206 views

俳優・豊川悦司の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 豊川悦司

豊川悦司
→ 画像検索はこちら

豊川悦司(とよかわ えつし)は、日本の俳優。

舞台俳優を経て映画、テレビドラマなどの映像作品に出演。
ドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。最高視聴率28.1%を記録。

このページでは、豊川悦司(とよかわ えつし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

豊川悦司の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1962年3月18日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin139です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い猿 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin122
絶対反対kin kin9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin139の誕生日占いは、不思議な色気のあるタイプです。こだわりがブレーキになります。転機が新しいものを生み出す力。

広告

豊川悦司の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪府八尾市出身。父は靴職人。

舞台デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.3.18~ 19 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1982.3.18~ 20 159 3 青い嵐 赤い地球
1983.3.18~ 21 4 4 黄色の種 赤い竜
関西学院大学に進学。大学2年の時に退学し上京。
渡辺えり子主宰の劇団3○○(さんじゅうまる)に入団。
1983年に「瞼の女」(渡辺えり子作・演出)で初舞台を踏みます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに大学を退学し上京。劇団3○○(さんじゅうまる)に入団し初舞台を踏みます。

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.3.18~ 27 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1990.3.18~ 28 219 11 青い嵐 赤い月
1991.3.18~ 29 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1992.3.18~ 30 169 13 赤い月 赤い地球
多くの舞台に出演しますが、次第に興味が舞台から映像に移り1989年に劇団を退団。
渡辺えり子の紹介でプロダクション・アルファエージェンシーに移り映画『君は僕をスキになる』のオーディションに受かり映画デビュー。
1991年に映画『12人の優しい日本人』で注目を集めます。
1992年に映画『きらきらひかる』、ドラマ『NIGHT HEAD』に武田真治と共に主演し若い女性を中心にブレイク。

ウェブスペルの色が赤色の後半に劇団を退団。『君は僕をスキになる』で映画デビュー。
赤色の最後の年に若い女性を中心にブレイク。

愛していると言ってくれ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.18~ 32 119 2 青い嵐 白い鏡
1995.3.18~ 33 224 3 黄色の種 白い風
1996.3.18~ 34 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1994年にフジテレビ月9ドラマ『この世の果て』、1995年にドラマ『この愛に生きて』に出演し一般に認知される俳優に成長。
1995年にドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。耳が不自由な青年画家役を演じた。最高視聴率28.1%を記録。
1996年に映画『八つ墓村』で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の前半にドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。一般に知られる俳優に成長。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.3.18~ 35 174 5 白い魔法使い 白い犬
2002.3.18~ 40 179 10 青い嵐 白い犬
2005.3.18~ 43 234 13 白い魔法使い 白い風
1997年に結婚。一男一女に恵まれますが、2005年に離婚。子供は妻が引き取ります。

2002年に映画『命』で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞。
2005年に映画『北の零年』で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の半ばに結婚。一男一女に恵まれますが白色の最後の年に離婚。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.3.18~ 48 239 5 青い嵐 青い鷲
2011.3.18~ 49 84 6 黄色の種 青い嵐
2015.3.18~ 53 244 10 黄色の種 青い鷲
2010年に映画『必死剣 鳥刺し』と『今度は愛妻家』で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を含め様々な賞を受賞。
2011年に第36回湯布院映画祭にて『必死剣鳥刺し』『犯人に告ぐ』『傷だらけの天使』『今度は愛妻家』の4作品が特集上映。上映後は行定勲監督とのトークショーを開催。
2015年に元エステティシャンの女性との再婚と女児の誕生を公表。

ウェブスペルの色が青色の後半に再婚。女児の誕生を公表。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.18~ 58 249 2 赤い月 黄色い星
2021.3.18~ 59 94 3 白い魔法使い 黄色い人
2022.3.18~ 60 199 4 青い嵐 黄色い戦士
豊川悦司の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
58才の時はKin249。事実を直視し、静かに成り行きを見守る年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

豊川悦司のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めころに大学を退学し上京。劇団3○○(さんじゅうまる)に入団し初舞台を踏みます。
赤色の後半に劇団を退団。『君は僕をスキになる』で映画デビュー。
赤色の最後の年に若い女性を中心にブレイク。
白色の前半にドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。一般に知られる俳優に成長。
白色の半ばに結婚。一男一女に恵まれますが白色の最後の年に離婚。
青色の後半に再婚。女児の誕生を公表。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin139)

原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


蓮舫
蓮舫(れんほう)は、日本の政治家、元タレント。『スーパージョッキー』や『サッポロ黒ラベル』CMで知名度を上げます。報道・情報番組に主軸を移し、その後政界入り。民主党が与党時代に事業仕分けで話題。

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


大竹まこと
大竹まこと(おおたけ まこと)は、日本のお笑いタレント。3人でシティボーイズを結成。眼鏡とヒゲが特徴的。ピンで活動することが多くなり、若かりし頃は暴走キャラクターを芸風としていました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


長谷川初範
長谷川初範(はせがわ はつのり)は、日本の俳優。愛称はショパン。『ウルトラマン80』で初主演。月9ドラマ『101回目のプロポーズ』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


山崎努
山崎努(やまざき つとむ)は、日本の俳優、ナレーター。日本を代表する俳優。「大学の山賊たち」でデビュー。伊丹十三監督作品の「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」と大ヒット作に出演。

続きを読む


鬼平犯科帳
鬼平犯科帳は池上正太郎原作の時代小説。テレビドラマでは現:テレビ朝日系とフジテレビ系で放映されました。主人公の長谷川平蔵を八代目松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門が演じています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ