930 views

俳優・菅原文太の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 菅原文太

記事公開日:2018年12月30日
最終更新日:2020年09月26日

菅原文太
→ 画像検索はこちら

菅原文太(すがわら ぶんた)は日本の俳優、声優。愛称は「文ちゃん」。

代表作は映画『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズ。どちらも日本映画史に残る配給収入を上げました。
晩年は農業を営んでいました。

このページでは、菅原文太(すがわら ぶんた)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

菅原文太の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年8月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin105です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 赤い蛇 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin156
絶対反対kin kin235

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin105の誕生日占いは、周囲に耳を傾けることで考えがはっきりするタイプです。困難を解消するために希望をもとう。

広告

菅原文太の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

仙台生まれます。父は新聞記者でした。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.8.16~ 16 225 4 赤い蛇 白い風
1954.8.16~ 21 230 9 白い犬 白い風
1955.8.16~ 22 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1949年に宮城県屈指の仙台第一高校に入学。新聞部に所属。
高校を卒業後は早稲田大学に進学。早稲田大学に在学中にモデルになります。
1954年に旗揚げしたばかりの劇団四季に入団。1955年に早稲田大学を中退します。

ウェブスペルの色が白色の後半に劇団四季に入団。早稲田大学を中退します。

新東宝に入社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.8.16~ 23 180 11 黄色い太陽 白い犬
1957.8.16~ 24 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1958.8.16~ 25 130 13 白い犬 白い鏡
1956年に東宝映画『哀愁の街に霧が降る』でデビュー。
1957年に総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイルを設立。モデルとして活動します。
1958年に新東宝の宣伝部員にスカウトされ入社。映画俳優になります。同年より本格的に映画に出演。

ウェブスペルの色が白色の最後の年にスカウトされ新東宝に入社。映画俳優になります。

松竹、東映へ移籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.8.16~ 28 185 3 赤い蛇 青い夜
1967.8.16~ 34 35 9 青い鷲 青い手
1961年に新東宝が倒産し松竹へ移籍。
1967年に東映へ移籍。

ウェブスペルの色が青色の前半に新東宝が倒産し松竹へ移籍。
青色の後半に東映へ移籍。

東映時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.8.16~ 36 245 11 赤い蛇 青い鷲
1972.8.16~ 39 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1973.8.16~ 40 145 2 赤い蛇 黄色の種
1975.8.16~ 42 95 4 青い鷲 黄色い人
東映へ移籍したものの当初はほとんどセリフのつかない役ばかりでした。

1969年に『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作。この『現代やくざ』シリーズは1972年まで続きます。
1973年より『仁義なき戦い』シリーズに出演し、東映を代表するスターのひとりになります。
1975年より『トラック野郎』シリーズに出演しヒット。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『仁義なき戦い』に出演し大ヒット。東映を代表するスターのひとりになります。
黄色の前半より『トラック野郎』シリーズもヒット。

テレビドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.8.16~ 47 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1981.8.16~ 48 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1982.8.16~ 49 50 11 白い犬 黄色い太陽
長く映画に専念していましたが1980年に大河ドラマ『獅子の時代』に主演。以降、数々の大河ドラマに出演。
1981年に映画『青春の門』、『炎のごとく』に主演。その後、刑事ドラマなど、テレビドラマに出演。
東映時代に接点のなかった市川崑作品で常連となります。

ウェブスペルの色が黄色の後半よりテレビドラマに出演。大河ドラマ、刑事ドラマなどに出演します。

踏切事故

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.8.16~ 65 170 1 白い犬 白い犬
2001.8.16~ 68 225 4 赤い蛇 白い風
2003.8.16~ 70 175 6 青い鷲 白い犬
1998年より岐阜県に10年間移住。農業に強い関心を示し多数の講演活動を行います。一方、ナレーターなどの声優をこなすなど幅広く活動します。
声優として「ゲド戦記」、「千と千尋の神隠し」、「おおかみこどもの雨と雪」に出演。

2001年に長男の俳優・菅原加織を鉄道の踏切事故で亡くし失意し「もう仕事したくない」と周囲に漏らすこともありましたが2003年から活動を再開。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に岐阜県に移住。声優としても活動を始めます。
白色の前半に長男を踏切事故で亡くし芸能活動を休止。白色の半ばに復帰。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.8.16~ 74 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2009.8.16~ 76 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2010.8.16~ 77 130 13 白い犬 白い鏡
2014.8.16~ 81 30 4 白い犬 青い手
2007年に膀胱癌が発覚し膀胱温存療法を受けます。
2009年より山梨県韮崎市で耕作放棄地を使って農業を始めます。
2011年の東日本大震災を機に俳優業を引退。
2014年11月28日に転移性肝がんによる肝不全により亡くなりました。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より山梨県韮崎市で耕作放棄地を使って農業を始めます。
青色の前半に亡くなりました。

菅原文太のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に劇団四季に入団。早稲田大学を中退します。
白色の最後の年にスカウトされ新東宝に入社。映画俳優になります。
青色の前半に新東宝が倒産し松竹へ移籍。
青色の後半に東映へ移籍。
黄色の始めの年に『仁義なき戦い』に出演し大ヒット。東映を代表するスターのひとりになります。
黄色の前半より『トラック野郎』シリーズもヒット。
黄色の後半よりテレビドラマに出演。大河ドラマ、刑事ドラマなどに出演します。
2度目の白色の始めの年に岐阜県に移住。声優としても活動を始めます。
2度目の白色の前半に長男を踏切事故で亡くし芸能活動を休止。白色の半ばに復帰。
2度目の白色の最後付近より山梨県韮崎市で耕作放棄地を使って農業を始めます。
2度目の青色の前半に亡くなりました。

先輩の東映スター俳優の高倉健が亡くなったのは2014年11月10日。
それから18日後に菅原文太が亡くなります。同じような道を歩いた二人ですが亡くなったのも同じころですね。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

松本穂香
松本穂香(まつもと ほのか)は、日本の女優。「有村架純の妹分」をキャッチフレーズに本格的に女優活動を開始。連続テレビ小説『ひよっこ』で有村と共演。メガネ姿で食いしん坊の役柄で注目を集めます。

続きを読む


高良一
高良一(たから はじめ)は、日本の実業家、政治家。太平洋戦争後のアメリカ統治下の沖縄で初の映画館「アーニー・パイル国際劇場」を開館。この「国際劇場」にちなんで名付けられた『国際通り』は「奇跡の1マイル」と称されるほど繁栄。

続きを読む


児嶋一哉
児嶋一哉(こじま かずや)は、日本のお笑いタレント、俳優、プロ雀士。お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ担当。イジられキャラとしてソロとしても活躍。

続きを読む


六角精児
六角精児(ろっかく せいじ)は、日本の俳優・タレント。『相棒』シリーズで米沢監察医役で出演。『電車男』に出演したころから注目され多くのレギュラーを持つようになります。

続きを読む


丸川珠代
丸川珠代(まるかわ たまよ)は、日本の政治家、元テレビ朝日アナウンサー。テレビ朝日時代は『ビートたけしのTVタックル』などに出演。安倍総理から出馬要請を受けテレビ朝日を退社し参院選に出馬し当選。環境大臣などを歴任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin105)

仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む


熊谷正寿
熊谷正寿(くまがい まさとし)は、日本の実業家。GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表。これまでに9社のグループ会社を上場させ、そのうち3社は東証一部に上場。

続きを読む


原辰徳
原辰徳(はら たつのり)は、日本の元プロ野球選手。プロ野球監督。解説者。巨人の監督に就任し7度のリーグ優勝と3度の日本一に導きます。2019年より巨人の監督に3度目となる復帰。

続きを読む


千葉雄大
千葉雄大(ちば ゆうだい)は、日本の俳優、タレント。 Toppaモデルオーディションで選ばれモデルとして活動を開始。その後、『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイレッド役に抜擢。俳優としてデビュー。

続きを読む


南方熊楠
南方熊楠(みなかた くまぐす)は、日本の博物学者、生物学者、民俗学者。自然保護運動における先達としても評価されています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


三國連太郎
三國連太郎(みくに れんたろう)は、日本の俳優、監督。個性は俳優として日本映画界を牽引、日本を代表する俳優の一人。主演・助演を問わず幅広く出演、映画出演の本数は180本余りに及びます。

続きを読む


高橋英樹
高橋英樹(たかはし ひでき)は、俳優・タレント・司会者。日活に入社し若手俳優として映画に出演。その後テレビへ活躍の場を移し時代劇俳優として活躍します。

続きを読む


緒形拳
緒形拳(おがた けん)は、日本の俳優。1983年今村監督「楢山節考」で主演。映画はカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞。大河ドラマの常連出演者であり9回出演。「太閤記」「峠の群像」で主演。

続きを読む


常盤貴子と長塚圭史
常盤貴子と長塚圭史は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2003年に映画「ゲロッパ!」で初共演したのをきっかけに交際をスタートし6年半でゴールインしました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ