1,262 views

俳優・松田龍平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松田龍平

記事公開日:2020年03月01日
最終更新日:2021年03月25日

松田龍平
→ 画像検索はこちら

松田龍平(まつだ りゅうへい)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、弟は俳優の松田翔太、妹は歌手の松田ゆう姫。

大島渚監督の映画『御法度』で様々な受賞し華々しくデビュー。
その後、2007年のテレビドラマ・ハゲタカで中村獅童の降板で急遽代行。以降、テレビドラマでも見られる存在となります。

このページでは、松田龍平(まつだ りゅうへい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

松田龍平の誕生日占い

生年月日:1983年5月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin56です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 赤い空歩く人 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin205
絶対反対kin kin186

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin56の誕生日占いは、頭で考えたことや物事を割り切ろうとするタイプです。あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

広告

松田龍平の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。
松田優作と松田美由紀の長男として生まれます。
父の松田優作は6才の時に亡くなります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.5.9~ 15 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1999.5.9~ 16 176 7 黄色い戦士 白い犬
2000.5.9~ 17 21 8 赤い竜 白い魔法使い
大島渚の目に留まり、1999年に映画『御法度』に出演しデビュー。同作により日本アカデミー賞などその年度の新人賞を総なめ。
この作品で邦画に興味を持ち、共演した浅野忠信の作品を見始め、『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督作品に大きな影響を受けます。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大島渚監督『御法度』に出演。様々な受賞し華々しいデビューを飾ります。。

活躍の場を広げる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.5.9~ 19 231 10 青い猿 白い風
2003.5.9~ 20 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2004.5.9~ 21 181 12 赤い竜 白い犬
2002年に母が代表を務めるオフィス作へ移籍。
同年、映画『青い春』で主演。10代の殺人事件が社会問題になっている時期で事務所側は反対したが松田自身が初めて自分で選択。また堀越高校を中退。
2004年に『夜叉ヶ池』で舞台初出演。同年、映画『恋の門』でラブコメディに初挑戦。

ウェブスペルの色が白色の後半に舞台初出演。映画でラブコメディに挑戦。活躍の場を広げます。

ハゲタカ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.9~ 23 131 1 青い猿 青い猿
2007.5.9~ 24 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2008.5.9~ 25 81 3 赤い竜 青い嵐
テレビドラマにあまり出ていなかった松田龍平ですが、2007年にNHKのドラマ『ハゲタカ』で当初出演予定の中村獅童の降板で急遽代行。
2008年には『あしたの、喜多善男』で民放ドラマ初出演。
2009年には大河ドラマ『天地人』に出演。同年、モデルの太田莉菜(おおた りな)と結婚。長女に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色に変わりテレビドラマに出演することが多くなります。

船を編む

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.5.9~ 28 136 6 黄色い戦士 青い猿
2012.5.9~ 29 241 7 赤い竜 青い鷲
2013.5.9~ 30 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2011年に大泉洋主演の映画『探偵はBARにいる』に出演。
2013年に映画『船を編む』で主演。多くの賞を受賞。
同年、朝の連続ドラマ『あまちゃん』に出演。ヒロインの「のん」のマネージャー役で人気を博します。

ウェブスペルの色が青色の後半に映画『船を編む』で主演し多くの賞を受賞。『あまちゃん』に出演し人気を博した。

離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.5.9~ 34 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2018.5.9~ 35 91 13 青い猿 青い嵐
2019.5.9~ 36 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2017年に太田莉菜と離婚を発表。親権などは明かされていない。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に離婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.9~ 37 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2021.5.9~ 38 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2022.5.9~ 39 251 4 青い猿 黄色い星
松田龍平の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
38才の時はKin146。チャンスをものにするのに優れている年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

松田龍平のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

白色の半ばに大島渚監督『御法度』に出演。様々な受賞し華々しいデビューを飾ります。。
白色の後半に舞台初出演。映画でラブコメディに挑戦。活躍の場を広げます。
青色に変わりテレビドラマに出演することが多くなります。この頃に結婚。
青色の後半に映画『船を編む』で主演し多くの賞を受賞。『あまちゃん』に出演し人気を博した。
青色の最期付近に離婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin056)

似鳥昭雄
似鳥昭雄(にとり あきお)は、日本の実業家。株式会社ニトリの創業者で同社代表取締役社長。「お、ねだん以上。ニトリ」をCMのキャッチコピーで有名。

続きを読む


岸部一徳
岸部一徳(きしべ いっとく)は、日本の俳優、ミュージシャン。「相棒」の小野寺官房長役や、「ドクターX」の神原晶役など俳優で活躍していますが、俳優になる前はベーシストとして活躍していました。

続きを読む


アンドリュー・カーネギー
アンドリュー・カーネギーは、スコットランド生まれのアメリカの実業家。カーネギー鉄鋼会社を創業し成功を収め「鋼鉄王」と称されます。また今日でも慈善活動家として知られています。

続きを読む


米津玄師
米津玄師(よねづ けんし)は、日本のシンガーソングライター。「ハチ」としてソロ活動を行い、ニコニコ動画上で若いユーザーを中心に人気を博す。メジャーデビュー後は「大衆性に富んだJ-POP」の制作が活発。

続きを読む


出川哲郎
出川哲郎(でがわ てつろう)はタレント、俳優。リアクション芸人の代表格として、ダチョウ倶楽部と並んで数多くのバラエティ番組で活躍しています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

辰巳琢郎
辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。

続きを読む


役所広司
役所広司(やくしょ こうじ)は、日本の俳優。仲代達矢主宰の無名塾出身。映画『Shall we ダンス?』で主演を演じブレイクします。海外の監督作品にも出演し、その高い演技力に対し様々な賞が贈られました。

続きを読む


寺尾聡
寺尾聡(てらお あきら)は、日本の俳優、歌手。父は俳優の宇野重吉。石原軍団で刑事役で活躍。歌手活動では「ルビーの指輪」が大ヒット。石原軍団から脱退後は黒澤明監督の映画作品に立て続けに出演。

続きを読む


遠藤憲一
遠藤憲一(えんどう けんいち)は日本の俳優、声優、ナレーター、脚本家。眼光鋭く、強面な風貌から悪役を演じることが多い。近年は主役・準主役級からコミカルな役どころまで多く活躍しています。

続きを読む


必殺仕事人
必殺仕事人は、1979年5月18日から1981年1月30日まで、テレビ朝日系で放送されたテレビ時代劇。全84回。主演は藤田まこと。歌舞伎界の大御所 中村鴈治郎、伊吹吾郎、三田村邦彦、山田五十鈴の5名の占いします。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ