514 views

元マラソン選手・瀬古利彦の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 瀬古利彦

記事公開日:2019年11月26日
最終更新日:2020年11月09日

瀬古利彦
→ 画像検索はこちら

瀬古利彦(せこ としひこ)は、元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。

1970年代後半から1980年代にかけて日本長距離界をリードした人物。

このページでは瀬古利彦(せこ としひこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

瀬古利彦の誕生日占い

生年月日:1956年7月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin148(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い種 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin113
絶対反対kin kin18

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin148の誕生日占いは、仕事はでき、お金周りも良い、異性がいないタイプです。恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

広告

瀬古利彦の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

三重県桑名市出身。
中学時代は野球部で投手。野球を始めたきっかけは「巨人の星」だったそうです。

陸上競技との出会い

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.7.15~ 15 163 7 青い夜 赤い地球
1972.7.15~ 16 8 8 黄色い星 赤い竜
1973.7.15~ 17 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
中学時代に学校の5キロ走で優勝。陸上部より嘆願され大会に出るようになります。
当時の三重県記録で優勝するなど成績を残し陸上に魅力を感じます。
高校は陸上競技の強豪校・四日市工業高校への入学。高校入学直後から頭角を現し成績を残していきます。
日本中長距離史上、特筆される才能を持った好選手と評価されます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに陸上競技の強豪校・四日市工業高校で中長距離で頭角を現します。

マラソン選手へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.7.15~ 19 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1976.7.15~ 20 168 12 黄色い星 赤い地球
1977.7.15~ 21 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1978.7.15~ 22 118 1 白い鏡 白い鏡
大学進学に当たり、関東の大学から勧誘がありましたが進学が実現せず、1年浪人し早稲田大学に進学。
1976年の早稲田大学競走部への入部直後に監督の中村清からマラソンへの転向を勧められ、以後、中村監督と二人三脚で鍛錬。
1977年2月に初マラソンで10位となり新人賞を受賞。
1977年12月に福岡国際マラソンで日本人最高の5位入賞。一躍時代のホープとなります。
1979年4月に初の海外マラソンとなるボストンマラソンに出場し2位入賞。当時の学生記録を更新。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に早稲田大学に進学しマラソンへ転向。あっというまに成績を出します。

モスクワオリンピック

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.7.15~ 23 223 2 青い夜 白い風
1980.7.15~ 24 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1981.7.15~ 25 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1980年に早稲田大学を卒業し中村監督と共にエスビー食品に入社。
同年、開催予定のモスクワオリンピックの代表に選ばれるもののソ連のアフガニスタン侵攻による西側諸国のボイコットで出場できなかった。

1981年に25000mと30000mで世界記録を樹立。しかしこの後、脚を故障、1年以上にわたってマラソンのレースから遠ざかります。
脚の故障は鍼灸師による定期的な療養により克服します。

ウェブスペルの色が白色の始めころにエスビー食品に入社。

ロサンゼルスオリンピック

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.7.15~ 26 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1983.7.15~ 27 123 6 青い夜 白い鏡
1984.7.15~ 28 228 7 黄色い星 白い風
1983年2月に東京国際マラソンで1年10ヶ月ぶりにフルマラソンに出場。日本人初の2時間8分台で優勝。名実ともに日本のトップランナーとして復帰を遂げます。

1984年にロサンゼルスオリンピックに出場。しかし14位に終わります。
この結果、1979年の福岡国際以来続いた連勝記録、1977年の福岡国際以来の「日本人でトップ」の記録もここで途切れてしまいます。

ロサンゼルスオリンピック後、お見合いをし、恩師の中村の反対はあったが結婚に踏み切ります。
1985年5月に恩師の中村が急死。瀬古を取り巻く環境が激変します。

ウェブスペルの色が白色の半ばにロサンゼルスオリンピックに出場。結果14位になり連勝記録にストップ。

現役引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.7.15~ 30 178 9 白い鏡 白い犬
1987.7.15~ 31 23 10 青い夜 白い魔法使い
1988.7.15~ 32 128 11 黄色い星 白い鏡
ロサンゼルスオリンピックでは不調に終わったものの、1986年にロンドンマラソンで優勝。シカゴマラソンでは2時間8分27秒で優勝。瀬古のマラソンでの自己最高記録。
1987年にボストンマラソンで優勝。1988年にびわ湖毎日マラソンで優勝しソウルオリンピックの代表権を獲得。
1988年にソウルオリンピックに出場、しかし9位に終わります。この後、現役を引退。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にソウルオリンピックに出場。結果9位になり、その後、現役を引退。

エスビー食品陸上部監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.7.15~ 33 233 12 赤い空歩く人 白い風
1990.7.15~ 34 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2006.7.15~ 50 198 3 白い鏡 黄色い戦士
現役引退後はエスビー食品陸上部監督に就任。
1990年から4年間、早稲田大学競走部のコーチを兼任。箱根駅伝総合優勝や全日本大学駅伝4連覇に貢献。
1990年にエスビー食品陸上部が北海道合宿で交通事故にあい、コーチとマネージャーと選手2名と相手運転手の計5名が死亡。瀬古は合宿先にとどまっている時の事故でした。
2004年のアテネオリンピックに国近友昭をマラソン代表として送り出します。
2006年にエスビー食品陸上部監督を退任。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より黄色の前半までエスビー食品陸上部監督を務めます。

DeNAランニングクラブ総監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.7.15~ 57 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2016.7.15~ 60 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2018.7.15~ 62 158 2 白い鏡 赤い地球
2013年にDeNAランニングクラブ総監督に就任。
2016年に日本陸連強化委員会が2020東京オリンピックに向け設立したマラソン強化戦略プロジェクトリーダーに就任。
この仕事が忙しくなり、2019年6月にDeNAランニングクラブ総監督を退任。

ウェブスペルの色が黄色の後半より赤色の始め頃までDeNAランニングクラブ総監督を務めます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.7.15~ 63 3 3 青い夜 赤い竜
2020.7.15~ 64 108 4 黄色い星 赤い蛇
2021.7.15~ 65 213 5 赤い空歩く人 赤い月
瀬古利彦の現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
64才の時はKin108。自分だけの楽しみ方を知っている年です。直感に優れています。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

困難を解消するために希望をもとう。

瀬古利彦のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに陸上競技の強豪校・四日市工業高校で中長距離で頭角を現します。
赤色の最後付近に早稲田大学に進学しマラソンへ転向。あっというまに成績を出します。
白色の始めころにエスビー食品に入社。連勝記録を打ち立てていきます。
白色の半ばにロサンゼルスオリンピックに出場。結果14位になり連勝記録にストップ。
白色の最後付近にソウルオリンピックに出場。結果9位になり、その後、現役を引退。
白色の最後付近より黄色の前半までエスビー食品陸上部監督を務めます。
黄色の後半より赤色の始め頃までDeNAランニングクラブ総監督を務めます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


安めぐみ
安めぐみ(やす めぐみ)は、日本のタレント。夫はタレントの東貴博。少年誌主催のオーディションで準グランプリを受賞しデビュー。結婚したい女性タレントランキングで1位を獲得。その後、映画、連続ドラマで初主演。

続きを読む


ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァは、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝、女芸人No.1決定戦 THE Wで優勝。吉本坂46のメンバーでもあります。

続きを読む


山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin148)

高嶋ちさ子
高嶋ちさ子は、日本のヴァイオリニスト。『芸術に恋して』の司会をはじめ、多数のテレビ番組に出演。『踊る!さんま御殿!!』をはじめ、さまざまな場面での歯に衣着せぬ発言で知られます。

続きを読む


HIKAKIN
HIKAKIN(ヒカキン)は、日本の著名なYoutuber。UUUM(ウーム)株式会社の創業者であり最高顧問。

続きを読む


江崎玲於奈
江崎玲於奈(えさき れおな)は、日本の物理学者です。1973年に日本で4人目となるノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞しました。

続きを読む


松山英樹
松山英樹(まつやま ひでき)は、日本のプロゴルファー。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。全米ツアーにて日本人最年少で優勝経験を持つ。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

大坂なおみ
大坂なおみ(おおさか なおみ)は、大阪出身の女子テニス選手。日本人初のWTAアワード年間最優秀新人賞を受賞。プレミア・マンダトリー優勝者。

続きを読む


アンディ・フグ
アンディ・フグは、スイス出身の格闘ファイター。1990年代のK-1ブーム作った立役者。得意技は踵落とし。人気絶頂の中、35才の若さで白血病で亡くなり多くの格闘技ファン・関係者に衝撃を与えます。

続きを読む


登坂絵莉、吉田沙保里、伊調馨、川井梨紗子、土性沙羅、渡利璃穏
2016年リオデジャネイロ五輪でレスリング女子に内定している登坂絵莉、吉田沙保里、伊調馨、川井梨紗子、土性沙羅、渡利璃穏の6名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。

続きを読む


本並健治と丸山桂里奈
本並健治(ほんなみ けんじ)と丸山桂里奈(まるやま かりな)は2020年9月に結婚した夫婦です。どちらも元サッカー選手。2012年より2016年までスペランツァFC大阪高槻の監督だった本並とチームに所属していた丸山桂里奈。

続きを読む


ジャック・ニクラス
ジャック・ニクラスは、アメリカ出身のプロゴルファー。1960年代から1990年代にかけて活躍。日本では「帝王」と呼ばれ、史上最高のゴルファーとも称されます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ