211 views

元グラビアアイドル・佐藤江梨子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 佐藤江梨子

佐藤江梨子
→ 画像検索はこちら

佐藤江梨子(さとう えりこ)は、日本の女優、タレント。愛称はサトエリ。

高校在学中に『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出。その後イエローキャブにスカウトされ芸能界入り。
グラビアアイドルとして活動する一方、女優としても活動。

このページでは、佐藤江梨子(さとう えりこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

佐藤江梨子(さとう えりこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1981年12月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin70です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 白い世界の橋渡し 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin191
絶対反対kin kin200

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

ひとことでいえばKin70の誕生日占いは、愛することが心の支えになるタイプです。人から信頼しやすいです。笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

広告

佐藤江梨子(さとう えりこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。父親の転勤で仙台や神戸、大阪、東京で過ごします。
味は読書や映画鑑賞、詩や小説を書くこと。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.12.19~ 17 35 9 青い鷲 青い手
1999.12.19~ 18 140 10 黄色い太陽 青い猿
2000.12.19~ 19 245 11 赤い蛇 青い鷲
芸能人になるのを志して堀越高校に進学。
高校在学中の1999年に『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出。その後、芸能事務所イエローキャブにスカウトされます。
2001年に再び『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出。

ウェブスペルの色が青色の後半に『大磯ロングビーチキャンペーンガール』となり芸能界入り。

全国区で知られる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.12.19~ 20 90 12 白い犬 青い嵐
2002.12.19~ 21 195 13 青い鷲 青い夜
2003.12.19~ 22 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
『アッコにおまかせ!』で順レギュラー。
2002年に映画『サムライガール21』で映画デビュー。
2003年に映画『プレイガール』で映画初主演。同年、第20回ベストジーニストを受賞。
2004年に映画『キューティーハニー』で主演のキューティーハニー役。監督は庵野秀明

ウェブスペルの色が青色の最期付近には全国区で知られる存在となった。

ヨコハマ映画祭・主演女優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.12.19~ 23 145 2 赤い蛇 黄色の種
2005.12.19~ 24 250 3 白い犬 黄色い星
2006.12.19~ 25 95 4 青い鷲 黄色い人
2004年末に所属事務所のイエローキャブでは経営トラブルで雛形あきこMEGUMIなど所属タレントの多くが野田元社長を追随し規模を大きく縮小。佐藤江梨子はイエローキャブに残留。
2005年にパーカッシオ美脚大賞を受賞。
2007年に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第29回ヨコハマ映画祭・主演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第29回ヨコハマ映画祭・主演女優賞を受賞。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.19~ 32 50 11 白い犬 黄色い太陽
2014.12.19~ 33 155 12 青い鷲 黄色の種
2015.12.19~ 34 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2015年にブラジル人一般人男性と結婚。第1子の男児に恵まれます。
同年、イエローキャブからノックアウトに移籍。
2016年の昼ドラマ『嵐の涙 私たちに明日はある』の主演で女優業に復帰。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にブラジル人一般人男性と結婚し第1子男児を出産。ノックアウトに移籍。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.19~ 39 5 5 赤い蛇 赤い竜
2021.12.19~ 40 110 6 白い犬 赤い蛇
2022.12.19~ 41 215 7 青い鷲 赤い月
佐藤江梨子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
39才の時はKin5。生命力がありタフな年です。自分を追い詰めると成功しやすいです。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

一歩退いて周囲を見ましょう。

佐藤江梨子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半に『大磯ロングビーチキャンペーンガール』となり芸能界入り。
青色の最期付近には全国区で知られる存在となった。
黄色の前半に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第29回ヨコハマ映画祭・主演女優賞を受賞。
黄色の最後付近にブラジル人一般人男性と結婚し第1子男児を出産。ノックアウトに移籍。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin070)

若村麻由美
若村麻由美(わかむら まゆみ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『はっさい先生』で主演し広く知られる存在になります。結婚後芸能活動を激減。夫と死別後に本格的活動を再開。日本舞踊坂東流名取。

続きを読む


仲間由紀恵
仲間由紀恵(なかま ゆきえ)は女優。沖縄県浦添市出身。夫は俳優の田中哲司。『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。

続きを読む


カルロス・ゴーン
カルロス・ゴーンは、「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を以前務めていた人物。短期間で日産の経営立て直しを果たします。2018年11月に金融商品取引法違反で逮捕され職を解任されます。

続きを読む


三宅裕司
三宅裕司(みやけ ゆうじ)はコメディアン、俳優、タレント、司会者。スーパー・エキセントリック・シアターを立上げ座長就任。ラジオで人気に火がつき、その後数々のテレビのバラエティ番組の司会を務めます。

続きを読む


前田武彦
前田武彦(まえだ たけひこ)は、日本のタレント、放送作家、司会者。愛称はマエタケ。『夜のヒットスタジオ』『笑点』『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』など司会を担当。「フリートークの天才」と呼ばれた人物。

続きを読む


関連記事 (女優)

浅丘ルリ子
日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。前夫は石坂浩二。

続きを読む


橋本環奈
橋本環奈(はしもと かんな)は、日本の元アイドル・女優・歌手。福岡のイベントで踊っている写真が可愛すぎるとネットで大騒ぎ。一躍時の人となります。高校を卒業後に上京し女優業が本格化。

続きを読む


米倉涼子
米倉涼子(よねくら りょうこ)は、女優、ファッションモデル。全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。翌年からモデルとして活躍。その後女優宣言し女優になります。

続きを読む


中条あやみ
中条あやみ(なかじょう あやみ)は、日本のファッションモデル、女優。14才の時に家族旅行のグアムでスカウトを受け芸能界入り。「ミスセブンティーン」でグランプリを獲得。モデル、女優としてデビュー。

続きを読む


佐藤藍子
佐藤藍子(さとう あいこ)は、日本の女優、タレント。第6回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞。女優業やバラエティ番組の司会など幅広く活動を行い歴代グランプリ受賞者の中での知名度の高さはトップクラス。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ