379 views

俳優・尾美としのりの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 尾美としのり

記事公開日:2020年01月21日
最終更新日:2020年07月02日

尾美としのり
→ 画像検索はこちら

尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。

子役としてデビュー。
『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。
宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

このページでは、尾美としのり(おみ としのり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

尾美としのりの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1965年12月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin198です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 黄色い戦士 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin63
絶対反対kin kin68

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin198の誕生日占いは、いつも精一杯いきているタイプです。表現が下手です。中身が充実していれば謙虚になれる。言葉より行動を。

広告

尾美としのりの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都目黒区出身。出生名は尾美利徳(おみ としのり)。
幼稚園生の時に劇団に入りたいと言いだし「劇団ひまわり」に入団。

子役時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.12.7~ 13 3 3 青い夜 赤い竜
1979.12.7~ 14 108 4 黄色い星 赤い蛇
1980.12.7~ 15 213 5 赤い空歩く人 赤い月
7才の頃にテレビドラマにゲスト出演。
1978年、13才の時に市川崑の監督映画「火の鳥」で子役デビュー。
1979年に大河ドラマ「草燃える」に北条泰時役で出演。

10代の頃はプロレスラーに憧れ、筋トレに励んでいたが身長が足りずに挫折。

ウェブスペルの色が赤色の前半に子役としてデビュー。

大林宣彦監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.12.7~ 17 163 7 青い夜 赤い地球
1983.12.7~ 18 8 8 黄色い星 赤い竜
1984.12.7~ 19 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1982年、17才の時に大林宣彦監督の映画「転校生」で小林聡美とW主演。注目を集めます。
以後、大林宣彦作品には旧尾道三部作を含め、計14作品に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに映画「転校生」で主演。注目を集めます。

鬼平犯科帳

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.12.7~ 23 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1989.12.7~ 24 118 1 白い鏡 白い鏡
1990.12.7~ 25 223 2 青い夜 白い風
1989年からテレビドラマ『鬼平犯科帳』に同心の木村忠吾(うさ忠)役でレギュラー出演。尾美としのりの代表作となった。

ウェブスペルの色が白色に変わりテレビドラマ『鬼平犯科帳』にレギュラー出演。

宮藤官九郎脚本

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.7~ 37 183 1 青い夜 青い夜
2003.12.7~ 38 28 2 黄色い星 青い手
2004.12.7~ 39 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2003年に『マンハッタンラブストーリー』に出演。この作品が契機となり宮藤官九郎脚本作品に数多く出演。

ウェブスペルの色が青色に変わり宮藤官九郎脚本の作品に多く出演。

あまちゃん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.7~ 44 138 8 白い鏡 青い猿
2012.12.7~ 47 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2013.12.7~ 48 38 12 白い鏡 青い手
2010年に朝の連続テレビ小説『てっぱん』に尾道の住職役で出演。
2013年の朝の連続テレビ小説『あまちゃん』ではヒロインの父親、黒川正宗役で出演。
同年末の紅白歌合戦では自らが運転するタクシーで足立ユイを乗せての会場入り。あまちゃんキャスト総出演で歌った「地元に帰ろう」でマラカスを振って盛り上げます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『あまちゃん』に出演。紅白歌合戦で「地元に帰ろう」を歌いマラカスを振って盛り上げた。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.7~ 54 148 5 黄色い星 黄色の種
2020.12.7~ 55 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
2021.12.7~ 56 98 7 白い鏡 黄色い人
尾美としのりの現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
54才の時はKin148。仕事はでき、お金周りも良い、異性がいない年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

尾美としのりのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に子役としてデビュー。
赤色の半ばに映画「転校生」で主演。注目を集めます。
白色に変わりテレビドラマ『鬼平犯科帳』にレギュラー出演。
青色に変わり宮藤官九郎脚本の作品に多く出演。
青色の最期付近に『あまちゃん』に出演。紅白歌合戦で「地元に帰ろう」を歌いマラカスを振って盛り上げた。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大林素子
大林素子(おおばやし もとこ)は、日本の元バレーボール選手、スポーツキャスター・タレント・女優・モデル。現役時代は日立で活躍。現役引退後はスポーツキャスター、タレント、舞台女優などマルチに活躍。

続きを読む


大川博
大川博(おおかわ ひろし)は、日本の実業家。東映の事実上の創業者。鉄道省事務官の時に五島慶太にスカウト受け東急グループへ入社。東映で時代劇映画を軌道に乗せ黄金時代を築いた人物。

続きを読む


金本知憲
金本知憲(かねもと ともあき)は、元プロ野球選手(外野手)、元監督。愛称は「アニキ」。1999年から2010年にかけて1492連続試合フルイニング出場し世界記録。2016年から2018年まで阪神の監督。野球殿堂入り。

続きを読む


秋山翔吾
秋山翔吾(あきやま しょうご)は日本のプロ野球選手(外野手)。2015年に216安打を記録し日本プロ野球のシーズン最多安打記録を更新。シンシナティ・レッズと契約し2020年からメジャーリーガー。

続きを読む


古賀政男
古賀政男(こが まさお)は、日本の作曲家、ギタリスト。国民栄誉賞の受賞者。昭和期を代表する国民的作曲家としての地位を確立。生涯に制作した楽曲は5000曲ともいわれ「古賀メロディー」として親しまれます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin198)

香川照之
香川照之(かがわ てるゆき) は俳優、歌舞伎役者。俳優としてデビューしてから認知度を上げ2011年に歌舞伎俳優としても活躍します。

続きを読む


アントニオ猪木
アントニオ猪木の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。アントニオ猪木は、元プロレスラー、実業家、政治家。ジャイアント馬場らと共に、日本のプロレス黄金時代を築いたレスラーの一人。キャッチフレーズは『燃える闘魂』。国政にも進出しました。

続きを読む


高橋尚子
高橋尚子(たかはし なおこ)は、日本の元陸上競技選手(女子マラソン)。愛称は「Qちゃん」。2000年シドニーオリンピック金メダリスト。女子スポーツ界で初の国民栄誉賞を受賞。

続きを読む


間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


関連記事 (俳優)

田辺誠一と大塚寧々
田辺誠一と大塚寧々は、2002年に結婚した夫婦です。大塚寧々が離婚したあとに田辺誠一からアタックが始まり交際開始。およそ1年で結婚に至ります。

続きを読む


堤真一
堤真一(つつみ しんいち)は、日本の俳優。舞台俳優として活動後、テレビドラマ『ピュア』『やまとなでしこ』に出演し知名度UP。日本アカデミー賞では主演と助演の2部門を受賞。史上4人目。

続きを読む


ムロツヨシ
ムロツヨシは、日本の俳優、コメディアン。長い下済み時代に無名の役者として多数の作品に出演。俳優や監督と繋がりを広げます。2014年に『日経トレンディ』の「今年のヒット人」に選ばれます。

続きを読む


水谷豊
水谷豊(みずたに ゆたか)は、俳優、歌手。『熱中時代(教師編)』の主演で大ブレイク。「カリフォルニア・コネクション」ヒット。その後『相棒』の主演で誰もが知る俳優となります。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事