798 views

俳優・志垣太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 志垣太郎

記事公開日:2019年01月22日
最終更新日:2020年04月09日

志垣太郎
→ 画像検索はこちら

志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。

『おれは男だ!』のライバルとして出演しブレイク。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。
俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

このページでは志垣太郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

志垣太郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1951年9月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin212です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い月 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin49
絶対反対kin kin82

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin212の誕生日占いは、自分の意思で物事を決める強さを持っているタイプです。初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

広告

志垣太郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。出生名は河村稔。

志垣太郎

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.9.22~ 17 177 8 赤い地球 白い犬
1969.9.22~ 18 22 9 白い風 白い魔法使い
1970.9.22~ 19 127 10 青い手 白い鏡
高校在学中の1969年に芸術座の舞台『巨人の星』で主役デビュー。本名の河村稔で舞台役者として活躍していきます。
1970年にNHKドラマ『男は度胸』より芸名を「志垣太郎」へ改名します。

ウェブスペルの色が白色の後半に舞台デビュー。翌年芸名を志垣太郎に改名します。

おれは男だ!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.9.22~ 20 232 11 黄色い人 白い風
1972.9.22~ 21 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1973.9.22~ 22 182 13 白い風 白い犬
1971年にドラマ『おれは男だ!』で主人公の森田健作のライバルを演じます。その甘い顔立ちから一躍アイドル的人気を博します。
1972年に大河ドラマ『新・平家物語』に義経役で出演。志垣の出世作となります。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『おれは男だ!』に出演しブレイク。

あかんたれ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.9.22~ 25 237 3 赤い地球 青い鷲
1977.9.22~ 26 82 4 白い風 青い嵐
1978.9.22~ 27 187 5 青い手 青い夜
1976年にドラマ『あかんたれ』で主演。この作品は中村玉緒の1970年代の代表作。この演技が認められ以降多くの映画、ドラマに出演。
1977年に大河ドラマ『花神』に久坂玄瑞役で出演。

ウェブスペルの色が青色の前半に『あかんたれ』で主演。演技が認められます。

声優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.9.22~ 28 32 6 黄色い人 青い手
1980.9.22~ 29 137 7 赤い地球 青い猿
1979年から1980年にかけてテレビアニメ『ベルサイユのばら』で、アンドレ・グランディエの声優を務めます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『ベルサイユのばら』でアンドレの声優を務めます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.9.22~ 31 87 9 青い手 青い嵐
1983.9.22~ 32 192 10 黄色い人 青い夜
1973年よりたびたびドラマ『水戸黄門』に出演していました。
1982年に同じく『水戸黄門』にゲスト出演した白坂紀子に一目惚れし結婚。2人には1988年にタレントの匠(たくみ)に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の後半に白坂紀子と結婚。

バラエティ番組に進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.9.22~ 36 92 1 黄色い人 黄色い人
1988.9.22~ 37 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1992.9.22~ 41 97 6 赤い地球 黄色い人
役者としてのキャリアを積んだ後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で「デビル志垣」シリーズを皮切りにバラエティ番組に進出。
1992年に日曜日の13:00から放送となった『噂の!東京マガジン』では「1丁目1番地」を降板した2014年まで担当。
『踊る!さんま御殿!!』の常連ゲストとしても黒沢年雄・中尾彬らとともに出演。スペシャル版では妻の白坂と一緒に出演するのが恒例となります。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年からバラエティ番組に進出。俳優以外の顔を見せるようになりました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.9.22~ 67 227 6 青い手 白い風
2019.9.22~ 68 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
2020.9.22~ 69 177 8 赤い地球 白い犬
志垣太郎の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
68才の時はKin72。率先して行動を起こし、まわりに影響を与える年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

志垣太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に舞台デビュー。翌年芸名を志垣太郎に改名。
白色の最後付近に『おれは男だ!』に出演しブレイク。
青色の前半に『あかんたれ』で主演。演技が認められます。
青色の半ばに『ベルサイユのばら』でアンドレの声優を務めます。
青色の後半に一目ぼれした女優の白坂紀子と結婚。
黄色の始めの年からバラエティ番組に進出。俳優以外の顔を見せるようになりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


田中好子
田中好子(たなか よしこ)は、アイドル歌手でキャンディーズのメンバー、女優。愛称「スーちゃん」。キャンディーズ解散後は女優に転身しテレビや映画で活躍。2011年4月にガンで亡くなります。

続きを読む


小山茉美
小山茉美(こやま まみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレの声優で一躍ブレイク。他に『あんみつ姫』『魔法のプリンセス ミンキーモモ』などが代表作。

続きを読む


室井佑月
室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin212)

草なぎ剛
草なぎ剛(くさなぎ つよし)は歌手、俳優、司会者で元男性アイドルグループSMAPのメンバー。1998年から『ぷっすま』の司会を務めます。2001年より韓国語を修得。日韓の交流に大きく貢献しています。

続きを読む


藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄さんは、ドラえもんの作者。安孫子素雄(藤子不二雄A)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表しました。

続きを読む


リーチマイケル
リーチマイケルは、ラグビー選手。2019年のラグビーワールドカップ日本代表のキャプテンとして、チームを史上初のベスト8に導いた人物です。

続きを読む


志位和夫
志位和夫(しい かずお)は、日本の政治家。衆議院議員(通算8期)。35歳の若さで日本共産党書記局長になり、2000年より日本共産党の委員長を務めています。

続きを読む


あいみょん
あいみょんは、日本のシンガーソングライター。独特の比喩表現、中毒性のある歌声で10代-20代に多くのファンを持つ人物。2018年に紅白歌合戦に初出場。

続きを読む


関連記事 (俳優)

伊藤英明
伊藤英明(いとう ひであき)は、日本の俳優。代表作に『海猿』シリーズで主演の仙崎大輔役。映画『悪の教典』で主演を機に役者の幅を広げます。

続きを読む


松平健
松平健(まつだいら けん)は、俳優、歌手。『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢され時代劇スターとして認知されます。大河ドラマでは常連俳優のひとりとなります。

続きを読む


森本レオ
森本レオ(もりもと レオ)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。「脱力系」の芸能人の代表格として挙げられる人物。ダチョウ倶楽部の肥後克広のモノマネレパートリーの1人としても有名。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事