2,792 views

俳優・大杉蓮の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大杉蓮

記事公開日:2018年03月01日
最終更新日:2021年09月03日

大杉蓮
→ 画像検索はこちら

大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。

様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。

このページでは、大杉蓮(おおすぎ れん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大杉蓮の誕生日占い

生年月日:1951年9月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い月 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin44
絶対反対kin kin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

大杉蓮の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

徳島県小松島市で生まれます。
父は小松島市立小松島中学校の校長を務めていたこともあります。

劇団活動との出会い

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.9.27~ 18 27 1 青い手 青い手
1970.9.27~ 19 132 2 黄色い人 青い猿
1971.9.27~ 20 237 3 赤い地球 青い鷲
1972.9.27~ 21 82 4 白い風 青い嵐
徳島県の高校を卒業後に上京し明治大学へ進学。

1970年代に人気の蜷川幸雄、寺山修司、唐十郎らの演劇に通います。
1973年に太田省吾の劇団に入り、明治大学は中退。
1974年に太田省吾創設の転形劇場で舞台俳優として活動を本格化します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に上京、その後演劇にハマり、劇団に入り大学を中退します。

下済み時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.9.27~ 28 37 11 赤い地球 青い手
1980.9.27~ 29 142 12 白い風 青い猿
1988.9.27~ 37 202 7 白い風 黄色い戦士
1980年にピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優としてデビュー。ピンク映画に積極的にするようになります。
1988年に転形劇場が解散し、37歳で活動の場が無くなります。

ウェウスペルの色が青色の最期付近よりピンク映画の俳優として活動
黄色の半ばに転形劇場は解散し活動の場が無くなります。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.9.27~ 38 47 8 青い手 黄色い太陽
1990.9.27~ 39 152 9 黄色い人 黄色の種
1992.9.27~ 41 102 11 白い風 黄色い人
1993.9.27~ 42 207 12 青い手 黄色い戦士
1989年以降は映画界への活動を望みますが、希望の役を射止めれず、ちょい役で多数出演し収入を稼ぐ日々が続きます。

1993年に北野武監督『ソナチネ』のオーディションを受け合格。この作品が転機となり映画界の演技派俳優として知名度をあげます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に北野武監督『ソナチネ』に出演し映画界の演技派俳優として知られていきます。

300の顔を持つ男

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.9.27~ 46 107 3 青い手 赤い蛇
1998.9.27~ 47 212 4 黄色い人 赤い月
1999.9.27~ 48 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
様々な役をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。

1997年に『ポストマンブルース』(SABU監督)でおおさか映画祭助演男優賞
1998年に『HANA-BI』(北野武監督)、『犬、走る DOG RACE』(崔洋一監督)
1999年度の国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞。
映画以外にもテレビドラマへの主役・主要キャストとしての出演が増加し知られる存在になります。

ウェブスペルの色が赤色の前半には映画で様々な賞を受賞しテレビにも出演が増加し知られる存在になります。

俳優業以外にドキュメンタリーのナレーター、バラエティ番組など、幅広く活動します。
若い映画製作者への協力なども行っていたそうです。

バラエティレギュラー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.9.27~ 65 22 9 白い風 白い魔法使い
2017年1月に「グルメチキンレース・ゴチになります!18」で、バラエティー初レギュラー
ピタリ賞を2017年8月24日、2017年9月7日の放送で2週連続という快挙を達成しました。

ウェブスペルの色が白色の後半にバラエティー初レギュラー

急逝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.9.27~ 66 127 10 青い手 白い鏡
2018年2月21日に急性心不全で急逝。
前日の2月20日はドラマの撮影でした。

ウェブスペルの色が白色の後半に急性心不全で突如なくなりました。

大杉連のまとめ

ウェブスペルの流れで見てみると

青色の始めの年に上京、その後演劇にハマり、劇団に入り大学を中退します。
青色の最期付近よりピンク映画の俳優として活動
黄色の半ばに転形劇場は解散し活動の場が無くなります。
黄色の最後付近に北野武監督『ソナチネ』に出演し映画界の演技派俳優として知られていきます。
赤色の前半には映画で様々な賞を受賞しテレビにも出演が増加し知られる存在になります。
白色の後半にバラエティー初レギュラー、翌年突如なくなりました。

音楽とスポーツが主な趣味でロードバイクでフラフラ散策することを好んだそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


坂田利夫
坂田利夫(さかた としお)は日本のお笑い芸人。「アホの坂田」で知られる人物。上方を代表する芸人。以前はコメディNo.1という漫才コンビを行っていました。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


関連記事 (俳優)

里見浩太朗
里見浩太朗(さとみ こうたろう)は、俳優・歌手。東映へ入社。その後、活躍の場をテレビに移し『水戸黄門』の助さん役を始め数々の時代劇俳優の主演を務めます。

続きを読む


駿河太郎
駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

続きを読む


坂上二郎
坂上二郎(さかがみ じろう)は、日本のコメディアン、俳優、歌手。萩本欽一とのお笑いコンビ「コント55号」で一世を風靡。俳優や歌手としても活躍。持ちギャグの「飛びます、飛びます」は1980年代に入り片岡鶴太郎が多用し再度広まった。

続きを読む


西村まさ彦
西村まさ彦(にしむら まさひこ)は、日本の俳優、司会者。東京サンシャインボーイズに入団し多くの三谷脚本作品に出演。『古畑任三郎』シリーズの今泉慎太郎役は当たり役となった。

続きを読む


山崎努
山崎努(やまざき つとむ)は、日本の俳優、ナレーター。日本を代表する俳優。「大学の山賊たち」でデビュー。伊丹十三監督作品の「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」と大ヒット作に出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ