅雀を襲名。
白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。
青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


森英恵
森英恵(もり はなえ)は、日本の女性ファッションデザイナー。海外のコレクションに参加し国際的に活躍。バルセロナ五輪の日本チームのユニホームや雅子妃のローブデコルテのデザインなどを担当。

続きを読む


吉野彰
吉野彰(よしの あきら)は、日本のエンジニア、研究者。リチウムイオン二次電池の発明者の一人。2019年のノーベル化学賞受賞者。

続きを読む


二階堂ふみ
二階堂ふみ(にかいどう ふみ)は、日本の女優。沖縄県那覇市出身。2020年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『エール』のヒロインオーディションで2,082人の中から選ばれヒロイン・関内音役を演じます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin193)

前澤友作
前澤友作(まえざわ ゆうさく)は日本の実業家。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する会社の創業者。堀江貴文は、田原総一朗との対談で前澤友作のことを「たるんでいない経営者」と評しています。

続きを読む


八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


石川啄木
石川啄木(いしかわ たくぼく)は日本の歌人、詩人。歌集『一握の砂』で近代短歌に新領域を開いた人物です。結核のため26歳の若さでなくなります。

続きを読む


関連記事 (俳優)

藤原竜也
藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

続きを読む


田村正和
田村正和(たむら まさかず)は、日本の俳優です。1970年代はTV時代劇、1980年代はホームドラマ、1990年代は刑事ドラマ『古畑任三郎』と幅広い役柄で主演した人物です。

続きを読む


中井貴一
中井貴一(なかい きいち)は、俳優、歌手。大学時代に映画・テレビでデビュー。『ふぞろいの林檎たち』で知名度が急上昇します。大河ドラマ『武田信玄』が大ヒット。その後さまざまな役に挑戦します。

続きを読む


野村萬斎
野村萬斎(のむら まんさい)は、狂言方和泉流の能楽師、俳優。端正な顔立ちから「狂言界のプリンス」と呼ばれる、日本を代表する狂言役者の一人です。

続きを読む


浅野忠信
浅野忠信(あさの ただのぶ)は、日本の俳優、音楽家。俳優としてデビュー後に新鋭の映画監督の作品に出演し知名度を高めます。近年はドローイング(線画)の個展を開催。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事