572 views

俳優・中村梅雀の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村梅雀

記事公開日:2019年10月07日
最終更新日:2020年02月25日

中村梅雀
→ 画像検索はこちら

二代目 中村梅雀(なかむら ばいじゃく)は日本の俳優、ベーシスト、作曲家。

代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
『赤かぶ検事奮戦記』の柊茂役や『信濃のコロンボ事件ファイル」の竹村岩男警部役など当たり役多数あります。

このページでは中村梅雀(なかむら ばいじゃく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村梅雀の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1955年12月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin193です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 青い夜 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin68
絶対反対kin kin63

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin193の誕生日占いは、パフォーマンスが得意なタイプです。エネルギッシュでパワフルです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

中村梅雀の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都武蔵野市生まれ。本名は三井進一(みつい しんいち)。
父は歌舞伎役者の四代目中村梅之助。中村家は代々歌舞伎役者の家系で屋号は成駒屋。
母はピアニスト。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.12~ 10 203 8 青い夜 黄色い戦士
1966.12.12~ 11 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1967.12.12~ 12 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1965年に初舞台を踏みます。この頃、中村まなぶを名乗っていました。劇団前進座で歌舞伎・演劇の世界を学びます。
12才の時に母の影響もありベースを始めます。中学時代にバンド活動を開始。

ウェブスペルの色が黄色の後半に初舞台を踏みます。

テレビドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.12~ 13 258 11 白い鏡 黄色い星
1969.12.12~ 14 103 12 青い夜 黄色い人
1970.12.12~ 15 208 13 黄色い星 黄色い戦士
代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
1969年に大河ドラマ『天と地と』で武田勝頼役で出演。祖父・父と共演。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。

中村梅雀

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.12~ 24 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1980.12.12~ 25 218 10 白い鏡 赤い月
1981.12.12~ 26 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1980年、前進座創立50周年記念公演を機に、曾祖父・二代目中村翫右衛門がかつて名乗った梅雀を襲名し「二代目梅雀」になります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に二代目梅雀を襲名。

八代将軍吉宗

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.12~ 35 228 7 黄色い星 白い風
1991.12.12~ 36 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1994.12.12~ 39 128 11 黄色い星 白い鏡
1995.12.12~ 40 233 12 赤い空歩く人 白い風
1991年に前進座特別公演『煙が目にしみる』の演技で文化庁芸術祭賞を受賞。
1995年に大河ドラマ『八代将軍吉宗』で演じた徳川家重役が話題を呼び、一気に知名度が上がります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。

大石内蔵助

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.12~ 45 238 4 白い鏡 青い鷲
2001.12.12~ 46 83 5 青い夜 青い嵐
2002.12.12~ 47 188 6 黄色い星 青い夜
2000年に入り『信濃のコロンボ』の竹村岩男役や『釣りバカ日誌』シリーズの草森秘書室長役なども当たり役となった。
また、2000年から舞台『大石内蔵助 おれの足音』で主演の大石内蔵助を行い2006年まで全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
2016年に赤穂市の第113回赤穂義士祭のイベントで再び内蔵助を演じた。

ウェブスペルの色が青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.12~ 51 88 10 黄色い星 青い嵐
2007.12.12~ 52 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2008.12.12~ 53 38 12 白い鏡 青い手
2006年に前進座に所属する25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。2015年に女児に恵まれます。
2007年に前進座を退団。その後、フリーで活動。
2009年よりテレビドラマ『赤かぶ検事奮戦記』で主演。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.12~ 63 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2019.12.12~ 64 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2020.12.12~ 65 258 11 白い鏡 黄色い星
中村梅雀の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
64才の時はKin153。自信のあるふりをすることで後から自信が備わる年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

中村梅雀のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に初舞台を踏みます。
黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。
赤色の後半に二代目梅雀を襲名。
白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。
青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


石丸幹二
石丸幹二(いしまる かんじ)は、日本の俳優、歌手、司会者。劇団四季に17年在籍。ミュージカルとストレートプレイの両方で看板俳優として活動。退団後は舞台はもとよりテレビドラマや映画、歌手にも進出。

続きを読む


前田武彦
前田武彦(まえだ たけひこ)は、日本のタレント、放送作家、司会者。愛称はマエタケ。『夜のヒットスタジオ』『笑点』『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』など司会を担当。「フリートークの天才」と呼ばれた人物。

続きを読む


山崎育三郎
山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)は、日本のミュージカル俳優、歌手。妻は元モーニング娘。の安倍なつみ。ミュージカルファンから『プリンス』の愛称で親しまれる人物。テレビドラマにも進出。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin193)

石川啄木
石川啄木(いしかわ たくぼく)は日本の歌人、詩人。歌集『一握の砂』で近代短歌に新領域を開いた人物です。結核のため26歳の若さでなくなります。

続きを読む


中島知久平
中島知久平(なかじま ちくへい)は、日本の海軍軍人、実業家、政治家。創設した中島飛行機は第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカー。戦後GHQより財閥解体指令を受けます。

続きを読む


八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


前澤友作
前澤友作(まえざわ ゆうさく)は日本の実業家。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する会社の創業者。堀江貴文は、田原総一朗との対談で前澤友作のことを「たるんでいない経営者」と評しています。

続きを読む


安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


関連記事 (俳優)

鈴木亮平
鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む


陣内孝則(じんない たかのり)は日本の俳優、歌手、タレント、映画監督。元ザ・ロッカーズのボーカル。その後、俳優に転身。トレンディドラマに出演し顔が知られるようになります。

続きを読む


ジャッキー・チェン
ジャッキー・チェンは香港出身の映画俳優。代表作に『プロジェクトA』『ラッシュアワー』など多数ある。

続きを読む


仲代達矢(なかだい たつや)は、日本の俳優。劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、日本を代表する名優。妻の宮崎恭子と無名塾を創立して後進の養成を行います。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事