771 views

俳優・前田吟の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 前田吟

記事公開日:2019年02月21日
最終更新日:2020年11月12日

前田吟
→ 画像検索はこちら

前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。

映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。
大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

このページでは、前田吟(まえだ ぎん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

前田吟(まえだ ぎん)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1944年2月21日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin44です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 黄色い太陽 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin217
絶対反対kin kin174

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin44の誕生日占いは、知識欲旺盛なタイプです。掘り下げましょう。のめりこみましょう。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。家庭的に苦労しやすい。

広告

前田吟(まえだ ぎん)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

山口県防府市で生まれます。父は記者、母はタイプライター教師。
家庭環境不良のために生後間もなく前田家に養子に出されます。幼少期の名は前田信明(まえだ のぶあき)。

幼少期

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.2.21~ 5 49 10 赤い月 黄色い太陽
1956.2.21~ 12 4 4 黄色の種 赤い竜
1957.2.21~ 13 109 5 赤い月 赤い蛇
養母が5歳の時、養父が12歳の時に亡くなります。
この後、実家には戻らず知り合いの家を転々とします。

ウェブスペルの色が黄色の後半に養母が、赤色の前半に養父が亡くなり、知り合いの家を転々とします。

役者を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.2.21~ 16 164 8 黄色の種 赤い地球
1961.2.21~ 17 9 9 赤い月 赤い竜
中学卒業後に高校に進学しますが1年で中退。
大阪へ出て家具屋に就職。そんな時、黒澤明監督の『野良犬』や『七人の侍』を見て感動し役者になるのを志します。
演劇研修所に通うのと並行し高校卒業免許を取るために通信教育の高校に入ります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に役者になるのを志し演劇研修所に通い始めます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.2.21~ 18 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1963.2.21~ 19 219 11 青い嵐 赤い月
1964.2.21~ 20 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1962年に通信高校を卒業。本格的に役者を目指し上京。東京芸術座研究所第1期生となった。
1963年に劇団俳優座養成所15期生となり、工事現場などで働きながらチャンス到来を待ちます。
1964年に2つ年上の女性と結婚。同年、本名の前田信明でデビュー。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に本名の前田信明でデビュー。

男はつらいよ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.2.21~ 23 119 2 青い嵐 白い鏡
1968.2.21~ 24 224 3 黄色の種 白い風
1969.2.21~ 25 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1967年に芸名を前田吟に改名。俳優仲間からは「吟ちゃん」と呼ばれます。
1968年に演技が山田洋次監督の目に留まり、1969年に映画『男はつらいよ』に寅次郎の妹さくらの後の夫役に抜擢。
映画『男はつらいよ』シリーズ48作すべてに出演します。

ウェブスペルの色が白色の始めころに芸名を前田吟に改名。
白色の前半より映画『男はつらいよ』に出演します。

歌手活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.2.21~ 36 184 2 黄色の種 青い夜
1985.2.21~ 41 189 7 赤い月 青い夜
1986.2.21~ 42 34 8 白い魔法使い 青い手
1980年に主演映画『看護婦のオヤジがんばる』の主題歌「ささやかな人生」でシングルレコードデビュー。
1985年に「あゝ単身赴任~昭和ひとり旅~」、1986年に「男と女のラブゲーム」を滝里美とデュエット。
これまでにシングルレコード3枚、シングルCD1枚をリリースしています。

ウェブスペルの色が青色の始めころに歌手活動を行います。

渡る世間は鬼ばかり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.2.21~ 46 194 12 白い魔法使い 青い夜
1991.2.21~ 47 39 13 青い嵐 青い手
1992.2.21~ 48 144 1 黄色の種 黄色の種
橋田壽賀子石井ふく子関連作品に多数出演。
1990年より『渡る世間は鬼ばかり』に野田良役で出演。これより20数年に渡りこのキャラクターを演じます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近より『渡る世間は鬼ばかり』に出演。

スーパーモーニング

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.2.21~ 58 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2002年4月にテレビ朝日の情報番組『スーパーモーニング』の司会に抜擢。テレビ朝日の重役が前田のファンだったことからの起用でした。
しかし視聴率が全く振るわなく2002年10月に一大リニューアル。前田は降板します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『スーパーモーニング』の司会に抜擢されますが半年で降板。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.21~ 75 119 2 青い嵐 白い鏡
2020.2.21~ 76 224 3 黄色の種 白い風
2021.2.21~ 77 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
前田吟の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
76才の時はKin224。どんな状況でも気持ちの落ち着きが保てる年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

前田吟のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に養母が、赤色の前半に養父が亡くなり、知り合いの家を転々とします。
赤色の後半に役者になるのを志し演劇研修所に通い始めます。
赤色の最後付近に本名の前田信明でデビュー。
白色の始めころに芸名を前田吟に改名。
白色の前半より映画『男はつらいよ』に出演。その後、シリーズ48作すべてに出演。
青色の始めころに歌手活動を行います。
青色の最期付近より『渡る世間は鬼ばかり』に出演。その後、20数年に渡り出演。
2度目の黄色の最後付近に『スーパーモーニング』の司会に抜擢されますが半年で降板。

前田吟の次男の前田淳(まえだ じゅん)は父と同じく俳優としてテレビドラマ、映画などで活躍。
四男は競技ダンス選手の前田亨。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin044)

笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む


磯野貴理子
磯野貴理子(いその きりこ)は、日本のタレント、女優、コメディアン。3人組お笑い女性アイドルグループ「チャイルズ」のメンバー。「チャイルズ」解散後はタレントとしてバラエティ番組で活動。

続きを読む


関連記事 (俳優)

萩原健一
萩原健一(はぎわら けんいち)は、日本の俳優・歌手。ニックネームは「ショーケン」。グルーブサウンズ全盛期にボーカルとして人気を得ます。その後、俳優に転身。テレビドラマ、映画で数々の主演を行いました。

続きを読む


竹中直人
竹中直人(たけなか なおと)は、日本の俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手。コメディアンとして活動、並行し俳優活動を行います。大河ドラマ『秀吉』で秀吉役が当たり役となります。

続きを読む


堤真一
堤真一(つつみ しんいち)は、日本の俳優。舞台俳優として活動後、テレビドラマ『ピュア』『やまとなでしこ』に出演し知名度UP。日本アカデミー賞では主演と助演の2部門を受賞。史上4人目。

続きを読む


ジェームズ・ディーン
ジェームズ・ディーンは、アメリカの俳優。芸歴はたったの4年間、主演俳優になって半年足らずで自動車事故で若くして亡くなりました。

続きを読む


遠藤憲一
遠藤憲一(えんどう けんいち)は日本の俳優、声優、ナレーター、脚本家。眼光鋭く、強面な風貌から悪役を演じることが多い。近年は主役・準主役級からコミカルな役どころまで多く活躍しています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ