791 views

俳優・藤原竜也の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤原竜也

記事公開日:2019年06月07日
最終更新日:2019年09月08日

藤原竜也
出典:wikipedia.org 2016年

藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。

蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。
舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

このページでは藤原竜也(ふじわら たつや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤原竜也の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1982年5月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い月 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin44
絶対反対kin kin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

藤原竜也の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

埼玉県秩父市で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.5.15~ 15 232 11 黄色い人 白い風
1998.5.15~ 16 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1999.5.15~ 17 182 13 白い風 白い犬
1997年に池袋に遊びに来てたときにホリプロ社員からスカウトを受け、『身毒丸』主役オーディションのチラシを渡される。
1997年に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビュー
ロンドンのバービカン劇場での海外公演で「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され1998年に凱旋公演が行われます。
高校は東京の堀越へ進学したが中退。『身毒丸』は2002年のファイナル公演まで続けられます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。

バトル・ロワイヤル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.5.15~ 18 27 1 青い手 青い手
2001.5.15~ 19 132 2 黄色い人 青い猿
2002.5.15~ 20 237 3 赤い地球 青い鷲
2000年に深作欣二監督の映画『バトル・ロワイヤル』で主演。日本アカデミー賞の新人賞を受賞。
2001年にドラマ『新・星の金貨』で星野真里とのW主演。連続ドラマで初主演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に映画『バトル・ロワイヤル』で主演。

舞台『ハムレット』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.5.15~ 21 82 4 白い風 青い嵐
2004.5.15~ 22 187 5 青い手 青い夜
2005.5.15~ 23 32 6 黄色い人 青い手
2003年に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。
2004年に香取慎吾主演の大河ドラマ『新選組!』で沖田総司役。大河ドラマ初出演。
2005年にニューヨークで舞台『近代能楽集 弱法師』の俊徳役を演じ、「NYタイムズ」でも評価を受けます。

ウェブスペルの色が青色の前半に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。

ロンドン留学

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.15~ 24 137 7 赤い地球 青い猿
2007.5.15~ 25 242 8 白い風 青い鷲
2008.5.15~ 26 87 9 青い手 青い嵐
2009.5.15~ 27 192 10 黄色い人 青い夜
2007年2月から6月まで仕事を休業しロンドンに留学。
2008年に6年ぶりに『身毒丸』をワシントンで演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けます。
2009年に蜷川幸雄演出の舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。

ウェブスペルの色が青色の半ばに半年間ロンドンに留学。

おじいちゃんは25歳

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.5.15~ 28 37 11 赤い地球 青い手
2011.5.15~ 29 142 12 白い風 青い猿
2012.5.15~ 30 247 13 青い手 青い鷲
2010年に9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演をつとめます。
2011年にドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『おじいちゃんは25歳』で主演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.5.15~ 31 92 1 黄色い人 黄色い人
2016.5.15~ 34 147 4 青い手 黄色の種
2013年5月に一般女性と結婚。2016年6月に第一子に恵まれます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に一般女性と結婚。第一子に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.5.15~ 37 202 7 白い風 黄色い戦士
2020.5.15~ 38 47 8 青い手 黄色い太陽
2021.5.15~ 39 152 9 黄色い人 黄色の種
藤原竜也の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
37才の時はKin202。自分が共感したものを人へ伝えたい思いの強い年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

機運にのり、機運に従う。時に従う。

藤原竜也のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。
青色の始めの年に映画『バトル・ロワイヤル』で主演。
青色の前半に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。
青色の半ばに半年間ロンドンに留学。
青色の最期付近に『おじいちゃんは25歳』で主演。
黄色の始めの年に一般女性と結婚。第一子に恵まれます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河相我聞
河相我聞(かあい がもん)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。昼ドラ『天までとどけ』にレギュラー出演。1990年代は人気を博します。その後、『ラーメン我聞』をオープンさせますが不祥事で廃業。

続きを読む


いしだ壱成(いしだ いっせい)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は俳優の石田純一。俳優としてデビューし中性的な演技で「フェミ男」と呼ばれ注目を集めた。

続きを読む


相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は東関脇(2020年1月場所)。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


坂田利夫
坂田利夫(さかた としお)は日本のお笑い芸人。「アホの坂田」で知られる人物。上方を代表する芸人。以前はコメディNo.1という漫才コンビを行っていました。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


鳥井信治郎
鳥井信治郎は、日本の実業家。サントリーの創業者。2014年放送の「マッサン」では堤真一が鳥井信治郎の役を演じました。

続きを読む


新海誠
新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当し大ヒットさせました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

設楽統
設楽統(したら おさむ)は、お笑い芸人、俳優、声優、司会者。バナナマンのボケとネタ作り担当。テレビ番組出演本数ランキングにおいて、2012年と2013年は1位に輝いた。

続きを読む


温水洋一
温水洋一(ぬくみず よういち)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ぬっくん」。もともとは舞台俳優。演劇活動と並行してドラマ・バラエティ番組し広く知られる存在。名わき役として有名です。

続きを読む


吉岡秀隆
吉岡秀隆(よしおか ひでたか)は、日本の俳優、ミュージシャン。ドラマ「北の国から」で黒板純役でレギュラー出演し代表作になった。山田洋次監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。

続きを読む


高倉健
高倉健(たかくら けん)は日本の俳優、歌手。愛称は「健さん」。昭和を代表する俳優。任侠映画に出演し東映の看板スターになります。その後、高倉は独立し「幸せの黄色いハンカチ」などに主演し任侠映画から脱却。

続きを読む


小泉孝太郎
小泉孝太郎(こいずみ こうたろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、弟は政治家の小泉進次郎。父より政治家の道を反対され俳優を志します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事