3,003 views

俳優・大杉蓮の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大杉蓮

記事公開日:2018年03月01日
最終更新日:2022年06月01日

大杉蓮
→ 画像検索はこちら

大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。

様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。

このページでは、大杉蓮(おおすぎ れん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大杉蓮(おおすぎ れん)の誕生日占い

生年月日:1951年9月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
赤い地球赤い月音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin青い手
互いに秘かれあう 神秘kin黄色い種
以てるもの同士の類似kin白い風
鏡の向こうのもう一人の自分kin44
絶対反対kinkin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

大杉蓮(おおすぎ れん)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

徳島県小松島市で生まれます。
父は小松島市立小松島中学校の校長を務めていたこともあります。

劇団活動との出会い

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1969.9.27~18271青い手青い手
1970.9.27~191322黄色い人青い猿
1971.9.27~202373赤い地球青い鷲
1972.9.27~21824白い風青い嵐
徳島県の高校を卒業後に上京し明治大学へ進学。

1970年代に人気の蜷川幸雄、寺山修司、唐十郎らの演劇に通います。
1973年に太田省吾の劇団に入り、明治大学は中退。
1974年に太田省吾創設の転形劇場で舞台俳優として活動を本格化します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に上京、その後演劇にハマり、劇団に入り大学を中退します。

下済み時代

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1979.9.27~283711赤い地球青い手
1980.9.27~2914212白い風青い猿
1988.9.27~372027白い風黄色い戦士
1980年にピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優としてデビュー。ピンク映画に積極的にするようになります。
1988年に転形劇場が解散し、37歳で活動の場が無くなります。

ウェウスペルの色が青色の最期付近よりピンク映画の俳優として活動
黄色の半ばに転形劇場は解散し活動の場が無くなります。

転機

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1989.9.27~38478青い手黄色い太陽
1990.9.27~391529黄色い人黄色の種
1992.9.27~4110211白い風黄色い人
1993.9.27~4220712青い手黄色い戦士
1989年以降は映画界への活動を望みますが、希望の役を射止めれず、ちょい役で多数出演し収入を稼ぐ日々が続きます。

1993年に北野武監督『ソナチネ』のオーディションを受け合格。この作品が転機となり映画界の演技派俳優として知名度をあげます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に北野武監督『ソナチネ』に出演し映画界の演技派俳優として知られていきます。

300の顔を持つ男

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1997.9.27~461073青い手赤い蛇
1998.9.27~472124黄色い人赤い月
1999.9.27~48575赤い地球赤い空歩く人
様々な役をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。

1997年に『ポストマンブルース』(SABU監督)でおおさか映画祭助演男優賞
1998年に『HANA-BI』(北野武監督)、『犬、走る DOG RACE』(崔洋一監督)
1999年度の国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞。
映画以外にもテレビドラマへの主役・主要キャストとしての出演が増加し知られる存在になります。

ウェブスペルの色が赤色の前半には映画で様々な賞を受賞しテレビにも出演が増加し知られる存在になります。

俳優業以外にドキュメンタリーのナレーター、バラエティ番組など、幅広く活動します。
若い映画製作者への協力なども行っていたそうです。

バラエティレギュラー

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2016.9.27~65229白い風白い魔法使い
2017年1月に「グルメチキンレース・ゴチになります!18」で、バラエティー初レギュラー
ピタリ賞を2017年8月24日、2017年9月7日の放送で2週連続という快挙を達成しました。

ウェブスペルの色が白色の後半にバラエティー初レギュラー

急逝

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2017.9.27~6612710青い手白い鏡
2018年2月21日に急性心不全で急逝。
前日の2月20日はドラマの撮影でした。

ウェブスペルの色が白色の後半に急性心不全で突如なくなりました。

大杉連(おおすぎ れん)のまとめ

ウェブスペルの流れで見てみると

青色の始めの年に上京、その後演劇にハマり、劇団に入り大学を中退します。
青色の最期付近よりピンク映画の俳優として活動
黄色の半ばに転形劇場は解散し活動の場が無くなります。
黄色の最後付近に北野武監督『ソナチネ』に出演し映画界の演技派俳優として知られていきます。
赤色の前半には映画で様々な賞を受賞しテレビにも出演が増加し知られる存在になります。
白色の後半にバラエティー初レギュラー、翌年突如なくなりました。

音楽とスポーツが主な趣味でロードバイクでフラフラ散策することを好んだそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

新海誠
新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当し大ヒットさせました。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


藤原竜也
藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


鳥井信治郎
鳥井信治郎は、日本の実業家。サントリーの創業者。2014年放送の「マッサン」では堤真一が鳥井信治郎の役を演じました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

藤村俊二
藤村俊二(ふじむら しゅんじ)は、日本の俳優、声優、タレント、振付師、実業家。愛称は「おヒョイ(さん)」。『ぶらり途中下車の旅』の2代目ナレーターとして有名。

続きを読む


小林稔侍
小林稔侍(こばやし ねんじ)は、日本の俳優。第10期東映ニューフェイス。長く芽が出ず脇役・悪役を行っていましたが、朝の連続テレビ小説『はね駒』でヒロインの父役で出演したのが転機になりました。

続きを読む


橋爪功
橋爪功(はしづめ いさお)は、日本の俳優。演劇集団『円』の代表。舞台『スカパンの悪だくみ』で一躍演劇界のスターとなった。テレビドラマでは若いころは脇役の悪役が多く、主演を行うのは50代に入ってから。

続きを読む


阿部サダヲ
阿部サダヲ(あべ サダヲ)は、日本の俳優、歌手。劇団大人計画所属。宮藤官九郎脚本の常連出演者でもある。代表作にドラマ『マルモのおきて』など多数。大人計画のメンバーで構成のバンド『グループ魂』のボーカルを担当。

続きを読む


田中圭
田中圭(たなか けい)は、日本の俳優、タレント。2018年にドラマ『おっさんずラブ』で主演をつとめ、人気を博します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ