1,718 views

俳優・藤原竜也の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤原竜也

記事公開日:2019年06月07日
最終更新日:2021年04月18日

藤原竜也
出典:wikipedia.org 2016年

藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。

蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。
舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

このページでは、藤原竜也(ふじわら たつや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤原竜也の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1982年5月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin217です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い月 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin44
絶対反対kin kin87

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin217の誕生日占いは、細かなことによく気がつくタイプです。誤解を受けやすい面もあります。勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

広告

藤原竜也の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

埼玉県秩父市で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.5.15~ 15 232 11 黄色い人 白い風
1998.5.15~ 16 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1999.5.15~ 17 182 13 白い風 白い犬
1997年に池袋に遊びに来てたときにホリプロ社員からスカウトを受け、『身毒丸』主役オーディションのチラシを渡される。当日の数十分前にホリプロの別の社員に優香がスカウトを受けている。
1997年に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビュー
ロンドンのバービカン劇場での海外公演で「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され1998年に凱旋公演が行われます。
高校は東京の堀越へ進学したが中退。『身毒丸』は2002年のファイナル公演まで続けられます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。

バトル・ロワイヤル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.5.15~ 18 27 1 青い手 青い手
2001.5.15~ 19 132 2 黄色い人 青い猿
2002.5.15~ 20 237 3 赤い地球 青い鷲
2000年に深作欣二監督の映画『バトル・ロワイヤル』で主演。日本アカデミー賞の新人賞を受賞。
2001年にドラマ『新・星の金貨』で星野真里とのW主演。連続ドラマで初主演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に映画『バトル・ロワイヤル』で主演。

舞台『ハムレット』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.5.15~ 21 82 4 白い風 青い嵐
2004.5.15~ 22 187 5 青い手 青い夜
2005.5.15~ 23 32 6 黄色い人 青い手
2003年に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。
2004年に香取慎吾主演の大河ドラマ『新選組!』で沖田総司役。大河ドラマ初出演。
2005年にニューヨークで舞台『近代能楽集 弱法師』の俊徳役を演じ、「NYタイムズ」でも評価を受けます。

ウェブスペルの色が青色の前半に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。

ロンドン留学

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.15~ 24 137 7 赤い地球 青い猿
2007.5.15~ 25 242 8 白い風 青い鷲
2008.5.15~ 26 87 9 青い手 青い嵐
2009.5.15~ 27 192 10 黄色い人 青い夜
2007年2月から6月まで仕事を休業しロンドンに留学。
2008年に6年ぶりに『身毒丸』をワシントンで演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けます。
2009年に蜷川幸雄演出の舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。

ウェブスペルの色が青色の半ばに半年間ロンドンに留学。

おじいちゃんは25歳

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.5.15~ 28 37 11 赤い地球 青い手
2011.5.15~ 29 142 12 白い風 青い猿
2012.5.15~ 30 247 13 青い手 青い鷲
2010年に9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演をつとめます。
2011年にドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『おじいちゃんは25歳』で主演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.5.15~ 31 92 1 黄色い人 黄色い人
2016.5.15~ 34 147 4 青い手 黄色の種
2013年5月に一般女性と結婚。2016年6月に第一子に恵まれます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に一般女性と結婚。第一子に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.5.15~ 37 202 7 白い風 黄色い戦士
2020.5.15~ 38 47 8 青い手 黄色い太陽
2021.5.15~ 39 152 9 黄色い人 黄色の種
藤原竜也の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
39才の時はKin152。知識を増すにしたがって謙虚になれる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

藤原竜也のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。
青色の始めの年に映画『バトル・ロワイヤル』で主演。
青色の前半に舞台『ハムレット』でハムレットを演じ、主な演劇賞を総なめ。
青色の半ばに半年間ロンドンに留学。
青色の最期付近に『おじいちゃんは25歳』で主演。
黄色の始めの年に一般女性と結婚。第一子に恵まれます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

うえやまとち
うえやまとちは、日本の漫画家。代表作はアニメ化もされた『クッキングパパ』。コミック巻数は2021/8時点で158巻。コミック巻数のランキングで「ゴルゴ13」「こち亀」「ミナミの帝王」に次ぐ日本で4番目の記録。

続きを読む


菊地秀行
菊地秀行(きくち ひでゆき)は、日本の小説家。『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。『魔界行』はベストセラーとなり伝奇小説の旗手となった。エロスとバイオレンスを多数取り入れ『吸血鬼ハンターD』など多数のシリーズを持ち早いペースで執筆。

続きを読む


天野喜孝
天野喜孝(あまの よしたか)は、日本の画家、キャラクターデザイナー。ゲーム『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当し知られる存在となった。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は、欧米でも人気を博します。

続きを読む


野田聖子
野田聖子(のだ せいこ)は、日本の政治家。小渕内閣で郵政大臣に就任。郵政民営化法案に反対し衆院選で自民党の公認がうけれず刺客候補が送り込まれたが僅差で勝利。その後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け自民党を離党。翌年復党。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin217)

鳥井信治郎
鳥井信治郎は、日本の実業家。サントリーの創業者。2014年放送の「マッサン」では堤真一が鳥井信治郎の役を演じました。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


坂田利夫
坂田利夫(さかた としお)は日本のお笑い芸人。「アホの坂田」で知られる人物。上方を代表する芸人。以前はコメディNo.1という漫才コンビを行っていました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


向井理
向井理(むかい おさむ)は、日本の俳優。獣医師志望でしたがスカウトされ芸能界デビュー。連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫を演じブレイク。女優の国仲涼子と結婚。

続きを読む


吉田鋼太郎
吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役。蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

続きを読む


草なぎ剛
草なぎ剛(くさなぎ つよし)は歌手、俳優、司会者で元男性アイドルグループSMAPのメンバー。1998年から『ぷっすま』の司会を務めます。2001年より韓国語を修得。日韓の交流に大きく貢献しています。

続きを読む


本木雅弘
本木雅弘(もとき まさひろ)は、日本の俳優、元歌手。シブガキ隊のメンバーとして活躍。解散後に俳優に転身。代表作は『シコふんじゃった。』『徳川慶喜』『おくりびと』など。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ