242 views

俳優・森繁久彌の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森繁久彌

森繁久彌
出典:wikipedia.org 1954年(41歳頃)

森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。

昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手・エッセイストなど幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈されます。
映画出演総数は約250本を超え、ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』で主演し、上演回数900回・観客動員約165万人の記録を打ちたてます。

このページでは森繁久彌の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

森繁久彌の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1913年5月4日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

森繁久彌の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪の現・枚方市に3人兄弟の末っ子として生まれます。出生名は菅沼久彌。
父は大阪の実業家、母は大きな海産物店の娘。父は三菱の岩崎久彌(岩崎弥太郎の長男)と深い親交を持っていました。
2才の時に父は他界。長兄は母の実家を継ぎ、次兄が菅沼家を継ぎます。小学1年の時に久彌は母の祖母の森繁平三郎の家を継ぎ、森繁久彌となります。

演劇の世界へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1934.5.4~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1935.5.4~ 22 211 3 青い猿 赤い月
1936.5.4~ 23 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1934年に早稲田大学に進学。演劇研究部に所属し活動します。
1936年に必須だった軍事教練を拒否し早稲田大学を中退。長兄の紹介で現・東宝に入社。舞台の劇団を渡り歩き下済みを過ごします。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに早稲田大学に進学。演劇研究部で活動します。
赤色の前半に早稲田大学を中退し東宝へ入社。劇団を渡り歩き下済みを過ごします。

満州時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1939.5.4~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇
1945.5.4~ 32 221 13 赤い竜 赤い月
1946.5.4~ 33 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1939年にNHKアナウンサー試験に合格。入社理由は「徴兵制度を避け海外赴任できる数少ない仕事」と後日語っています。
本人の希望通り満州へ渡り、満洲電信電話の新京中央放送局に赴任。アナウンサー業務以外に映画のナレーションを手がけます。
1945年に敗戦。ソ連軍に連行など苦難を乗り越え1946年に帰国します。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにNHKのアナウンサーになり満州へ赴任。
白色の始めの年に苦難の末、帰国します。

人気タレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1950.5.4~ 37 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1951.5.4~ 38 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1952.5.4~ 39 176 7 黄色い戦士 白い犬
帰国してから劇団を転々とします。
1950年にNHKのラジオ番組『愉快な仲間』にレギュラーに起用。3年近く続く人気番組となります。同年、喜劇映画『腰抜け二刀流』で映画初主演。
1952年に喜劇映画『三等重役』が出世作となった。

ウェブスペルの色が白色の半ばにラジオ『愉快な仲間』にレギュラーに起用。映画『三等重役』で世の中に知られる存在となります。

大ヒットシリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.5.4~ 42 231 10 青い猿 白い風
1956.5.4~ 43 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1958.5.4~ 45 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1955年に映画『夫婦善哉』あたりから単なるコメディアンでなく実力派俳優として転身していきます。
1956年に「社長シリーズ」1958年に「駅前シリーズ」で主演。東宝を支えるヒットシリーズとなります。

ウェブスペルの色が白色の後半に実力派俳優に転身。白色の最後付近には「社長シリーズ」「駅前シリーズ」で主演。

舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.5.4~ 46 131 1 青い猿 青い猿
1962.5.4~ 49 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1965.5.4~ 52 241 7 赤い竜 青い鷲
映画出演の一方、舞台では1958年から芸術座の東宝現代劇に第1回公演の『暖簾』から数多くに主演。
1959年に淡島と自由劇団を旗揚げ。1962年には森繁劇団を結成。
また、1959年から1965年まで歌手としてNHK紅白歌合戦に7年連続出場。

ウェブスペルの色が青色の始めからNHK紅白歌合戦に7年連続出場。また、舞台で数多く主演。

屋根の上のバイオリン弾き

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.5.4~ 54 191 9 青い猿 青い夜
1968.5.4~ 55 36 10 黄色い戦士 青い手
1969.5.4~ 56 141 11 赤い竜 青い猿
テレビドラマでは草創期から活躍。
1964年に「七人の孫」、1970年に「だいこんの花」、1973年に「あんたがたどこさ」など多数出演。

また1967年よりミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」でテヴィエ役を演じ1986年までに900回もの公演を行います。

ウェブスペルの色が青色の後半に初演したミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」は長く続けられ舞台の代表作となります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.5.4~ 91 176 7 黄色い戦士 白い犬
2009.5.4~ 96 181 12 赤い竜 白い犬
2004年まで俳優活動を続けます。
2009年11月10日に亡くなりました。
亡くなった後に国民栄誉賞を授与。森光子以来18人目でした。

ウェブスペルの色が白色の半ばに俳優活動を引退します。
白色の最後付近に亡くなりました。

森繁久彌のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めころに早稲田大学に進学。演劇研究部で活動します。
赤色の前半に早稲田大学を中退し東宝へ入社。劇団を渡り歩き下済みを過ごします。
赤色の半ばにNHKのアナウンサーになり満州へ赴任。
白色の始めの年に苦難の末、帰国します。
白色の半ばにラジオ『愉快な仲間』にレギュラーに起用。映画『三等重役』で世の中に知られる存在となります。
白色の後半に実力派俳優に転身。白色の最後付近には「社長シリーズ」「駅前シリーズ」で主演。
青色の始めからNHK紅白歌合戦に7年連続出場。また、舞台で数多く主演。
青色の後半に初演したミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」は長く続けられ舞台の代表作となります。
2度目の白色の半ばに俳優活動を引退します。
2度目の白色の最後付近に亡くなりました。その後、国民栄誉賞を授与。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

南野陽子
南野陽子(みなみの ようこ)は、女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

続きを読む


菅井きん
菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む


田村正和
田村正和(たむら まさかず)は、日本の俳優です。1970年代はTV時代劇、1980年代はホームドラマ、1990年代は刑事ドラマ『古畑任三郎』と幅広い役柄で主演した人物です。

続きを読む


水谷豊
水谷豊(みずたに ゆたか)は、俳優、歌手。『熱中時代(教師編)』の主演で大ブレイク。「カリフォルニア・コネクション」ヒット。その後『相棒』の主演で誰もが知る俳優となります。

続きを読む


関連記事 (国民栄誉賞)

植村直己
植村直己は、登山家、冒険家。世界初の五大陸最高峰登頂者であり、アマゾン河6,000km単独でいかだ下り。犬ぞりで北極点到達を単独行。世界の自然相手に大冒険を行った人物です。

続きを読む


長嶋茂雄
長嶋茂雄(ながしま しげお)は、元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事