198 views

元祖クイズ王・辰巳琢郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 辰巳琢郎

辰巳琢郎
出典:wikipedia.org 新潟にて芸者と(2007年)

辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。

知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。
クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。
また、「くいしん坊!万才」に出演。ワイン通として知られ名誉ソムリエ。

このページでは辰巳琢郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

辰巳琢郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1958年8月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin120です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い鏡 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin141
絶対反対kin kin250

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin120の誕生日占いは、多くの人の魅力を引き出すことの期待ができるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

辰巳琢郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

母の実家の石川県小松市生まれ、大阪育ち。
父は大島渚と京都大学で同窓でした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.8.6~ 25 145 2 赤い蛇 黄色の種
1984.8.6~ 26 250 3 白い犬 黄色い星
1985.8.6~ 27 95 4 青い鷲 黄色い人
父と同じ京都大学へ進学。大学在学中に劇団そとばこまちを主宰、初代座長を務めます。
大学卒業と同時にテレビドラマ『ロマンス』のヒロインの相手役に抜擢されます。
主役は榎木孝明。最高視聴率は47.3%。大ヒットとなった。 以降、知的で端正な二枚目ぶりで個性を発揮。

1985年に小泉今日子主演のドラマ「少女に何が起ったか」に出演。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに俳優としてデビュー。

芸能界のクイズ王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.8.6~ 33 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1992.8.6~ 34 50 11 白い犬 黄色い太陽
1993.8.6~ 35 155 12 青い鷲 黄色の種
役者としての顔のほかクイズ番組に数多く出演。
1991年より『たけし逸見の平成教育委員会』においては驚異的な正解率を叩き出し「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。
また、1991年より「くいしん坊!万才」の8代目レポーターを1993年まで務めます。後任は山下真司。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。また「くいしん坊!万才」に出演。

浅見光彦シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.8.6~ 36 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1995.8.6~ 37 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1996.8.6~ 38 210 2 白い犬 赤い月
1994年より2時間枠のドラマ「浅見光彦シリーズ」に主演の浅見光彦で出演。
2000年まで13作放送され主演は沢村一樹に引き継がれます。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年より「浅見光彦シリーズ」に主演の浅見光彦で出演。

名誉ソムリエ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.8.6~ 43 215 7 青い鷲 赤い月
2005.8.6~ 47 115 11 青い鷲 赤い蛇
無類のワイン通として知られ、2001年に日本ソムリエ協会の名誉ソムリエになります。
2005年から長野県原産地呼称管理制度のワイン官能審査委員を務めます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに日本ソムリエ協会の名誉ソムリエになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.6~ 60 180 11 黄色い太陽 白い犬
2019.8.6~ 61 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2020.8.6~ 62 130 13 白い犬 白い鏡
辰巳琢郎の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
60才の時はKin180。多くの才能に恵まれている年です。内面を満たそう。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。

体裁を整える前に中身を充実すること。

辰巳琢郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころに俳優としてデビュー。
黄色の最後付近に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。また「くいしん坊!万才」に出演。
黄色の最後の年より「浅見光彦シリーズ」に主演の浅見光彦で出演。
赤色の半ばに日本ソムリエ協会の名誉ソムリエになります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


ヒャダイン
ヒャダインこと前山田健一(まえやまだ けんいち)は日本のミュージシャン。ニコニコ動画へゲームのアレンジ局や自作曲を投稿。ミリオン再生を続出させ謎のクリエーターとして世界的に注目を集めます。

続きを読む


山口智子
山口智子(やまぐち ともこ)は日本の女優。数々のトレンディドラマに出演し一躍スターになります。唐沢寿明と結婚後は女優業からCMへ仕事をシフト。

続きを読む


モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


桐谷広人
桐谷広人(きりたに ひろと)は、日本の将棋棋士・投資家。日本のプロ棋士。棋士番号120。2007年に引退。株主優待を使いこなす個人株式投資家として有名になりマスメディアなどに頻繁に登場しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin120)

向井理
向井理(むかい おさむ)は、日本の俳優。獣医師志望でしたがスカウトされ芸能界デビュー。連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫を演じブレイク。女優の国仲涼子と結婚。

続きを読む


ハルク・ホーガン
ハルク・ホーガンは、アメリカのプロレスラー。アメリカン・プロレス界の顔的な存在。必殺技の「アックスボンバー」でアントニオ猪木を「舌出し失神状態」に追い込んだ。

続きを読む


関連記事 (タレント)

土井勝・土井善晴
土井勝・土井善晴は料理研究家。土井勝は手軽に作れる家庭料理を数多く紹介し「おふくろの味」を流行語にしました。土井善晴は勝の次男。父親譲りの丁寧で上品な話し方「きょうの料理」での人気講師です。

続きを読む


コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


中村玉緒
中村玉緒(なかむらたまお)は、日本の女優、タレント。歌舞伎界の名門の出身。夫は勝新太郎。テレビドラマの脇役として評価を得、1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなります。

続きを読む


関連記事 (俳優)

堺雅人
堺雅人(さかい まさと)は、俳優、声優。菅野美穂の夫。『リーガルハイ』が当たり役となりシリーズ化される。『半沢直樹』では「倍返しだ!」がブームとなり、新語・流行語大賞大賞を受賞。

続きを読む


泉谷しげる
泉谷しげる(いずみや しげる)は日本のシンガーソングライター、俳優、タレント。代表曲に「春のからっ風」「春夏秋冬」などがあります。俳優として、口が悪いがいい人である役柄を多く演じます。

続きを読む


前田吟
前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事