423 views

俳優・藤竜也の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤竜也

藤竜也
→ 画像検索はこちら

藤竜也(ふじ たつや)は、日本の俳優。

スカウトを受け日活に入社しデビュー。
映画『愛のコリーダ』で『第1回報知映画賞』主演男優賞を受賞。
その後もアクションや現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

このページでは、藤竜也(ふじ たつや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤竜也の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1941年8月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin176(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 白い犬 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin85
絶対反対kin kin46

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin176の誕生日占いは、自分の役割、立場をわきまえているタイプです。順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

広告

藤竜也の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

中国北京生まれ。本名は伊藤龍也。
父は北京で召集を受け戦死。母と弟と共に福井県敦賀市に引き揚げ。父の実家のある横浜に行ったが一家離散。
逗子の孤児院にいれられたが3日で逃走。小学校時代は葉山で過ごします。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.8.27~ 20 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1962.8.27~ 21 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1963.8.27~ 22 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
日本大学に在学中、スカウトを受け日活に入社。
1962年に『望郷の海』でスクリーンデビュー。
後に大学を中退。
日活に入社しスポーツジムに毎日のように通い身体を鍛えます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年にスカウトを受け日活に入社し映画デビュー。

ニューアクション路線

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.8.27~ 24 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1966.8.27~ 25 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1967.8.27~ 26 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
日活はマンネリ化、人気の低迷、テレビが台頭など急激に経営が悪化。
1960年半ばに日活はニューアクション路線にシフト。藤竜也は長谷部安春監督作品や澤田幸弘監督作品などで準主役級の役柄で活躍。
石原裕次郎から「タツ」の愛称で大変かわいがられていた。
1968年に女優の芦川いづみと結婚。芦川いづみは女優から引退。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに日活はニューアクション路線にシフト。準主役級の役柄で活躍。

時間ですよ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.8.27~ 31 51 12 青い猿 黄色い太陽
1973.8.27~ 32 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1974.8.27~ 33 1 1 赤い竜 赤い竜
1970年に入り日活は一般映画から撤退し「日活ロマンポルノ」と銘打った成人映画路線にシフト。
藤竜也は一時、東映に籍を置くものの、作品には恵まれませんでした。

1973年にテレビドラマ『時間ですよ』で演じた謎の男・風間役で静かにブレーク。
1974年に「花一輪/夢は夜ひらく」で歌手デビュー。
1975年にテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』に出演。

日活より離れ芸映と北欧企画を経て、1975年よりオフィスA・T所属。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『時間ですよ』で演じた謎の男・風間役で静かにブレーク。

愛のコリーダ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.8.27~ 34 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1976.8.27~ 35 211 3 青い猿 赤い月
1977.8.27~ 36 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1976年に大島渚監督の日仏合作映画『愛のコリーダ』に出演。阿部定事件が題材の作品。ハードコア・ポルノとしての性描写が観客や批評家の間で話題。日本では大幅な修正され公開。『第1回報知映画賞』主演男優賞を受賞。
この作品の影響からか1977年より俳優の仕事から遠ざかった。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに映画『愛のコリーダ』に出演。
3年連続で黒Kinの最後の年でしたね。

復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.8.27~ 37 161 5 赤い竜 赤い地球
1979.8.27~ 38 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1980.8.27~ 39 111 7 青い猿 赤い蛇
1978年に加山雄三と共演のテレビドラマ『大追跡』で復帰。
以降、1981年に『プロハンター』、1985年に『特命刑事ザ・コップ』、1987年に『ベイシティ刑事』などのアクションや、現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにテレビドラマ『大追跡』で俳優業に復帰。以降アクションや、現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

藤竜也エージェンシー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.27~ 63 31 5 青い猿 青い手
2005.8.27~ 64 136 6 黄色い戦士 青い猿
2006.8.27~ 65 241 7 赤い竜 青い鷲
2000年代に入り若手監督の作品にも意欲的に出演。
2003年に黒沢清監督の『アカルイミライ』に出演。
2004年に映画『村の写真集』で第8回上海国際映画祭最優秀男優賞を受賞。
2005年に30年来のマネージャーが脳卒中により退任。オフィスA・Tが消滅し2006年に個人事務所・藤竜也エージェンシーを設立。

ウェブスペルの色が青色の半ばに個人事務所・藤竜也エージェンシーを設立。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.8.27~ 79 151 8 青い猿 黄色の種
2021.8.27~ 80 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2022.8.27~ 81 101 10 赤い竜 黄色い人
藤竜也の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
79才の時はKin151。律儀な年です。感銘を受けたことに律儀に対応すると道が開けます。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

藤竜也のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めの年にスカウトを受け日活に入社し映画デビュー。
黄色の半ばに日活はニューアクション路線にシフト。準主役級の役柄で活躍。
黄色の最後付近に『時間ですよ』で演じた謎の男・風間役で静かにブレーク。
赤色の始めころに映画『愛のコリーダ』に出演。
赤色の半ばにテレビドラマ『大追跡』で俳優業に復帰。以降アクションや、現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。
青色の半ばに個人事務所・藤竜也エージェンシーを設立。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin176)

松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


里中満智子
里中満智子(さとなか まちこ)は、日本の漫画家。代表作は『アリエスの乙女たち』『天上の虹』など。歴史モノに定評があります。描いた作品数は2019年時点で500を超えます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

沢村一樹
沢村一樹(さわむら いっき)は、日本の俳優、タレント、司会者、歌手。モデルとしてデビュー。その後に俳優に転身。40才を目の前に下ネタを披露。「エロ男爵」の異名をとることとなった。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


和泉元彌
和泉元彌(いずみ もとや)は、日本の狂言師、俳優。妻は女優の羽野晶紀。父が亡くなり和泉流二十世宗家を名乗りますが対立し能楽協会から退会処分。連日ワイドショーで取り上げられました。

続きを読む


柳葉敏郎
柳葉敏郎(やなぎば としろう)は、日本の俳優、歌手、タレント。一世風靡セピアのメンバー。解散後は俳優としてトレンディドラマに多く出演。『踊る大捜査線』シリーズに室井慎次役で出演し当たり役となった。

続きを読む


藤木直人
藤木直人(ふじき なおひと)は日本の俳優、歌手、ミュージシャン。「ナースのお仕事」、「ホタルノヒカリ」など数々の作品に出演。「おしゃれイズム」のパーソナリティを務めたりするなど幅広く活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ