994 views

俳優・安田顕の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 安田顕

記事公開日:2019年04月21日
最終更新日:2020年07月04日

安田顕
→ 画像検索はこちら

安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。

「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。
2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

このページでは安田顕(やすだ けん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

安田顕(やすだ けん)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1973年12月8日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin259です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い星 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin2
絶対反対kin kin129

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin259の誕生日占いは、どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をするタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

安田顕(やすだ けん)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

北海道室蘭市で生まれ育ちます。兄は作曲家でラジオディレクターの安田史生。

タレント活動開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.12.8~ 19 174 5 白い魔法使い 白い犬
1993.12.8~ 20 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1994.12.8~ 21 124 7 黄色の種 白い鏡
室蘭市の高校を卒業後に札幌市の北海学園大学へ進学。
大学では先輩の森崎博之と出会い、森崎の紹介で鈴井貴之と出会います。
1993年に鈴井貴之の経営する芸能プロダクション・CREATIVE OFFICE CUEに加入。タレント活動を始めます。

ウェブスペルの色が白色の半ばよりタレント活動を始めます。

水曜どうでしょう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.12.8~ 23 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1997.12.8~ 24 179 10 青い嵐 白い犬
1998.12.8~ 25 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1996年に大学の演劇研究会の後輩である大泉洋、佐藤重幸、音尾琢真と共に演劇ユニットTEAM-NACSを結成。
大学を卒業後は1度就職しますが8か月で退職。芸能活動に専念します。
1998年に大泉洋、鈴井貴之がレギュラー出演の「水曜どうでしょう」にonちゃんとして準レギュラー出演。番組の人気でTEAM-NACSの名と共に全国に知られます。
牛乳の早飲みで無茶しすぎてリバース。HTBのスタジオに大泉洋と共に軟禁など散々な目に遭います。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より『水曜どうでしょう』に「onちゃん」として準レギュラー出演。知名度を上げます。

変態キャラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.12.8~ 26 129 12 赤い月 白い鏡
2000.12.8~ 27 234 13 白い魔法使い 白い風
自他ともに認める「変態キャラ」。酒に酔うと脱ぐ癖があります。
1999-2001に放送された北海道テレビの深夜バラエティ『鈴井の巣』では番組内で募金による公開包茎手術を受けます。
特技はオナラが自在に出せること、牛乳の早飲み。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に変態キャラを公開。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.8~ 29 184 2 黄色の種 青い夜
2003.12.8~ 30 29 3 赤い月 青い手
2004.12.8~ 31 134 4 白い魔法使い 青い猿
2002年に学生時代から交際していた一般女性と8年交際し結婚。2004年に長女に恵まれます。
2002年に故郷である「室蘭ふるさと親善大使」に任命。
2004年にCREATIVE OFFICE CUEがアミューズと業務提携。TEAM NACSの他のメンバー共々、俳優として東京で本格的に活動するようになります。

ウェブスペルの色が青色の始めころに結婚。室蘭ふるさと親善大使に任命。
青色の前半に俳優として東京で本格的に活動を開始。

全国区

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.8~ 33 84 6 黄色の種 青い嵐
2007.12.8~ 34 189 7 赤い月 青い夜
2008.12.8~ 35 34 8 白い魔法使い 青い手
2006年に大河ドラマ「功名が辻」、2008年に朝の連続テレビ小説「瞳」に出演。
俳優として東京キー局の連続ドラマにも出演し活躍します。
自身は東京へ単身赴任し、忙しいときは北海道の自宅に月に1度ほどかえれる程でした。その後、家族を東京へ呼び寄せます。

ウェブスペルの色が青色の半ばより俳優として全国区で活躍します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.8~ 45 44 5 黄色の種 黄色い太陽
2019.12.8~ 46 149 6 赤い月 黄色の種
2020.12.8~ 47 254 7 白い魔法使い 黄色い星
安田顕の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
46才の時はKin149。全て自分の心の反映ととらえることができる年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

安田顕(やすだ けん)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばよりタレント活動を始めます。
白色の最後付近より『水曜どうでしょう』に「onちゃん」として準レギュラー出演。知名度を上げます。
青色の始めころに結婚。室蘭ふるさと親善大使に任命。
青色の半ばより俳優として全国区で活躍します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

岡村孝子
岡村孝子(おかむら たかこ)、日本のシンガーソングライター。あみんのメンバー。アルバムのセールス枚数は、総計600万枚を超えます。代表曲に「夢をあきらめないで」などあります。

続きを読む


濱田マリ
濱田マリ(はまだ マリ)、日本の歌手、女優、ナレーター、タレント。モダンチョキチョキズのボーカルとして活動後、テレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。

続きを読む


車田正美
車田正美(くるまだ まさみ)は、日本の漫画家、作詞家。黄金期ジャンプの看板漫画家の一人として活躍します。代表作に『聖闘士星矢』『リングにかけろ』などあります。

続きを読む


古谷徹
古谷徹(ふるや とおる)は、日本の声優、俳優、ナレーター。代表作に『巨人の星』の星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイなどあります。

続きを読む


五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin259)

徳光和夫
徳光和夫(とくみつ かずお)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。1979年より日本テレビ『ズームイン!!朝!』の初代キャスターになり名物アナウンサーとなります。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む


大原麗子
大原麗子(おおはら れいこ)は日本の女優。大河ドラマ『春日局』で主演。大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%を記録。サントリーのCM「すこし愛して なが~く愛して」のセリフは流行語となった。

続きを読む


関連記事 (タレント)

船越英一郎
船越英一郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。船越英一郎(ふなこし えいいちろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。元妻は松井一代。2時間ドラマ、サスペンスドラマに多く出演し、「2時間ドラマの帝王」の異名を持ちます。

続きを読む


壇蜜
壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

続きを読む


阿川佐和子
阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


緒形拳
緒形拳(おがた けん)は、日本の俳優。1983年今村監督「楢山節考」で主演。映画はカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞。大河ドラマの常連出演者であり9回出演。「太閤記」「峠の群像」で主演。

続きを読む


山下智久
山下智久の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。山下智久(やました ともひさ)は、日本の歌手、俳優、タレン俳優として多く作品で主演で活動。代表作にコールドブルーやクロサギなど。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事