762 views

俳優・高良健吾の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高良健吾

記事公開日:2021年07月05日
最終更新日:2022年01月31日

高良健吾
出典:wikipedia.org

高良健吾(こうら けんご)は、日本の俳優。

熊本のタウン情報誌『クマモト』からスカウトを受け活動を開始。高校を卒業し上京、俳優デビュー。
『花燃ゆ』『べっぴんさん』『青天を衝け』に出演。知られる存在になります。

このページでは、高良健吾(こうら けんご)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高良健吾(こうら けんご)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1987年11月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin143です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い猿 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin118
絶対反対kin kin13

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin143の誕生日占いは、思いつきとアイデアに自信を持っているタイプです。静止しながら望みをつなぐ。

広告

高良健吾(こうら けんご)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

熊本県熊本市中央区出身。
父は旅行会社勤務の転勤族。一家は九州中の転居を繰り返します。

クマモト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.11.12~ 14 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2002.11.12~ 15 158 2 白い鏡 赤い地球
2003.11.12~ 16 3 3 青い夜 赤い竜
高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』からスカウトを受け、スタッフ兼モデルとして編集部に出入りするようになります。
当時より芸能界に興味があり、東京の芸能事務所を紹介してもらいます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに熊本のタウン情報誌『クマモト』からスカウトを受け活動を開始。

俳優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.11.12~ 17 108 4 黄色い星 赤い蛇
2005.11.12~ 18 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2006.11.12~ 19 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
高校を卒業し芸能事務所・テンカラットに所属し芸能界入り。
2005年にドラマ『ごくせん第2シリーズ』で俳優デビュー。
2006年に『ハリヨの夏』で映画デビュー。

ウェブスペルの色が赤色の前半に高校を卒業し芸能界入り。俳優デビュー。

映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.11.12~ 22 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2010.11.12~ 23 218 10 白い鏡 赤い月
2011.11.12~ 24 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2010年に映画『おにいちゃんのハナビ』で映画初主演。
2011年に『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦。
同年に映画『軽蔑』で主演。日本アカデミー賞・新人俳優賞などを受賞。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『おにいちゃんのハナビ』で映画初主演。

ブルーリボン賞主演男優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.11.12~ 27 118 1 白い鏡 白い鏡
2015.11.12~ 28 223 2 青い夜 白い風
2016.11.12~ 29 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2013年に主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。
2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で高杉晋作役。
2016年にドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で有村架純とW主演。
同年、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』でレナウンの戦後創業者となる野上潔役。

ウェブスペルの色が白色になり『花燃ゆ』『べっぴんさん』に出演。知られる存在になります。

青天を衝け

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.11.12~ 32 123 6 青い夜 白い鏡
2020.11.12~ 33 228 7 黄色い星 白い風
2021.11.12~ 34 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
2019年にドラマ『モトカレマニア』で新木優子とW主演。
2021年に大河ドラマ『青天を衝け』で渋沢栄一の従弟・渋沢喜作役。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大河ドラマ『青天を衝け』で渋沢喜作役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.11.12~ 33 228 7 黄色い星 白い風
2021.11.12~ 34 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
2022.11.12~ 35 178 9 白い鏡 白い犬
高良健吾の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
34才の時はKin73。新しい体験と過去の体験をくらべるのが上手な年です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

相手の非ではなく自分の非を認めなさい。

高良健吾のまとめ

赤色の始めころに熊本のタウン情報誌『クマモト』からスカウトを受け活動を開始。
赤色の前半に高校を卒業し芸能界入り。俳優デビュー。
赤色の後半に『おにいちゃんのハナビ』で映画初主演。
白色になり『花燃ゆ』『べっぴんさん』に出演。知られる存在になります。
白色の半ばに大河ドラマ『青天を衝け』で渋沢喜作役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河村たかし
河村たかし(かわむら たかし)は、日本の政治家。衆議院議員を5期務めたあと、名古屋市長に転身。市議会リコールの不成立を受け引責辞任。翌年、名古屋市長に復活。東京オリンピック金メダルかじりを巡る騒動など話題が多い人物。

続きを読む


RIKACO
RIKACO(りかこ)は、日本のタレント。元夫は俳優の渡部篤郎。モデルとしてデビュー後に女優・タレントに転身。『浅草橋ヤング洋品店』にレギュラー出演し若者のファッションリーダーとして注目を集めます。

続きを読む


DJ-KOO
DJ KOO(ディージェイ・コー)は、日本のDJ、タレント。TRFのメンバーでDJ担当のリーダー。日本のダンスミュージックを黎明期から知る人物。年間1000個以上食べるパン好きとしても有名。自称パンDJ。

続きを読む


福嶋康博
福嶋康博(ふくしま やすひろ)は、日本の実業家。スクウェア・エニックスの前身の一つである株式会社エニックスの創設者。大々的にアマチュア向けにゲームプログラムコンテストを行い人材を発掘。ドラゴンクエストIII は社会現象とも呼ばれるほどのヒットを記録。

続きを読む


尚泰王
尚泰王(しょう たいおう)は最後の琉球国王。後に日本の華族として琉球藩王、侯爵。わずか4才で父から王位を継ぎ、琉球王国末期の激動に遭遇。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin143)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


マイク・タイソン
マイク・タイソンは、アメリカの黒人男性の元プロボクサー。長いボクシングの歴史の中においても、最盛期のタイソンはモハメド・アリと並んでボクシング史上最強ボクサーと言われます。

続きを読む


小島秀夫
小島秀夫(こじま ひでお)は日本の実業家、ゲームクリエイター。コナミのメタルギアシリーズの作者として知られる人物です。

続きを読む


山田裕貴
山田裕貴(やまだ ゆうき)は、日本の俳優。俳優集団D2およびD-BOYSのメンバー。「D-BOYS部門」のグランプリを獲得。『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビュー。2017年に映画のみで14本出演。その役柄と印象のふり幅からカメレオン俳優とも呼ばれます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

村田雄浩
村田雄浩(むらた たけひろ)は、日本の俳優。映画『ミンボーの女』『おこげ』の演技で様々な賞を受賞し役者としての地位を確立。ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』では田口誠役で出演。『ゴジラ2000 ミレニアム』で映画初主演。

続きを読む


中村獅童
二代目 中村獅童(にだいめ なかむら しどう) は、歌舞伎役者、俳優・声優。2012年に映画『ピンポン』で準主役を射止めて以降多数の映画やドラマに出演。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


仲代達矢(なかだい たつや)は、日本の俳優。劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、日本を代表する名優。妻の宮崎恭子と無名塾を創立して後進の養成を行います。

続きを読む


大森南朋
大森南朋(おおもり なお)は、日本の俳優。妻は女優の小野ゆり子。ドラマ『ハゲタカ』で主演を行い知られる存在となります。2019年にドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』で民放連続ドラマ初主演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ