277 views

俳優・緒形拳の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 緒形拳

緒形拳
出典:wikipedia.org 1965年

緒形拳(おがた けん)は、日本の俳優。

1983年に今村監督の映画「楢山節考」で主演。映画はカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞。
大河ドラマの常連出演者であり9回出演。「太閤記」「峠の群像」で主演。

このページでは、緒形拳(おがた けん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

緒形拳の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1937年7月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin238です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い鷲 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin23
絶対反対kin kin108

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin238の誕生日占いは、変わらないことに憧れを見出すことのできるタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

緒方拳の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京生まれ。本名は緒形明伸(おがた あきのぶ)。
戦時中に家が空襲で焼かれ一家で千葉に疎開。中学2年の時に東京へ戻ります。

付き人時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.7.20~ 20 258 11 白い鏡 黄色い星
1958.7.20~ 21 103 12 青い夜 黄色い人
1959.7.20~ 22 208 13 黄色い星 黄色い戦士
東京の高校を卒業し1957年に憧れていた新国劇の俳優、辰巳柳太郎の弟子になるべく1958年新国劇に入団し辰巳の付き人になります。
辰巳柳太郎は島田正吾とともに新国劇の二枚看板として活躍していました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に新国劇に入団し俳優・辰巳柳太郎の付き人になります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.7.20~ 23 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1961.7.20~ 24 158 2 白い鏡 赤い地球
1962.7.20~ 25 3 3 青い夜 赤い竜
1960年に俳優・島田正吾に見いだされ新国劇の舞台『遠い一つの道』で主人公のボクサー役で出演。映画化され映画デビュー。
当時、本名で活動していましたがケガが多く、恩師である劇作家の北条秀司の夫人が『緒方 拳(おがた こぶし)』と命名。
しかし周囲から「こぶし」と呼ばれず「けん」と呼ばれることがおおく、「おがた けん」で定着。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に映画『遠い一つの道』で主人公のボクサー役でデビュー。

大河ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.7.20~ 28 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1966.7.20~ 29 163 7 青い夜 赤い地球
1967.7.20~ 30 8 8 黄色い星 赤い竜
1965年に大河ドラマ『太閤記』の主役に抜擢。
1966年に大河ドラマ『源義経』に弁慶役で出演し、2年続けて大河に出演。その後も数々の大河ドラマに出演し、常連俳優の1人として活躍。

1966年に新国劇所属の女優・高倉典江と結婚。後に誕生する緒形幹太、緒形直人は俳優になります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに大河ドラマ『太閤記』の主役に抜擢。以降、の大河ドラマの常連俳優の1人として活躍。

映画・テレビドラマに場を移す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.7.20~ 31 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1971.7.20~ 34 168 12 黄色い星 赤い地球
1972.7.20~ 35 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1968年に新国劇を退団。映画・テレビドラマに活躍の場を移します。
1971年にテレビドラマ『必殺仕掛人』で主演の藤枝梅安役。映画化もされます。
徐々に、緒形拳の知名度が上がっていきます。

ウェブスペルの色が赤色の後半に新国劇を退団し、映画・テレビドラマに活躍の場を移します。

鬼畜

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.7.20~ 41 123 6 青い夜 白い鏡
1979.7.20~ 42 228 7 黄色い星 白い風
1980.7.20~ 43 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1978年に映画『鬼畜』で主演。数々の男優賞を受賞。
1979年に映画『復讐するは我にあり』で主演。
1981年に大河ドラマ『峠の群像』で主演。
1983年に今村監督の映画『楢山節考』で主演。カンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞。

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画『鬼畜』で主演。数々の男優賞を受賞。その後、映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』で主演。

息子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.7.20~ 51 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1989.7.20~ 52 238 4 白い鏡 青い鷲
1990.7.20~ 53 83 5 青い夜 青い嵐
1988年ころから息子の緒形幹太、緒形直人が俳優として活動を始めます。
1990年代以降は老練した役をこなすようになり後輩の俳優から慕われる存在になります。

ウェブスペルの色が青色の前半より息子の緒形幹太、緒形直人が俳優として活動を始めます。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.7.20~ 63 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2001.7.20~ 64 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2008.7.20~ 71 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2000年に紫綬褒章を受章。
2000年ころから慢性肝炎を患い、肝硬変を経て2003年から2004年の頃に肝癌で悩まされます。
投薬治療や食事療法を行いながら病気のことを隠し俳優活動。しかし体調が急変し2008年10月5日に亡くなります。
亡くなった後に旭日小綬章を授与されました。

ウェブスペルの色が黄色の始めころから病気で悩まされ、黄色の最後付近に亡くなりました。

緒形拳のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で分けてみると

黄色の最後付近に新国劇に入団し俳優・辰巳柳太郎の付き人になります。
赤色の始めの年に映画『遠い一つの道』で主人公のボクサー役でデビュー。
赤色の半ばに大河ドラマ『太閤記』の主役に抜擢。以降、の大河ドラマの常連俳優の1人として活躍。
赤色の後半に新国劇を退団し、映画・テレビドラマに活躍の場を移します。
白色の半ばに映画『鬼畜』で主演。数々の男優賞を受賞。その後、映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』で主演。
青色の前半より息子の緒形幹太、緒形直人が俳優として活動を始めます。
2度目の黄色の始めころから病気で悩まされ、黄色の最後付近に亡くなりました。

黄色の最後付近から次の黄色まで52年間、個人Kin年表まる一周俳優人生でしたね。
赤色でデビューし大きく羽ばたき、白色で様々な映画で主演し知られる存在になっていますね。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

金本知憲
金本知憲(かねもと ともあき)は、元プロ野球選手(外野手)、元監督。愛称は「アニキ」。1999年から2010年にかけて1492連続試合フルイニング出場し世界記録。2016年から2018年まで阪神の監督。野球殿堂入り。

続きを読む


秋山翔吾
秋山翔吾(あきやま しょうご)は日本のプロ野球選手(外野手)。2015年に216安打を記録し日本プロ野球のシーズン最多安打記録を更新。シンシナティ・レッズと契約し2020年からメジャーリーガー。

続きを読む


古賀政男
古賀政男(こが まさお)は、日本の作曲家、ギタリスト。国民栄誉賞の受賞者。昭和期を代表する国民的作曲家としての地位を確立。生涯に制作した楽曲は5000曲ともいわれ「古賀メロディー」として親しまれます。

続きを読む


藤山一郎
藤山一郎(ふじやま いちろう)は、日本の歌手・指揮者。国民栄誉賞の受賞者。戦前、作曲家の古賀政男と組んで次々にが大ヒット、国民的歌手に成長。紅白歌合戦には第1-43回まで歌手か指揮者として連続出演。

続きを読む


世耕弘一
世耕弘一(せこう こういち)は、日本の教育者・政治家。衆議院議員(8期)、経済企画庁長官、近畿大学理事長などを歴任。戦後、隠退蔵物資事件を暴露。政治問題につながる大きな問題になります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin238)

徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


松たか子
月9ドラマで木村拓哉と数回も共演。高い視聴率を獲ります。紅白歌合戦の紅組司会に史上最年少で抜擢。近年は映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

続きを読む


ミル・マスカラスはメキシコのプロレスラー。世界で最も著名な覆面レスラーの一人。日本では「千の仮面を持つ男」のニックネームを持ちます。華麗な空中殺法でアメリカおよび日本で人気を博しました。

続きを読む


島崎和歌子
島崎和歌子(しまざき わかこ)は、日本の歌手、タレント、女優、司会者。90年代のアイドル。『オールスター感謝祭』の司会で有名です。

続きを読む


関連記事 (俳優)

勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


小日向文世
小日向文世(こひなた ふみよ)は、日本の俳優。19年間「オンシアター自由劇場」に在籍。劇団は解散し映画・テレビドラマに端役で出演。テレビドラマ「HERO」のレギュラーに抜擢されたのを機に人生が変わります。

続きを読む


田中邦衛
田中邦衛(たなか くにえ)は、俳優。『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演した。

続きを読む


仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事